【男旅】実は東京から日帰りで行けるおすすめスポット

trip | 2015.11.9

思い立ったら即行動!おすすめ男旅特集

みなさん、テレビや雑誌で男旅特集を見て”俺もいつか男旅がしたいな、、、でも時間がないし、計画も立ててないからまた今度にしよう、、、。”こんな方が多いのではないでしょうか?しかし、国内には東京から日帰りで簡単に行けるスポットがたくさんあるのです。

 

男旅ならここへ行け!おすすめスポット3選

 

▼箱根

関東近郊で一番有名な温泉地としてまず挙げられるのが箱根ではないでしょうか?アクセスも非常に簡単で、温泉だけではなく観光スポットもたくさんあり、なんといっても”自然”を最も間近に感じられる場所であるのです。

 

・アクセス

まずはアクセスについてです。新宿からならば、小田急ロマンスカーがおすすめです。箱根湯本駅までなんと1時間25分で着いてしまい、運賃は2080円(全席指定)です。詳しくは小田急ロマンスカーのHPをご覧ください。

 

 

・観光スポット

箱根には温泉だけではありません!観光スポットがあります!

一つは大涌谷です。大涌谷の頂上へはロープウェイで行き頂上では温泉黒卵を食べることが出来ます。

 

大涌谷(おおわくだに)は、神奈川県箱根町にある箱根火山の火山性地すべりによる崩壊地形[1]。箱根火山の中央火口丘である冠ヶ岳の標高800mから1000mの北側斜面にあり、地熱地帯で活発な噴気地帯でもある。箱根火山に多数有る噴気地帯の中では最大規模のものである。(大涌谷 -Wikipedia より)

 

もう一つ紹介しておきたいのが箱根彫刻の森美術館です。普段みなさんは美術館へは行きますか?おそらく、よく行くという方はあまり多くはいないんではないでしょうか、ならばせっかくの男旅に芸術鑑賞というのもありなんじゃないでしょうか?

 

近代から現代にいたる優品や多彩な彫刻の数々が、景勝地・箱根の山々を背景にして魅力を如何なく発揮し、私たちはその対話に加わることで、芸術家たちの創造精神、自然のダイナミズムを享受できます。美術に興味のある人もない人も、家族や友人と散策しながら作品とふれあい、語りあう ― まさに野外美術館でしか味わえない楽しみといえます。(箱根彫刻の森美術館HPより)

 


 

他にもたくさん観光スポットが箱根にはたくさんあります。四季折々にみられる箱根の絶景をぜひ見てみてください!

 

銚子

続いては千葉県にある銚子です、銚子といえばやはり銚子電鉄ですよね、男旅として田舎にある小さい電車に乗って途中下車しながらその土地のおいしい食べ物を食べるのはとても楽しいと思います。

 

・銚子電鉄

銚子から外川をつなぐ鉄道であり、大正時代にできて以来地元の人だけでなく全国からたくさんの人が訪れ、愛されている電車です。アクセスとしては東京駅から銚子駅まで特急しおさいで約1時間50分です。

 

 

・銚子の名物

 銚子は醤油の名産地ですなぜなら銚子駅から徒歩12分の場所にヒゲタ醤油の工場があり、また仲ノ町駅にはヤマサ醤油の本社があるからです。また醤油を使ったぬれせんべいを販売したことで銚子電鉄が経営難から逃れたそうです。ぜひ銚子を訪れた際は醤油工場に足を運んでみたり、ぬれせんべいを食べてみてはいかがですか?

 

秩父

最後に埼玉県にある秩父です。秩父へのアクセスは池袋から特急レッドアロ―号で1時間20分、料金は640円です。こちらも都内から簡単にアクセス出来てしまいます。

 

 

 秩父市は都心から特急で約80分。荒川支流の清流と秩父盆地を中心とした山々に囲まれた自然豊かな地域です。花々やハイキング、川遊び、キャンプ等、秩父夜祭、龍勢祭、川瀬祭や小さな地域の祭りまで、一年を通して楽しめます。(秩父観光ナビより)

 

・おすすめスポット

秩父では男らしい様々なレジャーを体験することが出来ます!!

まずは長瀞ライン下りです。秩父で一番有名なレジャーといえば”長瀞ライン下り”です。豪快な川の中を下っていく快感をぜひ味わってみてはどうでしょうか?これじゃ物足りないって人には”ラフティング”というもっとアクロバティックなものがあるのでそちらを体験してみてはどうでしょうか?詳しくはこちらをご覧ください。

 

天下の名勝 長瀞の渓谷美を昔ながらの和舟で満喫!

ダイナミックな自然のスクリーンを眺めながら瀬や淵と表情を変え荒川を豪快にすべるライン下り。蛇行する緩急の流れの楽しさはもとより長瀞の自然が創りあげた芸術品ともいえる景観はまさに息をのむ美しさ。 ライン下りの楽しさをさらに盛り上げてくれる船頭さんが多数在籍、若い船頭さんからベテラン船頭さんが、巧みに竿をさばきながら、それぞれ個性溢れるガイドで 長瀞ライン下りを一層楽しませてくれます。 ※カメラや携帯電話はバックの中にしまった方がベスト(長瀞町観光協会HPより)

 

 

・ ハイキング

あともう一つ秩父のレジャーといえば”ハイキングです!!秩父には12コース以上ものハイキングコースがあります、中でも初心者の方にお勧めなのは多峰主山コースです。飯能駅から2時間30分、8.65kmのアップダウンが少なく、バーベキューができる飯能河原が近くにあり、多峰主山の頂上からの景色が最高だからです。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

いかがでしたか?関東には東京から日帰りで行けて、都会の喧騒を忘れさせてくれるような、自然あふれたスポットがたくさんあります。ぜひみなさん、男旅をしてみませんか?

 

この記事を読んだ方にオススメの記事はこちら

関東以外の方はこちら

→・

 

関東で美味しいラーメンをめぐるならこちら

→・