【これでうまくいく‼︎】寒い朝でも《早起き》するための小さなコツ

Boy.公式

寒い朝、とにかく起きるのがニガテ…

出典元 shutterstock.com 「朝活」 早起きが苦手な人にとっての、永遠の憧れですよね。 特にこの時期は、寒く、暗い。おふとんでぬくぬくしたーい♪と思うあまり、寝坊して遅刻して、時間を無駄にして…罪悪感に襲われる毎日…。 いやいや、そんな生活から脱却しましょう‼︎ さあ、生活が変われば人生は変わる‼︎

[寝る前]にしておきたいちょっとした工夫

○そもそも、夜更かししすぎないことが前提

いくら朝早起きすることが大切、とは言っても、 不十分な睡眠は健康に害ですし、ストレスの原因にもなります。 そもそも23時ごろまでに寝ることが、一つ目のポイントと言えるでしょう‼︎

○早起きする「目的」を明確にして寝る

「明日は朝6時に起きて、英会話のレッスンがしたい‼︎」 と考えていれば、意外と起きれるものです。 その目的意識を高めるために、自分が朝活を通じて取り組みたいことをリストアップするくらいの工夫が必要です◎ なるだけ長いスパンでライフプランを立て、カレンダーにしたり、早起きできた日にはシールを貼ったり…♪

○「電子機器」「アルコール」を遠ざけよ‼︎

寝る前にスマホをイジイジする至福… 否‼︎ みなさんは早起きで幸せになると決めたのです‼︎◎ 電子機器は寝付きを悪くし、アルコールは睡眠の質を下げると言われています△

○温かい格好で眠りにつこう

結局、「目が覚めて、寒さに負けずに動けるか」なのです‼︎ 布団からでても、動ける格好をしましょう◎

○暖房が起床時間の30分前につくようタイマー設定

すぐに動き出すためにも、部屋を適温にしておきましょう。

[起きた後]にしてほしいちょっとしたこと

○水を飲む

コップ一杯の水を飲んで迎える朝、優雅ですよ◎

○シャワーを浴びる

湯冷めには注意△‼︎

《最終手段‼︎》ダメダメなあなたに秘密兵器が‼︎

「できうることは全てやりつくした…」 そう言ってまた寝坊している君へ‼︎ もうどうしようもない‼︎ 最終兵器は文明の力‼︎
アラームを止めたあと、制限時間内に家から離れないと、友達や家族にTwitterやSMSで反省文が送信されてしまう恐ろしいアプリ‼︎

Wake N Shake Alarm Clock

このアラームを止める方法はただ一つ、端末を振ることです。しかもちょっとではなく、本気で30秒ぐらい振り続けないと止まりません。  

あとは気合だー‼︎‼︎

こんな綺麗な朝焼けを見て、 朝から勉強や趣味に励んで、 どんどん人生が豊かに‼︎◎◎ 想像力を働かせて、あとは気合で起きましょう‼︎