【国内外】大学生が本当に好きなブランドおすすめ6選*メンズ

fashion | 2016.8.13

良いものを着ようよ。

 

 

ファストブランドで身を固めるのも悪くないけど、たまには自分のスタイルにフィットした、良いものを着よう。

きっとその一日は、それだけで充実するはず。

 

 

大学生の皆さん。少しお金を貯めれば良いものは買えます。

今回は、インポート・ドメスティックの順におすすめのブランドをご紹介していきます。

 

 

Boy.的ブランドのおすすめ<Part1>

 

●AMI Alexandre Mattiussi


 

2011年、アレクサンドル・マテュッシが自身のブランドを設立。アミ アレクサンドル マテュッシ(AMI Alexandre Mattiussi)はフランスのメンズブランド。

デザイナーのマテュッシは、クリスチャン ディオールのメンズラインからキャリアをスタートし、ジバンシィのメンズウエアラインの1stアシスタントとして、5年間メンズ・テーラリングのキャリアを積む。

その後、マークジェイコブスのメンズ部門を経て自身のブランドをスタートしました。

引用元:AMI Alexandre Mattiussi _ ファッションプレス

 

 

 

 

 

 

フランスのブランドらしい、普遍的なデザインなのですぐにでもワードローブに追加できそうな服が多いです。シルエットも美しく、どことなく上品なオーラが漂ってきますね。

ちなみに、ブランド名のAMIはフランス語で”友達”という意味があります。

 

 

 

●Maison Kitsuné

 

 

2001年、Gildas Loaec(ジルダ・ロアエック)と黒木 理也(クロキ・マサヤ)がパリにてKITSUNÉ(キツネ)をスタート。後にメゾンキツネに改名。

ファッションのテーマは「ニュークラシック」。メンズ、レディースともに展開している。高品質なイタリア、日本、フランスなどの素材をアイテムにより適材適所に選び、コレクションに落としていく。

引用元: メゾンキツネ(kitsune) _ ファッションプレス

 

 

 

 

 

 

 

●Melinda Gloss


 

 

Melinda Gloss(メリンダグロス)は、Mathieu de Ménonville(マティユ・ド・メノンヴィーユ)とRemi de Laquintane(レミ・ド・ラカンターヌ)のフランス貴族出身のデザイナーによって2009年にパリで創業しました。

引用元:mirabella homme _ MELINDAGLOSS

 

 


 

 

 

 

フランスらしいコンサバティブなスタイルでありながらも、ハイファッションに通じるモダンデザインを有しています。

また、Melinda Glossは有り難いことに”フランス製”にこだわっている珍しいブランドです。

 

 

●Officine Generale

 

 

デザイナーの名前は ピエール・マヨー。

フランス・パリのサン・ジェルマン・デュ・プレで設立された“OFFICINE GENERALE”は昔ながらの手法で制作するアトリエ“として2011年1月に立ち上げられ、コレクションは本国であるフランス、イメージ・ソースの一部であるイタリア、現代ヨーロッパにおいて外せない一生産拠点であるポルトガルで生産を行っています。

 

 

 

 

 

 


 

 

“テーラーリング”“ヴィンテージ”“ミリタリー”“ワーク”など、
あらゆる要素が含まれています。

決して流行にとらわれることはなく、さりげないシルエットや見えない細かなディティールにまでこだわりながらも、上質な素材を使用し高い技術力と染めや洗いの加工を駆使して作られています。

 

 

いかがでしたでしょうか、ここまではインポートブランド(特にフランス発)のものに焦点を当てました。フランスものはとにかくシンプルですが、平凡ではなく独特な雰囲気があるのでオススメです。

次は、ドメスティックブランドで特に人気なものを取り上げます。

 

 

Boy.的ブランドのおすすめ<Part2>

 

●Comoli

 

 

Comoliは日本のファッションブランド。2011年に小森啓二郎が
自身のブランドをスタートしました。

“全ての洋服の原型は欧米から生まれ、ある目的の為に作られた物である。”という考えのもと、“今の”日本の気候に合い、日本人の体型に合った、上質でシンプルな日常着を展開しています。

引用元:comoli _ ファッションプレス

 

 

 

 

 

 

 

抜群の素材感と空気感を醸し出しています。

一度着ると病みつきになる服ばかりで、大人な雰囲気好きの大学生に人気があります。

 

 

●YAECA

 

 

2002年にデザイナーの服部哲弘と井手恭子が設立。

シンプルで長く着ていけるような日常着を作ること”がコンセプト。「logically simple」をキーワードに、環境やライフスタイル、そしてそれらを取り巻くものとの関係性を見つめながら、デザインに落とし込み、スタンダードでありつづけるデイリーウェアを提案しています。

引用元:YAECA _ ファッションプレス

 

 

ここのスナップボタンシャツは名作ですね。

 

 

 

 

 

 

コンセプトの”必然的にシンプル”の通りのアイテムばかりです。Comoliと同じく、素材感、空気感が抜群のブランドです。

ナチュラルに洋服を着たい人から人気があります。

 

 

 

お気に入りは見つかった?

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回はインポートとドメスティックの人気ブランドを取り上げましたが、あなたのお気に召すブランドはありましたでしょうか。

お気に入りの洋服を着て、出かけましょう。なにか、良いことがあるかもしれません。

 

 

 

関連記事

●夏はバックパックでお出かけしたい。

 

●まだまだアロハを着たい。