【厳選】周りと差がつく!レザーパンツのブランドと着こなし

Boy.公式

そもそもレザーパンツとは

  レザーパンツとは?   結論から言うと、革で作られたパンツのこと指します。 フェイクレザーのものは価格帯が低く、手に入りやすいですが、見た目が安っぽくなり、なにより革製品醍醐味の味が出ません!!!   レザーパンツはデニム同様、経年変化をしたものの方がこなれ感がでて雰囲気が出ます。   Boy.読者の中には、すでにレザーパンツをゲットした方、これから買うという方、レザーパンツなんてどう合わせたらいいか分からないという方、様々な方がいるのでは。   そこで今回はレザーパンツの着こなし例を載せながら、オススメのレザーパンツを紹介していきます。    

レザーパンツの王道ブランドを紹介!

まずはアメリカのブランドの…  

schott N.Y.C

  ライダースジャケットの代名詞ともいえるSchottの歴史は、1913年、ニューヨークでアーヴィン・ショットとジャック・ショットの兄弟によってはじまったブランドです。   ここはライダースだけではなくレザーパンツも有名なんです。 特に、コチラ!  

  これは、リーバイスの名品番の501®を参考にしたモデル! バックポケットのステッチが完全に一緒です。   シルエットは股上深めのストレートレッグ。 本物のバイカ―も着るくらい質実剛健な作りで、もちろんアメリカ製!!     次のブランドは、コチラ! イギリスを代表する、レザーブランド…  

Aero LEATHER Co.

  こちらのブランドは1975年に英国・ロンドンで創業しました。   創業時はカウハイドレザーを素材として使用していましたが、のちにホースレザーに変更。 品質に徹底的にこだわった少量生産にこだわっており、現在職人はなんと9人のみ!   頑固な国民性のおかげですね…… イギリス万歳!!  

  こちらもアメリカのschottと同じく501®と似た仕様です。   違いは赤タブがつくことによってより501®感がよりでていることと、シルエットが若干細目のストレートということです。     次のブランドはフランス生まれの….  

Agnes b.

出典元 japan.agnesb.com

  特にレザーアイテムに力をいれているブランドではありませんが、フランス製でなによりシルエットが綺麗なものが手に入ります。   現行モノを手に入れるのは難しいですが、古着で検索すれば結構出てきますよ!   古着ということで価格も安くなり、履かれていたことで革が柔らかくなり履きやすくなってるものが多いです!   相場は¥8,000~12,000です。 手が届きやすい価格なので、是非チャレンジしてみては?    

国内ブランドで周りと差をつけよう!

上記で紹介した、インポートの王道ブランドもと~っても素敵ではあるのですが、もっと個性を出したい!人と被りたくない!という方には、国内のブランドを攻めるのをオススメしたいです!   では、早速!! 最初に紹介するのはコチラ!!!  

PORTER CLASSIC

  吉田克幸・玲雄親子が2007年に設立。 「メイド・イン・ジャパン」にこだわり 「世界基準のスタンダード」をコンセプトに掲げ、伝統からアンチテーゼ、芸術文化、職人技術を取り組みながら、次世代、そして孫の代まで愛される商品を追求しているブランドです。   そんなポータークラシックが出したレザーパンツがコチラです!  

レザーパンツ,ブランド,メンズ,フェイクレザー,コーデ,着こなし,画像

出典元 phaeton-co.com

国産のディアスキンを使用。 柔らかく、しっとりとした質感で病み付きになる触り心地。 素材・縫製・加工・全て日本製。 色は写真のネイビーとブラックの2色展開。   いやー、見惚れるほどの出来です。 実際に履いてみると、こんな感じです!!  

レザーパンツ,ブランド,メンズ,フェイクレザー,コーデ,着こなし,画像

出典元 phaeton-co.com

シルエットは股上に余裕を持たせたテーパードシルエット。 デニムと同じ感覚でどんなアイテムにも合わせれそうです!!     次に紹介するのは、こちらのブランド!  

 TAKAHIROMIYASHITA TheSoloist.

2010年に元ナンバーナインのデザイナー宮下貴裕がブランド設立。   ブランド名にある“TheSoloIst.”とは、洋服に携わる各個人が“独奏家”として孤高の精神を持ち合わせて欲しいというデザイナー宮下貴裕の願いであり、また再び洋服の世界へ戻ってきたという自分への不退転の決意の表れ。   そんなブランドが出したレザーパンツはコチラ!!!

出典元 shop.kind.co.jp

レザーの風合いをそのまま生かし、端の処理をあえてせずに躍動感を出しています。   しなやかなシープレザーを使い、非常にラグジュアリーでありながら、ラフさが魅力的です。   サイズ感がタイトなので、着こなしの幅を広げてくれます。   一見合わせずらそうですが、意外にもそんなことありません!   実際に履いてみたのがコチラ!!  

  このレザーパンツなら、街で誰かとかぶることもない!   むしろ、かぶっても恥ずかしいというよりかは、仲間意識が芽生えそうな気がします。笑     次に紹介するのは、コチラのブランド!!!  

BRU NA BOINNE

  1997年に設立したブランド。   ブルーナボイン(BRU NA BOINNE)は、大阪を拠点とするメンズ・レシーズウェア、バッグ、アクセサリーを中心に展開するブランド。   ウェア、アクセサリー共に遊び心があり、ユーモア溢れるユニセックスなデザイン展開が定番となっており、商品は性別問わずに人気があります!   そんなブルーナボインが出しているレザーパンツはこちら!   出典元 maps1991.seesaa.net 出典元 maps1991.seesaa.net 通称、ガルパンツ。   素材はベジタブルタンニン鞣しのホースハイド。 ホースハイドは固いのが定番ですが、こちらは固すぎず柔らかすぎずのいい塩梅ですよ! 履くとこんな感じです!  

  こちらもシルエットがとても綺麗ですね。 また、ブルーナボインのレザーパンツは色展開のセンスが国内のブランドではずば抜けていると思います。   今までにブラック、パープル、グリーンなどがありました。    

レザーパンツの着こなし例

さて、それでは実際にレザーパンツの着こなしを見ていきましょう。  

  カニエ・ウェストらしい、ストリートな着こなしですね。         出典元 eyescream.jp   変形のトレンチコートと、同じくミリタリーもののジャケットをレイヤードしています。   レザーパンツとミリタリーものの相性の良さは言わずもがなですね。    

  ピーコートにレザーパンツの無骨なコーデですが、スニーカーで外すことでコーデの印象が柔らかくなっていますね。     ジャケットスタイルのボトムスをレザーパンツに変えるだけで、最高に個性の光るスタイルになっています。    

ほしいでしょ?レザーパンツ

いかがでしたでしょうか? 上のコーデサンプルを意識して見ていただいた方ならお分かりでしょう!   レザーパンツは意外とどんなトップスにでも合うんです。   コットンのパンツやウールのパンツに飽きたというあなた! 狙い目ですよ。   レザーパンツの着こなしのポイントは同系色のワントーンコーデなら外れないということです。   また、ミリタリーものとの相性が抜群ということ! そのほうがシックで格好いいですしね!!   皆様もレザーパンツをゲットして、レザーパンツライフをレッツエンジョイしちゃいましょう!!    

関連記事

●レザーパンツに合うシンプルなトップスをチェックしたいあなたへ 皆が買ってる!ユニクロの本当に使えるメンズアイテム5選   ●まだまだ活躍!流行のMA-1も要チェックしよう! 【春に向けて】ダサく見せない!MA-1の正しい着こなし