今すぐ行きたくなる!「家系総本山」吉村家をもっと楽しむヒント

gourmet | 2015.1.30

言わずと知れた「家系総本山」吉村家!

ラーメンに詳しくない方も、一度は「家系ラーメン」を聞いたこと or 食べたことがあるのではないでしょうか。そんな「家系ラーメン」発祥の店が「吉村家」です♪

豚骨や鶏ガラから取ったダシに醤油のタレを混ぜ、鶏油を浮かべた「豚骨醤油ベース」のスープ、コシのある太麺と、ほうれん草、チャーシュー、海苔のトッピングで構成される家系ラーメンを出す店は、国内とアジアを中心に約1000店舗あるとされる。そのうち、横浜市内には、約150店舗あるという。

今回は、そんな家系随一の名店である「吉村家」を楽しむヒントをご紹介しちゃいます★

 

ヒント1:現金トッピングをチェックしよう♪

 

吉村家を訪れると、まず目に入るのが手書きのトッピング一覧。このトッピングは日によって変わるので、超レアなトッピングに出会えるかも?!

(今までで一番驚いたトッピングはチーズです。笑)

数あるトッピングの中でも、今回オススメしたいのが、「チャーシューまぶし」!

「チャーシューまぶし」は、チャーシューの切れ端を煮込んだトッピングで、開店数時間後しか食べられないメニュー。ご飯に乗せて食べると…絶品です★

他にも、甘辛い味噌で和えた「細切りネギ」(ビールと合う!)、シャキシャキ感と甘みが相性抜群の「チンゲン菜」、野菜不足のあなたにおすすめな「野菜畑」などなど種類豊富!あなただけの最高の一杯を見つけてみてはどうだろう!

「小銭がピッタリなくて買えない」なんてことにならないよう、吉村家に行く前に小銭を用意しておきましょう(笑)

 

ヒント2:吉村家+ライス=最強

ラーメンとライスの組み合わせ。これは言わずもがな美味しいのですが、吉村家を始めとした家系ラーメンとライスの相性は…最強です。全盛期のヒョードルを思わせます。

オススメしたいライスの食べ方は、

(1)海苔をスープに浸す…

(2)ライスに辛味噌を塗りたくる…

(3)浸した海苔で辛味噌ライスを巻いて…

(4)至福の時をお楽しみください。

そしてもう一つ。あまり知られていない「目玉丼」というメニューをご紹介♪

「目玉焼」と「ライス」の食券を別々に購入し、列で待っていると…

「こちら目玉丼ですか?」と店員さんに確認されるので「はいッ!」と大きな声で答えましょう!

絶妙の焼き加減の目玉焼きがライスの上に乗ったシンプルなメニュー。トロトロの黄身を崩し、白身とライスを口に運ぶ。そこへラーメンのスープを流し込み…想像しただけで涙が出ます。

他にも、有料・無料トッピングを使って、様々なライスの楽しみ方がありますよ♪お気に入りのカスタマイズを見つけてみましょう★

 

ヒント3:店を出るまでが吉村家

「家に帰るまでが遠足」と言われたことはありませんか?吉村家にも同じことが言えるのです。

「食べ終わって店を出るまでが吉村家」であると、この記事を読んだ方には覚えて欲しい!

 

食べ終わったら、食券の券売機横に注目。何かしらのお土産が置いてあることがしばしば…

写真はバナナですが、銀杏、サイダー、しめじ、白菜、グレープフルーツ…などなど。

そして、お土産を手に取ったら、大きな声で「ごちそうさまでした!」と言いましょう。店員さんが最高の笑顔で「ありゃした!」と返してくれますよ★

それぞれに合った楽しみ方が出来るのも吉村家の大きな魅力!

自分に合った最高の一杯を見つけに行きましょう★