【最旬アイテム】メンズ大注目の「ロンT」を着こなせ!

Rayme

2017年、「ロンT」が大ブーム

出典元 zozo.jp   メンズノンノの紙面でも取り上げられているように、現在ロンTが流行しはじめ人気が急上昇中。 ストリートに着こなすアイテムとして代表格のロンTは、街や大学内を見わたせば多々見かけるのではないでしょうか。 ロンTの種類としては大まかにいえば無地とGraphicに分かれ、そこからどの部分にプリントされているか、素材であったり、カラーの違いなど多数存在します。 袖にプリントされたロンTは日本が発祥で、日本のカルチャーとファッションが混合したアイテムとしても捉えることができる、誇りたかいトレンドアイテムなんです。 今回はそのトレンドアイテム「ロンT」のおすすめブランドと着こなし方をそれぞれ紹介していきます。  

Boy.編集部が選ぶロンTはこれだ! _ Graphic

  流行中のストリートファッション(スト系)の主流であるGraphicロンT。袖、フロント、バックなど部分的なプリントでストリートを表現し、どこかヌケ感のあるファッションを可能にします。  

1.袖プリント

SUB-AGE _ CAT LONGTEE

  出典元 zozo.jp   セレクトショップ「CANNNABIS」が若手クリエーターとともにディレクションを手がける新ブランド「SUB-AGE」のロングTシャツ。袖のプリントの胸元にさりげないワンポイントロゴのバランス感がほどよいアイテムです。 今季が旬の暖色系カラーはトレンド感をひきだします。¥12,900  

NUMBER (N) INE DENIM _ Print Long T-shirts

  出典元 zozo.jp   ベーシックなデザインとシルエットが特徴的な「NUMBER(N)INE」のロングT。袖プリントのオリジナルロゴが大胆で大人気のプリントTシャツです。 素材にもこだわり、年中通して着用できるアイテムとなっています。また価格帯も比較的安価であるため大学生でも負担がかからないほどであり、着心地も薄手でいて袖にも余裕があるので、王道のロングTと呼んでいいでしょう。¥3,780  

2.バックプリント

Myne _ embroidery long sleeve big T-shirt

  出典元 zozo.jp   バックに龍の刺繍を大胆にプリントしたビッグシルエットのロングTです。ヌケ感をだしながらも丈を短くしてほどよい落ち感を表現しています。 ナチュラルな光沢感をシルエット加工により可能にし、ストリート風なアイテムでありながらシックな仕上がりとなっています。¥16,200  

3.フロントプリント

P.A.M _ Long T-shits

  出典元 zozo.jp   「P.A.M」のクルーネックロングT。パワーのあるグラフィックでありながら、車のフォトプリントでチャーミングな一着となっています。やわらかな綿生地が使用され、着心地も充実。 前面のプリントの迫力もほどよく抑えられていて、かわいくカッコよく着こなすことができます。¥17,280  

C.E _ crew neck long T-shits

  出典元 zozo.jp   80年代から90年代のストリートアイテムを兼引しているブランド「C.E」のロングT。フロントのグラフィックにプラスして袖にワンポイントがあり、さり気ないおしゃれを表現しています。 大胆なグラフィックもワンポイントにより中和されていて着やすく、合わせやすい一着です。¥16,200  

Boy.編集部が選ぶロンTはこれだ! _ 無地

  モード、カジュアルにも着こなすことができる無地ロンT。素材感で着心地やアクセントを可能にし、カラーでいま風に表現できます。日々のファッションにも柔軟に対応し、モードからカジュアルまで振幅が効くアイテムです。  

1.デザイン性

ANREALAGE _ Long T-shirts

  出典元 zozo.jp   “ROLL”をテーマにした前部分が螺旋状に胴体や腕周りをまわりながらデザインされています。解体するりんごをイメージしているといったファッションの面白さを前面に出したアイテム。 ロング丈なのも特徴的で、シルエットを細長に魅せる際にもおすすめで非常に幅広いスタイリングを可能にします。¥30,240  

PARADOX _ LATERED TEE

出典元 zozo.jp   ロングTとメッシュ生地ののタンクトップのレイヤーがセットとなっています。裾部分にロゴの刺繍がされていて、2枚別々でも使いまわせる魅力的な一着です。 メッシュ部分をどう扱うかでその人のファッションセンスが問われるので、上級者向けのロングTとなっています。¥10,800  

