【2017-18 A/W】Boy.編集部が狙う秋冬アイテムをご紹介

fashion | 2017.7.4

Boy.ファッションチームが狙いを定める。

Dior hommeの画像

出典元 www.dior.com

Boyのファッションチームが描く秋冬のファッション像。それぞれに個性あふれるファッションセンスを持ち、自分なりの「カッコよさ」を持つ者たちの2017-18A/Wに狙っているアイテムをご紹介していきたい。

No.1 ダイチ

Dries Van Noten _ シャツ

出典元 driesvannoten.be

2018A/Wのコレクションに登場した中のシャツ。予約会で実際に刺繍を見て即決。Driesらしさにファッション好きの心をくすぐられたチャーミングな一着。

PRADA _ ニット

出典元 www.prada.com

抽象画が落とし込まれているニットで美術系の色味をそのまま用いている。斬新さと素性そのものの色味の関係がチャーミングに調和されているのが印象的。

BALENCIAGA _ フーディ

出典元 ja.colette.fr

2016年、米大統領選挙に出ていたバーニー サンダースのロゴをもじって作られたBALENCIAGAのフーディ。着回しが効き万能に使えるため重宝アイテムとされるだろう。

No.2 Senhana

77circa _ スカジャン

77circa 2017_2018aw Visual photo #2-1 #1977circa #77circa #2017_2018aw

77circaさん(@1977circa)がシェアした投稿 –

『77circa(サーカ)』の古着をリメイクして作られたスカジャン。この秋冬はスカジャンを着て、ストリート風な可愛らしいスタイルをこのアイテムで実現。

MARGARET HOWELL _ SOFT LEATHER TOTE BAG

元 zozo.jp

レザーが珍しい『MARGARET HOWELL(マーガレット ハウエル)』のトートバッグを狙っています。毎日PCを持ち歩くので、丈夫さと見た目の良さを兼ね備えたこちらのバッグがsenhanaの物欲がそそられます。

 

No.3 ふじもん

LAD MUSICIAN _ ガウン

 

#ladmusician#2017aw

@ladmusicianがシェアした投稿 –

ガウンが好きで一つ持っているが、好きなブランドから出るなら買わねばならないという謎の使命感。今期のテーマは「NIHILISM SUPER STAR」だという。いつものLADとはちょっと変わったグランジなアイテムが多い印象。ニルヴァーナのTシャツがルックにもあったからカートコバーンを意識してるのでは?

No.4 けんてぃー

SASQUETCHFABLIX _ 刺繍ジャケット

出典元 s.fashion-press.net

自分の持っているアイテムが黒いものが多いので、合わせやすいジャケットだなと。コレクションが公開された時から目をつけていました。金の刺繍により縫われた鳥がシビれる。

No.5 ライミ

TOGA _ ニットスウェット

出典元 www.wwd.japan

秋冬は実用的、かつポイント的に理解できる人は理解できるロゴが入っているスウェット系のニットを欲しいと思っていた。最近は刺繍の花柄のワンポイントが流行りがきてチャーミングなものが多いが、そのなかで違った人柄をモチーフにしたロゴに惹かれた。
またブラック系のものもほしいが色味を使った濃いめのオリーブ色が今季のトレンドを感じさせる。

 

NEON SIGN _ ロングコート

出典元 www.wwdjapan.com

昨年度からずっと欲しいと思っていたがくるぶしより、少し上ぐらいになる丈感のロングコート。NEON SIGNならではの黒のくすみ具合がとても良い。また開いたときに開襟シャツが今季はやった分、秋冬でもそれらの長袖が続いていくと思うのでそれを映えさせるコートの作りに惹かれた。

MARNI _ ベルト

出典元 www.vogue.co.jp

レッドのセットアップにインナーは類似色のジップ付きのシャツを使用。FUDGEやCLUELの’80のタッキースタイルが体現されていている。今回はウエストのアクセントとなっているベルトが欲しいと感じた。
自分が黒のコーデが多い分、インパクト大の印象と腰巻という斬新なスタイルが第三者を二度見させるようなスタイルを可能にすると感じる。

No.6 ヒョン

SAINT LAURENT _ レザージャケット

出典元 www.vogue.co.jp

サンローランのレザージャケット。質の高いレザーから作り出される質感から、かもしでている光沢感が上品でシックな雰囲気を出している。シルエット的にもジャストサイズで体のラインがしっかり見えるTHE ハイブランド感が秋冬にしっくりくる。

 

No.7 シュン

Dulcamara _ ロングコート

出典元 www.facebook.com

17-18A/Wの『dulcamara(ドゥルカマラ)のロングコート。上品な質感が画像越しにみてもわかる。ゆったりとしたシルエットで肩の「落ち感」と全体の「抜け感」が調和されたゆるめのコーデに持ってこいのコートである。

 

Boy編集部。秋冬のコーデに期待。

いかがだったでしょうか。欲しいものを紹介したり、見てみるとそれぞれの個性あるファッションスタイルが浮かんできます。ハイブラ系やドメブラ系。そして古着系など様々なスタイルに「かっこよさ」が存在し、自分なりに貫いたファッションの信念が一貫して感じることが筆者自身できました。Boy編集部の実際の秋冬コーデが楽しみですね。