Boy.[ボーイ] | カッコイイが集まるメンズファッション

  1. Boy.[ボーイ]
  2. エンタメ・音楽
  3. 【新ギタ女代表】今話題の「新山詩織」ちゃんがかわいい。

【新ギタ女代表】今話題の「新山詩織」ちゃんがかわいい。

  • 目次

月9で話題のあの子。


 

読者の皆さんお待たせしました。

過去記事*で好評だったものの、休載していたこの企画がついに復活。

もはや季刊と言ってもいいコラム『Boy.的美女』

今回は、今注目のシンガーソングライター新山詩織さんを特集しちゃいます!

 

 

まだ謎の多き女性、新山詩織。

彼女自身のこと、また、彼女の作る楽曲の魅力を余すところなくたっぷりと、ご紹介します。

*過去記事はこちら

【写真集】可愛さ実感!新木優子ちゃんとバーチャルデート企画
ノンノモデルの新木優子が可愛い。ガストやauのCMで話題の美女は、人気女性モデルの登竜門である8代目ゼクシィガールに就任。そんな彼女の魅力を伝えるために、勝手にバーチャル(妄想)デートを企画。明るく清楚、それであって親しみやすい。人気ウナギ登りの新木優子をSNSから出演CM、貴重な水着ショットまでまるっとまとめました。

新山詩織ってどんな人?


 

名前 新山 詩織(にいやま しおり)
生年月日 1996年2月10日(20歳)
職業 シンガーソングライター・作家・女優
Twitter @niiyama_shiori
オフィシャルサイト 新山詩織Official Website
ブログ 新山詩織オフィシャルブログ

彼女は現在、福山雅治主演のドラマ『ラブソング』において、福山演じる神代広平と過去にバンドを組んでいた、故人・宍戸春乃役を演じています。

第1話放送時から「あの美女は誰??」「春乃役の子が美形すぎて忘れられない」など、多くの反響を呼んでいる彼女。

 

 

劇中歌『恋の中』を歌う彼女は、見る者を画面に釘付けにします。

 

 

 

 

2012年のデビュー当時、彼女はなんとまだ高校2年生。子供から大人へ一歩ずつ階段を上っていく、そんな多感な時期。

”もがくだけの毎日を送っている自分を変えたかった”と「Treasure Hunt〜ビーイングオーディション2012〜」に応募しました。

最終審査で、オリジナル曲 『だからさ』・椎名林檎『丸の内サディスティック』を弾き語りで演奏し、8000人の中からグランプリを獲得。

12月12日に0thシングル『だからさ 〜acoustic version〜』を発表しアーティストデビュー。2013年4月17日に今度は『ゆれるユレル』でCDメジャーデビューを果たします。

●だからさ〜acoustic version〜

●ゆれるユレル

そんな彼女の印象といえば、なんといってもその歌唱力

等身大の歌詞を、スモーキーで大人びた声で歌い上げるんです。胸に迫ってくるメッセージ性の強い歌詞は、聴く者の心をグッと掴んで離そうとしません。

言葉に対する想いは、彼女自身がインタビューにおいて次のように語っています。

”昔から言葉を書くのがすごく好きで、中学の頃も日記を毎日書いて、最後にポエムのようなものを書いてました。今も詞を書く時は、その時々の自分の素直な気持ちをどれだけシンプルに言葉に書けるかで、すごく悩んだり。自分で曲を作る時も、最初に言葉を書いてから、メロディが出てくるという順番が多かったり。作曲も大事なんですけど、どちらかと言うと、作詞の方が想いは強いかもしれないです。”

引用元:インタビュー:新山詩織「思いっきり私の声に浸ってもらいたい」 – ライブドアニュース

響け、この想い。想いを乗せた歌の数々。

●Don’t cry

たった一言
それだけで
世界 変わってしまうから
誰もが同じフリしてる
それなのに
言えなくてゴメン

”歌詞は少し映画に寄せて書いた部分はあると思うんですけど、いつも思っていることをそのまま書いたので、作詞の感覚にはあんまり違いはなかったです。映画自体がもう、ホラー映画というよりかは学校内での人間関係のほうが大きく描かれてて。自分も学校に通ってる中で、なんとなく言った些細な一言だけで今の自分の立場が一変しちゃうときがよくあるなあと思って……台本を読んで、できあがる前の映像をひと通り観終わったあとにそれをすごい感じたので、その「たった一言」をキーワードにして歌詞を書きました。”

引用元:ナタリー「新山詩織『Don’t cry』インタビュー」

*タイアップ

・映画『絶叫学級』主題歌

・グリコポッキーチョコレート スペースシャワーTV CMソング

●ひとりごと

つぎはぎの言葉で 書かれた台本 右手に
演技しながら生きる そんな日々は どこかに捨てるの

”実は「ひとりごと」の歌詞は、これの前にまた別のテーマで書いていたものがあって。レコーディングの2、3日前ぐらいまでその歌詞でいこうとしてたんですけど、ギリギリまで見直してたら「自分が今歌いたいこととなんか違うな」っていう思いが出てきて、全部書き直すことにしたんです。ちょっと1から書いてみようと思ってその日の夜のうちに書き終えたのがこの歌詞です。”

引用元ナタリー「新山詩織『ひとりごと』インタビュー」

*タイアップ

・TBS系音楽番組『CDTV』11月度エンディングテーマ

[Advertisement]