SHAREEF _ BLOCK SEPARATE SLEEVE-T

    出典元 zozo.jp   袖のセパレートデザインが印象的な1枚。小さな格子状の地柄を編み込んでいます。袖にボリュームを持たせていて、ビッグシルエットのプルオーバーとなっている非常に面白いアイテムです。 また、カラーバリエーションも豊富となっていることも服選びに楽しみを持たせてくれます。¥15,120  

2.素材感

N HOOLYWOOD _ UNDER SUMMIT WEAR 13RCH ボートネックTシャツL/S

出典元 www.jet-dress.com  

コットン天竺100%となっており、肌着としても最上級の着心地を演出しています。ネックラインがすっきりしていて、シックな男らしさが出ているのもポイント。

速乾性にも優れていて、ドライタッチもよくおすすめの一着です。¥12,960

URU _ パイルL/Sカットソー

出典元 concreate-river.net   タオルケットのような肌触りを実現し、伸縮性が高く柔らかいやや薄手の細かいループのバイル地となっています。 肩を落としたバックショルダーに太めの袖幅、やや短い着丈に幅が広いゆったりとした中にもどこか締りのあるシルエットです。 素材はこちらもコットン100%となっています。¥15,120  

こんなロンTの着こなしはどうだろう?

  ロングTシャツは単体として着こなすことはもちろん、1枚だけでなくTシャツやシャツ、ニットなど合わせ方は多様です。 合わせ方で自分にあったスタイルを作るなど、自由に着こなすアイテムとしてファッションの楽しさを感じられます。今回は重ね着と単体のスタイルを紹介していきます。  

1.T-Shirts × 半袖

出典元 wear.jp   “Black T-shirts × 2line Long T-shirts”の着こなし。 ブラックのジップ付きの半袖Tシャツに、2lineのボーダーを使うスタイル。またそのラインをトレンド色として暖色系を入れています。 全体的には黒でおさめながらも部分的に暖色系の色を持ってきているので、モード×ストリートに仕上がっていますね。アイテムはMyneを使用しています。   出典元 wear.jp   “Black graphic T-shirts × Border Long T-shits”の着こなし。 フロントプリントの半袖Tシャツにボーダー柄のロングTシャツを重ねた古着風なコーデが特徴的で、チャーミングな印象を与えています。グラフィックのインパクトをボーダーで調和しているようなスタイル。  

2.Shirts × 半袖

出典元 wear.jp   “柄シャツ × White Long T-shirts”の着こなし。 ロンTをレイヤードしたこのコーデはストリートにも、きれいめにもパンツや色次第で表現することが可能です。こちらはスラックスを履いていますが、同色のスポーティなパンツを使用した場合はさらにストリート感がでます。   出典元 wear.jp   “刺繍シャツ × White neck Long T-shirts”の着こなし。 ワイドパンツにトレンドである刺繍のアイテムを同色として取り入れたこのコーデはモード感が強くなっています。またここまでワイドのパンツを使うのも印象的。ロンTのWhiteを使用することでアクセントとしてトレンド感がでています。  

3.ロンTのみ

出典元 wear.jp   “White Long T-shirts × Black Slacks”の着こなし。 ホワイトのロンTにブラックのモノクロコーデはモード感を引きだすことができます。また、ゆるめのロンTならどこかヌケのある落ち感を表現することができるのがポイント。 タックインでウエストのアクセントを作ってみても面白いです。   出典元 wear.jp   “Black Set Up × Purple Long T-shirts”の着こなし。 ブラックのセットアップに差し色として、またはインパクトを求めて暖色系のロンTを着用しています。パープルを用いることで上品でシックな印象をカジュアルな着こなしにも与えることができていますね。 また、ベルトをロンTと類似色を用いることで色使いにもおしゃれの気づかいができています。  

今季はロンTでミニマルにいこう!

出典元 zozo.jp   いかがだったでしょうか。トレンドアイテムのロンTでも、素材感やデザイン性で周りの人と被らないファッションは十分に可能です。 加えて、スタイルはモードからストリートまで幅広く自由に表現ができるのもロンTのポイント。無地やGraphic、どちらも自分の好きなように重ね着をしたり、単体で着用してあなたらしいファッションの印象を与えてみてはどうでしょう。