Boy.[ボーイ] | カッコイイが集まるメンズファッション

  • 浅利 琳太郎
  • @a_rintarou
  • Height / 176
  • Weight / 60
  • タレント

【インスタグラマーと、服。】No.06:浅利 琳太郎

instagrammer | 2017.6.28

 

いま、世の中でホットなワード「インスタグラマー」。トレンドを先駆けて取り入れ、自分なりのこだわりもプラスして日々を楽しむ。そんな彼らのライフスタイルが詰まった投稿は、日本の男の子たちが参考にできるものばかり。

でも僕たちは思った。インスタグラムだけじゃ分からない彼らの魅力って、たくさんあるんじゃないの? そんな1つの疑問から生まれたのが、今回の企画「インスタグラマーと、服」。

彼らなりの「服」や「ライフスタイル」に対する姿勢。いま何を考えているのか。次に何が来ると予想しているのか。インタビューを通して、彼らの魅力に迫ります。

 

第6弾は、人気メンズファッション誌・メンズノンノの企画であるMNFC(メンズノンノファッションサークル)でも大人気の浅利 琳太郎(アサリ リンタロウ)さん。高校生のときにメンズノンノのスナップに登場。
古着を活かした独特のシルエットに加え、そこに同居する落ち着きのあるたたずまいが魅力のインスタグラマーです。

 

 

——本日はよろしくお願いします。まず最初に、普段どんな活動をされていますか?

 

[Advertisement]

フリーでモデルの撮影やオーディションに応募しています。ラジオのパーソナリティーもやっていて、10代が知らなかったり、やったことがないことを僕が実体験してみるという10代の子たち向けの番組を担当しています。

 

——僕たちが見る浅利さんはいつも外にいるときです。家にいるときは何してますか?

まず家にいることがまったくないですね(笑)
お仕事をいただけて外にいることが多いこともあるんですけど、一番は家にいたくないって気持ちがあって、よく友達に会いにいってます。

——なんで家にいたくない?

寂しがり屋なんで…(笑)。家にいたら音楽を流したりとかしてのんびりはできるとは思うんですけど、僕はそれよりも外に出て人と会ってる方が楽しいです。

——服には月にどれくらいお金をかけてますか?

んー、、5〜6万円ですかね? 僕はあまり高いアイテムは買わないので、古着をこまめに買ってます。

——その予算のなかでよく買うことがあるブランドって?

『Maison Margiela(メゾン マルジェラ)』です。服のシルエットがとにかくツボで。

——マルジェラのなかで一番おすすめのアイテムは?

Tシャツです。たぶん着てみたら違いが分かると思います。

——古着を選んでるからこその浅利さんのファッションなんですね。では服を選ぶとき、どういった点を意識してますか?

あんまり意識したことはないですけど、言葉にするなら”ポパイ感”ですかね。シティーボーイに憧れているので、ポパイやメンズファッジを見てマネしたいと思ったら似たアイテムがないか探しに行きます。
古着好きといっても、あんまり古着っぽくないきれいめな服を選ぶようにしてます。新品を着ると、自分がきれいになった気分になれるんですよね。

——なるほど。ダッフルコートを代表にかわいらしいアイテム選びが多いなあと感じたのですが。

それもポパイ感を意識してますね(笑)。そう言ってもらえると嬉しいです。

――きれいな古着で浅利さんのコーデは構成されてます。そんな浅利さんだからこそおすすめしたい古着屋を教えてください!

『detour(ディトゥアー)』という原宿にある古着屋です。アイテムのセレクトが良いのはもちろんなんですけど、お店をとにかく入りやすくしているし店員さんもとにかく優しいので、そこがおすすめですね。
古着初心者の人も十分入りやすいお店だと思います。

| | | [NEW] | 本日、古着入荷日です。 良いプリントT、良いシャツ、良いボトムスetc 沢山入ってきておりますのでこの土日に是非。 | | #used #vintage #usedclothing #selectshop #fashion #harajuku #tokyo #yorimichi #detour #古着 #古着屋 #服 #東京 #原宿 #寄り道 #ファッション #ユーズド #ヴィンテージ #トーキョー #ハラジュク #セレクトショップ

detour -yorimichi-さん(@detour_yorimichi)がシェアした投稿 –

――違う系統のファッションに挑戦してみたいなと思ったりはしますか?

[Advertisement]

『Yohji Yamamoto(ヨウジ ヤマモト)』のファッションは取り入れてみたいと思ってます。いまはまだファッションに迷うことが多くて。
色々な服を着るんですけど、まだヨウジさんみたいな系統を着たことがないので、いつか着てみたいなって思います。

——浅利さんは多くの男の子にとってのファッションアイコンだと思いますが、最初からおしゃれなわけではなかったと思います。いつごろおしゃれに目覚めたのでしょうか?

父が広告関係の仕事をしているんですけど、ファッションにもこだわる人なんですよね。
それでお下がりみたいな感じで服を借りて着ていたら、友達にカッコいいと言われることが多くて。それがきっかけで、おしゃれをすることが好きになりました。

高2でメンズノンノのスナップに取り上げられたのも大きかったと思います。いまはポパイ感のある服をベースに、色々取り入れてみようっていう感じです。

――すごくスタイルが良いですが、スタイル維持のためになにか特別なことはされているんですか?

特にしていることはないです(笑)。
むしろ食欲がすごくて…お腹が空いたらすごい食べちゃいます。選んで食べるわけではなく、好きなものを(笑)。それは全部筋肉に変わってしまって。

――逆に、コンプレックスに思っている部分はありますか?

こう見えても筋肉があるので落としたいです。元々中高でバスケットボール部に入っていて、それで筋肉がつきました。小学校のときも野球をやっていて(笑)。
腕の筋肉も実際生で見てもらえるとびっくりされます(笑)。細い方が服が映えると思うので筋肉は落としたいですね。

――肌がとてもきれいですが、美容のために気をつかっていることはありますか?

無印良品のコスメがおすすめです! 化粧水も乳液も、全部無印良品のものを使ってます。ぜひ使ってみてください。

――最後に。浅利さんにとって理想の自分像とはなんでしょう? また、それに近づいているという実感はありますか?

理想の自分像…。テレビに映っている自分だと思います。ちょっとずつCMにも出させていただいているので、近づいて行っている実感は少しあります。
いつかドラマに出演したいと考えているので、今後も精進します。

編集後記

THE 塩顔で雰囲気のある表情。遠くから見ても分かるスタイルの良さ。日本人離れしたパーツを活かしたファッション。取材中はクールな外見とは裏腹に茶目っ気のある笑顔も見せてくれました。
俳優を目指す彼の今後が楽しみです。