ストリートファッションのシティーボーイな着こなし&コーデ集

Boy.公式

シティーボーイなストリート系、挑戦したくない?

    最近人気で、もはや定番化しているストリートファッション。 元々はヒップホップ界の黒人ラッパーがしていた格好を、貧困層の黒人の若者たちがこぞってマネし始めたのが起源。     80〜90年代ファッションの再流行に加え、3代目 J Soul Brothersのメンバーたちの私服がストリート系でかっこいい!と評判になり、日本でも馴染みのあるものに。    

    取り入れてみたいものの、いきなりこんなオラオラ系はちょっと抵抗があるし…。もろストリートファッション、みたいな感じは苦手…。 でも自分らしさを忘れずにトライしてみたい!     という人のために、あくまでもストリート”テイスト”な着こなし術を提案。      

ストリート×シティーボーイな着こなし術

  Boy.の理想像である「シティーボーイ」とはさりげないお洒落感のあるファッションコーデが鍵。ポイントを3点に絞ったので見ていこう。    

①ロゴはチラ見せ。

    胸の位置に思いきり大きくブランドロゴがあるもの、よく見かけるはず。だけど正直、あまり品がいいとは言えない。。 僕らシティーボーイは、写真のように袖や背中にロゴをチラ見せさせたり、小さいロゴのものを選ぶのがベスト。    

②淡い色が気分。

    やりがちなのは全身真っ黒やオール原色、カモフラ柄。これらはシティーボーイのコーデにはちょいとNG。 水色や白、アースカラーなどの優しい色を使えば、ストリートファッションもこんなにトライしやすくなる。    

③程よいゆるさを取り入れる。

    ストリートファッションでいかにもやりがちなのは、ビッグTシャツ×腰パンの太いデニムというだらしないコーデ。シティーボーイはジャストサイズを取り入れるのがおすすめ。 オーバーサイズのアイテムを使うときは、どこか一点にスキニーなどしまりのあるアイテムを投入しよう。      

Boy.編集部が選ぶブランド別ストリートアイテム

  2016年の秋冬のコレクションでも、ストリートテイストを取り入れているブランドが多く見られた。 その中から、シティーボーイな着こなしに最適なブランドを厳選、いちおしのアイテムをご紹介。    

●UNDER COVER  – SCABワッペン付シャツブルゾン

¥108,000 (税込)

詳しくはこちらから

 

●Facetasm – MIX SKA JACKET

¥105,840 (税込)

詳しくはこちらから

 

●Maison Margiela – グラフィック柄 パーカー

¥56,068 (税込)

詳しくはこちらから

 

●Y-3 – Y-3 LOGO SCARF

¥ 23,760 (税込)

詳しくはこちらから

 

●HUF – TRIPLE TRIANGLE SNAPBACK

¥7,344 (税込)

詳しくはこちらから

 

コーデ集

  ストリートなシティーボーイのファッションについての理解が深まってきたところで、いよいよコーデを見ていこう。    

 

    >     足元にスニーカーではなく革靴を合わせるのがシティーボーイ。    

 

    >     イギリスの90年代ストリートファッション。今見ても違和感がまるでない。    

 

    >     ストリートファッションにMA-1はマスト。      

抜け感のあるストリートボーイを目指せ。

    ストリートファッションの明確な区切りは存在しない。 だからこそ、ただ流行っているからという理由で流行に乗っかるのではなく、自分なりの個性をミックスさせてファッションを楽しみたい。      

関連記事

  ●高級感を身にまとったワンランク上のストリートファッション。 →【もはや定番?】ハイストリートファッションの魅力と着こなし   ●服がストリートなら髪型も合わせてアップデートしなきゃ。 →【ストリートで大流行中!】レオナルドディカプリオ風の髪型がかっこいい