【今が粋な色】夏のベージュを一層楽しくする着こなし方*

Boy.公式

夏に使いこなしたいトレンドカラー「ベージュ」

  今年のトレンドカラー_『ベージュ』。 しかし、『ベージュ』ときいて思いつく季節は、「春」や「秋」という方が多いのでは?         でも実は、夏に着こなすベージュが今、粋でお洒落なんです。 そこで今回は、トップス・ボトムス・小物に分けて、ベージュの着こなしをおさらいしていきたいと思います。    

ベージュを着こなす夏。<トップス編>

 

●ベージュT × 締まった色のスラックス

    ダボっとした太めのスラックスを合わせれば、全体的にゆるい印象に。 気持ち細めのスラックスを合わせれば、スマートな印象に。   ポイントは、両者の場合も締まった色を使えば、だらしなくならないですよ。    

●ベージュシャツ × 白Tで重ね着

    ベージュのシャツを重ねて羽織ったコーデ。 中に白Tを持ってくることで清潔感が増して爽やかな印象に。そこに、黒や同系色のボトムスを合わせると◎     また、ジョガーパンツや細身のパンツは、足のラインを強調させるので、上がゆるい印象でもスマートに。    

●ベージュ × ベージュでお洒落上級者に

    ベージュ×ベージュのお洒落上級者コーデ。 ただ、上下ベージュで合わせればいいのではなく、アイテム選びがポイント。     同じベージュでも、柄にこだわってみたり、小物使いで遊んでみたり。 サンダルで足首に、腕時計で手首に目線を持って行かせて、涼しげな印象にしてみましょう。      

ベージュを履きこなす夏。<ボトムス編>

 

●ベージュのテーパード × 白Tで無難に

    無難ではあるものの、流行り廃りのない定番の合わせ方ですね。 夏にベージュを爽やかに着こなしたい人は、この組み合わせが一番おすすめです。     ポイントとしては、「足首を出すこと。」 どの丈でも、肌の露出で夏感を演出しましょう。     __白とベージュの組み合わせ最強説。    

●ベージュのワイドパンツ × サンダル

ベージュ,着こなし,メンズ,コーディネート,おすすめ,画像

出典元 wear.jp

    どうしても「重くなってしまうのではないか」とお思いの方も多いのでは? そんな方にオススメなのが、サンダルを合わせて夏らしい印象にするコーデ。     シルエットとしては、どこか浴衣に似ていますね。 上下同系色のベージュで上下合わせても、日本人の顔にあうようです。      

ベージュを使いこなす夏。<小物編>

 

●ベージュ × クラッチ

    「クラッチバックなら黒。」と、黒に逃げがちの方、多いのでは? そんな方に二つ目のクラッチのオススメは、素材で遊んだクラッチです。 例えば、紙っぽいクラッチ

¥8,640円(MATATABI )

    包装紙っぽい紙のカバンが今は流行っていますよね。 一つは欲しいアイテムです。    

●キャップ × 明るいベージュ

    今、街中で見るベージュのアイテムで多いのがやはり少し明るい『ライトベージュ』。    

¥5,400円(Champion)

    なんといっても、爽やかですよね。 夏でなく、春でも秋でも、もしかしたら冬でも使えます。     ひとつ持っていて、損なし。      

脇役のベージュを、主役級に。

  いかがでしたでしょうか?     普段なら、脇役のベージュ。 それって言い換えれば、どんな色にも合う名脇役なのです。     そんな粋な色、ベージュで夏を楽しく __また、新しく、使いこなしてみませんか?