【おしゃれに涼しく

fashion | 2017.6.24

ノースリーブをものにする。


出典元 wear.jp

これからの季節、涼しさが第一に求められます。その季節にマストなトップスが”ノースリーブ”です。

ノースリーブは袖がない洋服という定義のもと存在し、露出も若干程度のモノ。タンクトップは大きく肩の露出を見せた洋服のことを指し、ノースリーブとタンクトップでは肩の露出で違いがでます。

レディースに用いられることが多いこのアイテムは、男性にとっては少し手の出しづらい、おしゃれに持っていくには難しいアイテム。

ノースリーブを用いる男子は女子からの批判が大きく、抵抗が強いというのも現状ですよね。

しかし、ノースリーブはモードかつストリートに、またはゆるく楽に着こなすトレンドの着こなし方にも万能に対応できるアイテムなんです。

扱いのむずかしいこのアイテムを、この夏はモノにしていきましょう。

 

Boy.がおすすめする着こなし

モード、ストリート、カジュアル以上3つの観点から見ていきます。それぞれ違った素材感、着丈感で自分らしい表現をしてみてください。

1.モード

出典元 wear.jp

主にタイトで細身の上半身のシルエットができるように着こなします。こちらは「3.1 phillips lim(フィリップ・リム)」とハイブランドを着用。

ブラックを取り入れることがポイントとなってきますが、このように今季の流行りである暖色系を使うとよりいっそうトレンド感がでてきます。

パンツもそれに合わせて細身なストレートパンツを着用しています。シンプルにきれいめにまとめつつも、全体として締まりががあるシルエットが特徴です。

2.ストリート

出典元 myne,tokyo

大胆な着丈感をだすことがポイントです。Vネックのノースリーブが着用されています。素材感はナイロン系を用いて、ジャージのようなレトロ感をだすことがポイント。

また、ロングTシャツを重ね着することでストリート感を表現することも可能です。こちらの着こなしのように、Vネックのラインの色とロングTシャツのボーダーの色が同色だとまとまりもでてきますね。

 

3.カジュアル

出典元 zozo.jp

こちらはゆるめに大きめのシルエットをだすことがポイントです。かつ素材感はウールなど肌触りが良く、他者から見ても上品かつシックな印象を与えるものを選ぶことが大切。

これと同素材かつ同色のパンツと合わせて、セットアップ風に着こなすとさきほど挙げたような印象を与えやすくなるのではないでしょうか。

またこれはノースリーブのラボコートであり、夏の夜の羽織りのアイテムとしてひとつあるのも良いですね。

 

Boy.のおすすめするノースリーブのブランド3選

 

1.LOUNGE LIZARD _ No Sleve Shirts

出典元 zozo.jp

ラウンドしたカットオフのデザイン性が特徴のこの一着。さきほど紹介した3つのスタイル全てに適応可能で、万能な王道のノースリーブです。

コットン100%となっており、着心地も良く、何度でも着たくなるような癖になるおすすめのアイテムです。¥8,100(税込)

 

2.Myne _ hand-graphic NO-SLIVE Shirts

出典元 zozo.jp

バックプリントにハンドグラフィックで作られたビックシルエットのノースリーブTシャツです。2017S/Sのもので赤く塗られたテキストが立体感もあり印象を強くだしてくれます。

80年代のレトロな雰囲気をだしつつも、面白く着られる一着となっています。ストリートを表現しやすく、重ね着ではロングTシャツを用いるのがおすすめです。¥7,500

 

Dulcamara _ よそいきノースリーブLabコート

出典元 zozo.jp

ラフ感に着まわしの効くノースリーブのラボコート。素材はサマーウールとなっており、手触りや着心地が抜群の一着。

夏の夜、梅雨の時期の羽織として、またはそのあとの秋まで年中通して着られるものとしても評価が高いです。

ノースリーブのコートは珍しいものなので興味深いですね。¥33,480(税込)

 

セルフケアから始める。

 

着こなしやアイテムを紹介してきましたが、ノースリーブを着こなす上で必需となってくるのがセルフケアです。

ノースリーブは露出が必然的にでてくるものなので、不潔な印象を与えては着こなし以前の問題になってきます。

男性は男性ならではのポイントを考慮することが大切。以下のことに気をつけましょう。

①脇毛のはみ出してしまった毛

②袖跡が残った日焼け

③マッチョ感を出さない

上記の3つが重要です。それぞれがノースリーブの良さを引き出す、要は「似合う」ためには気をつけなければならないことです。

注意して自分なりの着こなしを表現しましょう。

 

自分好みのノースリーブを。

 

いかがだったでしょうか。まわりのメンズもなかなかノースリーブをモノにしている人は見受けられないと筆者は考えています。

さきほどの3つのなかから自分のスタイルに合ったノースリーブの着こなしで差をつけてみてはどうでしょうか。

まずは自分好みの一着を探してみましょう。