【いじり上手は恋愛上手】女の上手なイジり方を学ぼう

love | 2017.7.11

イジり上手は恋愛上手

これはよく聞く言葉ですが、みなさん、ちゃんと正しいやり方で女の子イジってあげていますか? 周知の通り、女は基本的にMですのできちんとポイントを押さえてイジれば恋愛街道において絶大な効果を望めます。しかし、”イジり”の怖い所は、もし間違えたイジり方をしてしまえば、恋愛の発展はおろか、人間関係自体が破綻してしまうかもしれない、というところにあるのです。

「ええ、それだったらやめとこう…」、そう思った方、本当にそれでいいんですか? 身につければ効果絶大なイジり術、いま身につけないともったいない! いわく、男は黙ってハイリスク・ハイリターン街道。本記事ではいくつか実例を紹介しながら上手なイジり方を解説していきます。

1.デリケートな所には踏み込まない

いきなりですが、「イジり」最大のリスクとはなんだと思いますか? そうです、一歩間違えると「イジメ」になってしまうことです。イジメにならないにはどうすればいいのか、それは「女の子が気にしていそうなところは触れない」こと。それがイジりの前提条件です。顔の造形、体型、それから恋愛経歴などがそうですね。

たとえば「俺は可愛いと思うから鼻の形や、ぽっちゃり体型をイジる」は女の子には通じません。とくに出会って日が浅い女の子に対しては容姿関連の話は絶対にNG! イジるくらいなら大人しく褒めておきましょう。

2、所属しているコミュニティはイジらない

所属しているコミュニティって何でしょう? それは彼女の所属している大学、大学の学部学科、出身高校、それからさらに言えば出身県や家族のことです。よく、「うちの出身は田舎だから〜」と言ってくる女の子っていますが、それは自分で言うから良いのであって、他人からも「たしかに何もないイメージだわ〜」などと言われるのはあまり気分が良くありません。

田舎だから〜と言われたら、適当に俺も行ってみたい感をアピールしておきましょう。女の子は自分の大学や家族についても自虐的に語りがち(たとえば、うちの学部はキャンパス内での地位が低い、や、うちの家族は変人ばっかりだ、など)ですが、それに安易にノッてしまってはモテ男失格。

彼女や周囲の環境についてはイジり対象に持ち込まないことを強くおすすめします。

3、じゃあ何をイジればいいの?

おすすめしたいのは、その時の「彼女の行動」をイジる、ということです。たとえば、語尾をマネしてみる、口癖を指摘してみるなどのミラーリング系もそうですし、「めっちゃリップ塗るじゃん!」など、ピンポイントで示すのも効果的です。「ねぇ、バカにしてるでしょ?」と笑いながら言われるくらいがちょうど良い度合いですので、参考までにどうぞ。

ちなみに、女の子が話していて、「それでね! それでね!」や、「このまえね! このまえね!」と連呼するときがあると思います。その際に、「なんで2回言ったし(笑)」の一言が言える男の子は8割方モテます。

 

4.「悪い女」イジりが効く

実は、女という生き物は潜在的に「悪女」に憧れているものです。とは言ってもそこまで邪悪なヴィランズということではなく、ちょっと「あざとい」女のことです。具体的に言うと、「わっ、今のやっぱり悪女だ〜」や、「今のあざといなぁ」などという言葉がどんな女にも意外と効くというわけです。

悪い女って結局はモテる女なわけですから、「悪い女」と言われるとそっくりそのまま「モテそうだね」と言われた気分になるのです。
「ピュアだなぁ」と言うと何となく丸く収まってしまいそうな場でも、「悪い女だなぁ」と言うことによってその場にドライブ感が生まれ、恋愛街道に進みやすくなるのです。

ここらへんで2人の会話の中に「ピンク色」を醸し出していきましょう。

 

5.呼び名をつけてみよう!

芸人の有吉弘行さんの「毒を持ったあだ名」ではなく、あくまで「呼び名」をつけましょう。女の子に何らかの呼び名を付けておくと、とくに食事会などの集団でいるときなどに女の子が自分のキャラを確立しやすくなります。

あだ名は「ねえさん」や、本名からちょっといじった簡単なもの(原さんだったら原ちゃん、ゆかちゃんだったらユカリン)などでかまいません。

それから、いくら家庭的で優しいイメージがあろうと、ママ、オカンと呼ばれてメスとして喜ぶ女子はいないと心えてくださいね。
※集団でいるときは呼び名で呼んでいても、2人きりになったときにはあえて「下の名前+ちゃん」で呼んでみてください。違う一面を示せるほか、真摯な印象を植え付けられるのでとても使えるテクニックですよ。

6.オトしてアゲる。アゲてオトす。

これはちょっと上級者向けです。集団の中で使うと、イジりの圧力が強くなりすぎて女の子が傷ついてしまう可能性があるため、くれぐれも二人きりの時にのみ使うようにしてください。

たとえば、女の子の服の柄がちょっとユニークだったり、チークがちょっと濃いめだったり、喋り方が舌ったらずだったりしたときに、「なにその、え? キノコ柄?? なんでその柄選んじゃったの??」、「なにそのほっぺ〜真っ赤じゃん」「さっきから舌ったらずすきて全然聞こえないんだけど(笑)」などと言うとします。

そこで、「え、変かな?」と女の子が不安になったところで、「まあ俺は好きだけどね」と言うのです。これだけで、女の子は簡単にコロッといってしまうものです。
しかし、アゲるからといって攻めすぎていいというわけではありません。前述の通り、顔、体型、所属コミュニティはなるべく避けるべきです。
オトすといっても”オトしすぎない絶妙なポイント”を探ることも必要ですね。

やり過ぎると効果が薄れるので、場があたたまった頃合いを狙っていきましょう。「弾丸テクニック」とはまさにこれの事です。
Say,”一撃必殺!”

これであなたもイジり上手

いかがでしたでしょうか? イジり道への扉は開かれましたか? これからどのように歩むかは、あなた次第です。大好きなあの子、可愛いあの子を惚れさせるためにも、イジりの腕を日々磨いていきましょう。Boy.はそんなあなたをいつでも応援しています。