【被っても被らない】この夏のあなたのコーデに一味加えるバケットハットをご紹介

fashion | 2017.7.29

夏こそ帽子で差をつけよう

出典元 shutterstock.com

気温30度を超える夏日もちらほらと増え始めた、この頃。そろそろ、長袖やアウターを着るには暑い時期ですよね。
そんななか、夏のコーデの最大のポイントとしては、トップス1枚にボトムス1枚と、他の季節と違ってコーデが単調になってしまう点。

どうにかして、夏のコーデを周りと差をつけたいなーなんて、考えている人も多いのではないでしょうか。
そんなときに導かれる解決方法としては、バングル、ピアス、リングといったアクセサリーでかっこよく差をつけたり、シューズにこだわりを持たせておしゃれに見せたりする、なんてことが考えられます。

ただ今回ピックアップしたいのは、そう、『夏こそ帽子で差をつけよう』です。

 

帽子のよさとは?

夏に気になること、それは先ほども上げましたが「夏はシンプルなコーデになりがち」な点ですよね。これはファッションにフォーカスをあてればそうですが、もう少し視野を広げてみましょう。
そもそも夏という季節に気になることとして「真上の空から降り注ぐ〝紫外線″」も入りませんか?
帽子はシンプルなコーデに一味加えつつ、紫外線から顔を守ってくれる、そんな2つの悩みを同時に解決してくれる優秀なアイテムなんです。

 

どうしてバケットハット?

季節を問わず帽子の定番といえば、やはり「キャップ」。無難な帽子といわれても、やはり「キャップ」…。

ここで僭越ながら一言言わせてください。
「定番でいいんですか? 無難でいいんですか? 自分だけのコーデを見つけたくはありませんか?」

勢いあまって二言、いや、三言言ってしまいましたが、
そんな方に紹介したいのが、「バケットハット」です。

バケットハットは注目アイテムなのに、その形が少し特徴的で被るのに少し勇気がいるからなのか、街を歩いていても、大学構内でも被っている人は少ないように思えます。
ただ、これこそコーデの差をつけるチャンスです。旬なバケットハットは被っても、コーデが被らないんです。これが「被っても被らない」というタイトルの所以です。

バケットハットとは?

バケットハットの名目の由来は“バケツ”から来ていて、そのシルエットはバケツをひっくり返したかのようで、横から見ると台形でトップにツバが付いた感じの帽子です。
90年代にストリート系ミュージシャンなどを中心に一大ブームを起こし、近年再びスポットライトを当てられているアイテムなんです。

 

実はとても万能アイテム!

バケットハットは想像以上に万能で、ストリート系やスポーツ系をはじめ、アウトドアファッション、カジュアル、きれいめなコーデにも合います。ですので、着こなしのコーデによってバケットハットを変えることで多様なファッションを生み出すことが可能です。

バケットハットを使ったコーデをご紹介

●初めはどんなコーデにも合う〝黒のバケットハット″

出典元 wear.jp

バケットハットを取り入れてみたいけど、どんなのがコーデに合うかわからなくて悩むという方はどんなコーデにも合うことでおなじみの定番カラーの黒のバケットハットから取り入れてみてはどうでしょうか。
白のトップスはもちろん、少し派手な流行りの柄シャツと組み合わせても落ち着いた印象を与えてくれます。

 

●迷彩柄のバケットハット×無地Tシャツ

出典元 zozo.jp

夏のコーデ、トップスに無地のTシャツを着る人は多いはずです。無地のTシャツは、着やすさゆえに多用したくなるのですが、無地ゆえにコーデがシンプルすぎてしまう点が難点です。それでも無地Tシャツは着たいですよね。
そんな方には、ワンポイントアイテムにもなる迷彩柄のバケットハットをおすすめします。迷彩柄は存在感が強いので、シンプルなコーデに合わせることでアクセントがつき、見事にマッチします。
もちろん、無地以外にも迷彩柄は合いますので、自分なりの着こなしを見つけてみてください。

 

