【大人なデートにピッタリ】植物園で心に安らぎを*東京*

Boy.公式

雑多な東京の中で一息つきたい方へ

  「休日何してるの?」 こんな会話、よくしますよね。 明日からこう答えてやりましょう。   「植物園に行きます。」   植物に囲まれているとなんだか身体が癒されて、 精神的にも落ち着くことができますよ。 大人なデートスポットとしても活躍しそうです。 東京都内にもたくさんあるので、今週末は植物園で過ごしてみては?      

我々に癒しを与えてくれる愛しい植物園たち

  ここからは、東京都内にあるおすすめの植物園を紹介していきます。  

神代植物公園

 

♦マップ♦

♦概要♦

武蔵野の面影が残る地で、四季折々で景色を楽しめます。 現在、約4800種類、10万本の樹木が植えられています。 植物の知識を得られることはもちろんのこと、 展示会やイベントなども盛んに行われているので、 関心が高まっています。

♦見どころ♦

神代植物公園は、とにかく広いです。 芝生広場や大温室、植物会館まであります。 しかしなんと言っても一番の魅力は「バラ園」です。     中央の噴水を囲むようにバラが咲き詰められており、 奥には古代ギリシャ建築を思わせるようなレストスペース。 満開の景色は、まるで雲の上にいるかのよう。     このバラ園、世界バラ連合優秀庭園賞を受賞した経歴の持ち主。 バラフェスタやコンサートなどのイベントも行われることがあります。 春だけではなく秋もバラは見られるのでおすすめ。   他にも、芝生広場にそびえ立つシロガネヨシも圧巻。 高さはなんと、約4mにまでのぼります。見頃は秋ですが…     忘れてはならないのがつつじ園、そしてサクラ園。     斜面にふわっと広がるつつじ園。 見頃は4月中旬〜5月中旬です。   65品種もあるサクラ園も同時期に見られます。 3月下旬には「さくらまつり」もあるので要チェック。    

♦カップルのおすすめ熟年度

☆☆ バラ園や桜などはありますが、 付き合って間もないとハードルは高そうです。 でも広場で遊んだり軽食をとれるような所もあるので 熟年してなくても大丈夫かも!?  

♦インフォメーション♦

開園時間 午前9時30分〜午後5時まで(入園は午後4時まで)
休園日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
入園料 一般・大人500円中学生200円(都内在住者は無料)65歳以上250円
アクセス ・京王線「調布」から小田急バス 吉祥寺または三鷹行き「神代植物公園前」下車 ・京王線「調布」から京王バス 深大寺行き「神代植物公園前」下車 ・JR「三鷹」「吉祥寺」から小田急バス 調布または深大寺行き「神代植物公園前」下車
所在地 〒182-0017 調布市深大寺元町5-31-10
   

小石川植物園

 

♦マップ♦

♦概要♦

「小石川植物園」という名称で親しまれていますが、 本来は「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」。 東大の実習施設なのです。 また、1684年に徳川が設けた「小石川御薬園」が前身となっており、 歴史が長いことでも世界有数の植物園として知られています。 温室にはいかにも研究所のような場所もあれば、 記念館や博物館など、歴史を感じさせるものもあります。  

♦見どころ♦

単純に美しい景色は植物園としてあるのですが、 小石川植物園では歴史を感じることもできます。     こちらは東京大学総合研究博物館。 旧東京医学校の本館で、東大に関するものの中では一番古い。 様々な展示をしており、建築系が常設されております。 日本庭園も広がっていて、異空間を味わえます。   植物園,東京,おすすめ,温室,熱帯植物,デート,画像 出典元 gazoo.com   上の写真は柴田記念館。 大正7年に学士恩賜賞を授与された柴田教授が、 賞金を寄付し建てられたものです。 過去には絵はがき展や写真による懐古展などが開かれました。   春はやっぱり、サクラつつじが綺麗な景色を見せてくれます。     しかし是非一度足を運んで頂きたいのは温室。     外観はもうハリーポッターのそれそのもの。と言いたくなるような造り。 中では授業が行われそうな雰囲気。     珍しい植物がたくさんなのですが、ただいま工事中で立ち入り禁止…。   他にも、ニュートンのりんごや、メンデルの葡萄など、 まさに研究所的な植物も。    

