Boy.[ボーイ] | カッコイイが集まるメンズファッション

  1. Boy.[ボーイ]
  2. ファッション
  3. 【遊びシーン別】アウトドアで着たい!おしゃれブランド特集

【遊びシーン別】アウトドアで着たい!おしゃれブランド特集

  • 目次

アウトドアブランドに求めるものは?

アウトドアって機能性が大事?

それともファッション性?

いやいやどっちかだけなんてもったいない。

欲張って、どっちも求めちゃいましょう!

でも、アウトドアなんて普段やることじゃないからこそ、

アウトドアにおいてのお洒落ってなに?」と思う方が多いかもしれません。

そんな疑問を解決します☆

そこで今回は、それも踏まえて《着用シーン別》にブランドを紹介します。

アウトドアボーイのおしゃれブランド《in アスレチック・ピクニック》

アスレチックやピクニックで求めるもの。

・軽装

・普段着のおしゃれに近い服装

ピクニックなら公園で遊んだり、アスレチックならたっくさん動く。

だから、より身軽にしたい。

けど、わざわざ買うにしても本格的なものは浮いてしまうし、

できれば普段も使えるとよりお得。

ということで、街中でも着られるよりファッション性の高いブランドを厳選しました!

◯THE NORTH FACE

スリーピングバック、ウェア、テント、パック。

そのいずれも伝説とささやかれる機能を持ち、アウトドア・ギアの限界を高めてきたザ・ノース・フェイス。

BEAMSなどとコラボするなど、ファッション性の高さが有名なアウトドアブランド。

《おすすめアイテム》

・ノベルティー ウィンドストッパー キュースリージャケット

ベンチャー ジャケット [VENTURE JACKET]


 

《コーディネート例》

羽織るだけで全体が締まりますね!

バイカラーのアイテムも、アクセントになります。

◯Columbia

「アウトドア、アクティブ、オーセンティック、アメリカン、バリュー」をブランドコンセプトとして掲げており、

ジャケットやバッグ、ブーツなど、アクティブに活動したいユーザー向けのアイテムを開発している。

《おすすめアイテム》

・Kinetics × Columbia Pliny Peak Jacket

・デアトゥディスカバージャケット

《コーディネート例》

アウトドアブランド《in 高尾山・キャンプ》

高尾山・キャンプで求めるもの。

・アウトドア服っぽさ

・変化に対応できる機能性

高尾山は東京都内にあり、キャンプ場も関東にたくさんあります。

だからこそ、本格的すぎる服装はかえって浮く…?

高尾山などの低めの山にしても、野宿のキャンプにしても、私服で行けるにしても、

温度調節のできるちゃんとした機能性のある服装で行くべきです。

だからこそ、アウトドア服っぽさ変化に対応できる機能性は欲しい!

それに答えるブランドをご紹介!

◯patagonia

アメリカの登山用品、サーフィン用品、アウトドア用品、軍用品、衣料品の製造販売を手掛けるメーカー。

《おすすめアイテム》

Ms トレントシェル・ジャケット

ライトウェイト・メリノ・クルー・ソックス


 

[Advertisement]

《コーディネート例》

patagoniaで人気なものは、フリース生地のベストやフリース

内側にまでおしゃれにするのはいかがでしょう。

◯snow peak

スノーピークはキャンプ、登山、ナチュラルライフなど、

さまざまなアウトドア・ナチュラルライフスタイルを提案するアウトドア用品製造販売メーカー。

Appleも注目するアウトドア企業!

《おすすめアイテム》

・Quilting Jacket

・D/F Wool Knit Pant

《コーディネート例》

アウトドアボーイのおしゃれブランド《in 富士山・スキー場》

富士山・スキー場で求めるもの。

・しっかりとした保温性

・多機能でシンプルなアウター

富士山やスキー場に必要なものは何と言っても

保温性。

もちろん、ファッション性も求めたいですが、

多機能+ファッション性のあるアウターはなにせ、高い

そこで前提として、アウターはシンプルにして、その中着でおしゃれにすることを提案します。

多機能を求めるシーンだからこそ、お金がかかる。

ということで、コスパの良いブランドをご紹介します!

◯mont-bell

登山用を中心とする、アウトドアウェア、スポーツ用品。1975年、辰野勇が創立。

《おすすめアイテム》

・ストレッチO.D.ショーツ

・ドロワットパーカ

◯HELLY-HANSEN

防水・防寒服を中心としたスポーツアパレルメーカー。

《おすすめアイテム》

・アルマークインサレーションジャケット

・ファイバーパイルパンツ

《コーディネート例》

外側のアウターもおすすめですが、

フリース薄めのダウンを中に着るのも主流なようです。

どんなときも、あなたらしいおしゃれを続けよ。

いかがでしたでしょうか。

インドア・アウトドア、街中・森の中。

どんな場面でもあなたらしいオシャレを忘れずに。

春に向けて、用意していきましょう!

関連記事

●これぞ名脇役! 小技が光る上品なコーデをしよう

【冬コーデの格上げ】インナーダウンのブランドおすすめ5選

●スノボウェアだっておしゃれに着こなしたい!

“周りと差をつける”スノボウェアの着こなし<メンズ>