●白のバケットハット×マリンコーデ

出典元 wear.jp

気温30度を超える夏、服装に爽やかさを出して、自分も周りの人も爽やかにしていきたいですよね。そんなときは、白のバケットハットにマリンコーデを合わせることで、とても爽やかな印象を与えるコーデになります。
海やBBQ、全員が全員アクティブな服装をしたいわけではなく、アウトドアだけどカジュアルで爽やかにおしゃれをしたいという方におすすめのコーデです。

 

●ネイビーのバケットハット×ライトカラーコーデ

出典元 zozo.jp

トップスがスカイブルーのシャツでボトムスがホワイトよりのベージュと、トップス・ボトムスともにライトなカラーのコーデには濃いめのカラーであるネイビーのバケットハットをかぶることで引き締まった印象を与えてくれます。
それに、きれいめコーデにもバケットハットがよく合っていて、トップスとバケットハットのカラーが同系色で統一感がばっちりなスタイリングにもなっています。
また、トップスとボトムスを濃いめのカラーにして、バケットハットをライトカラーにすると、顔元が明るくなり、夏の軽快なスタイルができるのでお試しあれ。

バケットハットのおすすめブランドをご紹介

1.BEAMS

出典元 beams.co.jp

世の男性を大人カッコよく演出してくれる『BEMAS』のバケットハット。BEAMSのバケットハットはシンプルでカッコよい仕上がりで、アウトドアというよりは、カジュアルなコーデに合うものが多いです。
いくつかある中で、今回取り上げたバケットハットはデニム生地と主張の強すぎない小ぶりの星条旗がポイントで、アイテムとしての存在感があるので、幅広いコーデに対応できます。
特にアメカジスタイルには必要不可欠なアイテムです。

 

2.NEW HATTAN(ニューハッタン)

出典元 zozo.jp

ニューヨーク発の伝統的なスタイルを、現代に高いクオリティかつリーズナブルな価格で提案する『ニューハッタン』のバケットハット。低価格で財布に優しいのに加えて、コットン素材を使用しているので耐久性は文句なしの◎。また、選ぶのに迷ってしまうほどの豊富なカラーバリエーションも魅力的です。価格もそれほど高くないので、どれにしようか迷ったら色違いで購入しても良いかもしれませんね!

 

3.Patagonia(パタゴニア)

出典元 zozo.jp

徹底した品質主義と環境行動主義で知られる国際的なアウトドアブランド『パタゴニア』のバケットハット。
アウトドアに必要な「撥水性」はさることながら、豊富なカラーリングとパタゴニアならではのデザイン性は夏のフェスやアウトドアを予定している方にはおすすめのアイテムです。

 

4.SETTO(セット)

出典元 setto.jp

 

岡山県に拠点を置く、純日本製のブランド『SETTO』のJACQUARD UEKAE HAT。こちらのバケットハットはインディゴ糸を使ったオリジナルジャガーになっていて、よく見ると、サボテンのモチーフがあるのが特徴です。デザイン性に特徴があるので、上級者向けではありますがファッションを楽しみたい方には取り入れてみたら面白いアイテムです。

バケットハットで一味違った夏のコーデを

夏のコーデはシンプルな分、服以外のアイテムをどう取り入れるかで楽しみ方はいっぱいあります。今回は、そんな夏のコーデに印象を加える手段としてバケットハットを紹介しました。

雑誌や店などでバケットハットを見て少し気になっていたという方や、全く知らなかったという方、それぞれいると思いますが、夏のコーデを一味違ったものにするための選択肢の1つとしてバケットハットを取り入れてみてはどうでしょうか。

 

気温30度を超える夏、服装を爽やかにして自分も周りの人も爽やかにしていきたいですよね。そんなときは、白のバケットハットにマリンコーデを合わせることで、とても爽やかな印象を与えるコーデになります。
海やBBQ、全員が全員アクティブな服装をしたいわけではなく、アウトドアだけどカジュアルで爽やかにおしゃれをしたいという方にお勧めのコーデです。