今 ここにいる

今は見えなくても 光と影のその隙間に
消えない色を放ち 飛び立つよ
あの日 思い描いた 景色へ

”髙梨さんが飛ぶときの気持ちを書けないかなと思って。普通に自分が髙梨さんに歌を書くってなると、どうしてもただ上から「頑張れー」とか言ってるように聞こえちゃう気がして、だから自分が彼女の目線になって歌詞は書こうと決めたんです。ちょうど周りの子たちも受験だったり、自分と同じようにこれから前へ進んでいかなくちゃいけない人もいっぱいいると思うから、その人たちの支えにもちゃんとなるような歌詞にできたらいいなって。”

引用元:billboard「新山詩織『今 ここにいる』インタビュー」

*タイアップ

・クラレ企業CM『高梨沙羅篇』CMイメージソング
・チバテレビ『MUSIC LAUNCHER』3月度エンディングテーマ

●絶対

行ったり来たり ゆれる振り子のように
いつも迷っているからもう どうしようもない 分かってるよ
でも 簡単に泣きたくはないの
どうにもならない 分かってるよ
でも ここに確かにあるの
踏みつけられそうになったって
逃げたりしない心があるの
絶対

”家で好きな音楽を大音量で聴いてたときに、フッと「絶対」の最初の歌詞……「何が怖くて何に怯えてるの 何がそんなに不安なの」っていう言葉が出てきて。そこでたまってたものが急にあふれてきたのか、歌詞と曲が一気にできたんです。それで、だーっと書いた歌詞を改めて見たら「なんだ、今の自分はこんなことを思ってるんじゃないか」って、そのときにぱあっと心が開けた気がして。自分の中にいるもう1人の自分というか……「あんたなら絶対に大丈夫だから」って言ってくれた自分がいたから、この「絶対」っていう言葉が出てきたんだと思います。”

引用元:ナタリー「新山詩織『絶対』インタビュー」

*タイアップ

・TBS系『王様のブランチ』12月・1月エンディングテーマ
・テレビ金沢(KTK)夕方ワイド番組『花のテレ金ちゃん』12月度エンディングテーマ
・チバテレビ『MUSIC LAUNCHER』12月度エンディングテーマ

●ありがとう

このまま さよならなんて 言いたくはないから
迷わない 素直な想いを君に伝えるんだ
ありがとう これ以上何も 伝えられないから
あの日の笑顔 ずっとずっと忘れないように
君と 2人 また会えるように

”「ありがとう」(6thシングル)などのシングルでもそうでしたが、自分ではない誰かに対して歌を伝えたいという気持ちが強くなってきたんです。歌詞に関しても、最近は、そういった内容のものを書くことが多くなりました。そこで、アルバムに向けて曲作りをしていく時に、今回は“誰かに伝えたい想い”をひとつのテーマに掲げて、制作を進めていきました。”

引用元:BARKSJAPAN「新山詩織インタビュー」

*タイアップ

・山陰中央テレビ『第36回まつえレディースハーフマラソン』番組テーマ

・MBS『みんなの甲子園』母の朝コーナー テーマ曲

・チバテレビ『MUSIC LAUNCHER』3月度エンディングテーマ

・テレビ埼玉『彩の国ニュース ほっと』テーマソング

・新潟総合テレビ『Smile Stadium』6月度エンディングテーマ

●隣の行方

隣の笑顔に また逢えたなら
あたしは あなたに 何を伝えたいんだろう?
あの頃ふたり 口ずさんでいた歌が Radio から
聴こえたの数学が苦手なこと知っている
でも誰よりも優しいことも知っている
渡せない手紙 書き直すたび
色褪せそうで 怖くて本当の好きがわからなくなる
黙り込んだまま あの時ひとこと
「ありがとう」も言えず
季節だけが過ぎて
大人になった

”素直な恋愛ソングになっています。今までは割と自分の中での葛藤をストレートに書いてきて、今回20歳になるということで、新たな新山をたくさんの人に知ってもらいたい、見てもらいたいなと思ってこの歌詞を書きました。”

引用元:livedoor news「新山詩織『隣の行方』インタビュー」

*タイアップ

・日本テレビ 『パズリズム』2月度オープニングテーマ

●あたしはあたしのままで

*正式な歌詞がまだ発表されていません

ラジオでもその声が聞ける。

●ラジオ『新山詩織のふたりごと』

”10代の新山詩織と50代のバカボン鬼塚が、テーマに沿った曲を1曲持ち寄り、選曲ポイントを語り合うという内容となる。”

引用元:アールオーロック「新山詩織、NACK5にてレギュラー番組『新山詩織のふたりごと』がスタート」  

*詳細情報

タイトル 『新山詩織のふたりごと』(「The Nutty Radio Show おに魂」内)
パーソナリティー 新山詩織、バカボン鬼塚
放送局 NACK5(79.5FM)(▶︎
時間 毎週火曜日 21:45~15分間の生放送

これからの活躍に期待大。

スモーキーで、大人びた歌声。

唯一無二の天性の歌唱力。

20歳という大きな転換期を迎えた彼女。

彼女がいま何を想っているのか、何を感じているのか。

その想いは、彼女の歌から滝のごとく溢れ出し、私たちの胸へと流れ込んできます。

彼女のこれからの活躍に、目が離せません。

関連記事

●カワイイ女の子といえば…

「グリーンラベルCMの女の子」森絵梨佳がオトナかわいい♩

●”カワイイ子がいっぱい”なものといえば…

理想の彼女が”読める”雑誌!『AR』の人気モデル5選