♦カップルおすすめ熟年度

☆☆☆☆ 歴史あるところで非常に落ち着いておりますので、 付き合いたての若いカップルには向かないかもしれません。 マンネリ化してきたカップルには新鮮で良いかも。  

♦インフォメーション♦

開園時間 午前9時〜午後4時30分(入園は午後4時まで)
休園日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
入園料 大人400円小人130円
アクセス 都営地下鉄三田線 「白山駅」下車 A1出口 徒歩約10分東京メトロ丸ノ内線 「茗荷谷駅」下車 出入口1 徒歩約15分
所在地 東京都文京区白山3丁目7番1号
※駐車場はありませんので車不可です。    

夢の島熱帯植物館

 

♦概要♦

江東区にある都立夢の島公園の中にある植物園。 暖房や給湯などの必要なエネルギーは、 すべて新江東清掃工場からの高温水でまかなわれています。 ついでに公園で遊んでいくのもアリですね◎  

♦見どころ♦

温室ならではの植物が近くにあるので、 森にはない緑の囲まれ方を味わえます。     フルーツがなっていたりします。 ゴレンシの実です。食べないでくださいね。     イベントホールでは、ただいまカカオ&チョコレート展が開催されています。     チョコレート産業は今注目を浴びている世界問題の一つです。 ここで工程を知っておくのもいいかもしれません。   ハロウィンの時期にはカボチャがゴロゴロと。     夜も綺麗です。    

♦カップルのおすすめ熟年度

☆ 夢の島公園の中にあるので、 公園で遊ぶついでに植物館に訪れるのも良いと思います。 子連れのお客様もいらっしゃるのでデートもしやすいです。  

♦インフォメーション♦

開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は4時まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
入館料 一般250円中学生100円65歳以上120円
アクセス 地下鉄有楽町線(Y24)・JR京葉線・りんかい線「新木場」下車 徒歩15分地下鉄東西線「東陽町」(T14)から都バス「夢の島」下車 徒歩7分
所在地 東京都江東区夢の島3-2
   

板橋区立熱帯環境植物館

 

♦概要♦

東南アジアの熱帯雨林を再現しており、 熱帯の高山地帯のような冷室もあります。 ミニ水族館もあるので、海から山へと、 熱帯雨林に来たかのような体験をすることができます。 近くには公園もあって、水族館もあるので、 デートにはピッタリです。  

♦見どころ♦

東南アジアをイメージしてるだけあって、 東南アジアみたいな雰囲気を味わえるところですね。     古民家みたいな建物も、東南アジアっぽいです。     あとはやっぱりバナナですかね。     ただいまバナナ展やってますので是非!   水族館がある植物園も珍しいですよね。 なんと、エイがいます。エイが。     チンアナゴや普通の魚ももちろん泳いでます。     温室ならではのウツボカズラのような植物もございますので、 安心してください。    

♦カップルのおすすめ熟年度♦

☆☆☆ 中には水族館もありますし、 熱帯なので珍しい植物もあるので、 ちょっと変わったデートがしたくなったらおすすめです。  

♦インフォメーション♦

開館時間 午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
入館料 大人240円 高校生240円 小・中学生120円 65歳以上120円 未就学児無料
アクセス 都営三田線「高島平駅」下車 東口より徒歩約7分
所在地 東京都板橋区高島平8-29-2
   

東京の植物園に行ってみましょう!

  心安らぎそうなところから、単純に楽しめそうなところまで紹介致しました。 東京都内にあるので昼間などの空いた時間に行きやすいですし、 デートもしやすいのが植物園の特長です。 新しい趣味の発見も期待できるかも。      

関連記事

    ●静かな場所にくつろぎを求めるなら 本当に図書館?!おしゃれすぎる東京都内の図書館9選   ●知的なカップルには古本屋巡りもおすすめ 【漂う風情】都内でおすすめの古本屋 厳選10店