【20代女性100人に聞いた】同棲相手に求めるホントの条件って?

マユコ

平和な同棲生活を続けるには…?

 

 

想像してみてください。 アナタと彼女がひとつ屋根の下で同棲しているところを。

 

心のこもった手料理、愛らしいエプロン姿、「おかえり!」と出迎えてくれる笑顔…。 考えるだけで「最高!!!!!!!」ですよね。

でも、月日が経ち、同棲もマンネリ化。彼女のイヤな面も見えてきてしまうことがあるかもしれません。

「もっと美味しい料理作れないのかなあ…。」

「プライベートの時間を確保できないのはつらい…。」

しかし、アナタが彼女に対して不満を抱えているのと同じように、彼女からアナタへの不満も少なくないはず。

不満を募らせたまますれ違いが生まれて破局…。 なんて悲しいことになるのはもったいない!

女性たちは同棲相手にどんなことを求めてるのでしょう。 円満の秘訣はどんなところに隠されているのでしょう。   今回は、悩めるBoy.読者の期待に応えるべく、人脈の広さだけが取り柄(笑)の私が20代女性100人にガチアンケートをとりました!

それでは、女性たちの心の内側を覗いてみましょう。  

1位「思いやり・気遣い」

 

堂々の1位は、圧倒的に「思いやり・気遣い」でした。

「初心忘れるべからず」という有名な言葉がありますが、まさに恋愛もこれと同じこと。 付き合ってるとはいえ、他人同士が同じ屋根の下で暮らすのは容易なことではありません。 付き合いたてのあの頃の気持ちを忘れずに、彼女に対する気遣いを常日頃意識したいですね。  

《これが女性の本音だ!》

・洗濯や料理をするのが当たり前になりつつあると、自分は家政婦かと思う。でも感謝の一言があるだけで俄然やる気が出る! (Hさん・23歳) ・疲れていて早く休みたいオーラを出していたときに、気を利かせてテレビや電気を消してくれたのは嬉しかった。(Mさん・25歳) ・彼の方が先に家を出るとき、寝ていて見送れなかったけどテーブルの上に置き手紙が! 嬉しくてその日の晩ご飯は頑張った♩(Aさん・22歳)  

2位「金銭感覚の一致」

 

意外にも1位に迫る勢いで2位となったのが「金銭感覚の一致」。

同棲とは通常、結婚を考える相手とするものですので、 長期的な視点で考えると金銭面において同じ価値観を持っているかどうかというところは非常に大切になります!

特に、女性はお金に細かい面があります。 「彼、なににお金使ってるのかよくわからない…。」 「光熱費の無駄遣いが目立つし、節約に協力的じゃない!」 彼女にこう言われてしまわないよう、浪費グセのある方は同棲を始める前に我慢を覚えましょう(笑)!  

《これが女性の本音だ!》

・同棲前はデートのときほとんど払ってもらっていたけど、同棲してからは自然と色々なものが割り勘になった。なんだかカップルから夫婦に一歩近づいた感じがした! (Eさん・25歳) ・彼が新しい服を頻繁に購入するんだけど、ずっとこんな調子で大丈夫なのかなってちょっと不安になる…。月に服にいくらお金使ってるの〜〜〜(泣)(Mさん・24歳) ・スーパーの精肉売り場で、1円でも安いものを一緒に探すのが楽しい(笑)! (Rさん・24歳)  

3位「誠実さ」

  一緒に暮らすとなると、やっぱり重要になってくるのは「誠実さ」。 言い換えれば、「浮気をしない」ということですね!

 

同棲していたとしても、それぞれ他に持つ友人付き合いなどで家を空けなくてはならないときもあるでしょう。 そのとき気持ちよく送り出せるかどうかは、それまでに築き上げていたお互いの信頼関係にかかっています。 アナタが普段から嘘をつかず隠し事もせずに過ごしていれば、外泊であろうと彼女は快くOKしてくれるはずです。  

《これが女性の本音だ!》

・「友人たちとオールで飲む」とか言われると不安にはなるけど、普段の彼を考えると「信じなきゃ!」って思う。(Hさん・24歳) ・お互い自由に過ごせる時間は必要不可欠だと思うし、場所や一緒にいる人などこまめに連絡をくれればOK! (Nさん・22歳) ・もはや彼のiPhoneに私の指紋認証も登録してくれてるくらいが安心(笑)(Sさん・23歳)  

「体の相性」「食事の好み」「生活リズムの一致」etc…

    上位ランクインとはなりませんでしたが、複数の女性が挙げていた項目がこちらです。  

《これが女性の本音だ!》

  〜「体の相性」編〜 ・これはやっぱり外せない(笑)。同棲してれば性生活は切っても切り離せないものだと思う! (Rさん・24歳) ・体の相性がよければ浮気もないだろうし一石二鳥かな、なんて(笑)。(Nさん・26歳)

〜「食事の好み」編〜 ・私の好物を彼が嫌いだと自炊で食べれないっていう辛さがある。好きなものは同じの方が楽だな〜! (Kさん・23歳) ・彼が好き嫌いの激しい人だと献立に苦労しそう。(Yさん・22歳)

〜「生活リズムの一致」編〜 ・私が夜勤が多いから、土日の昼くらいからしかお互いが家で起きてる時間がない…(笑)。(Nさん・24歳) ・しょうがないとは思うけど、いつも彼の寝顔を見ながら家を出るのはなんか寂しい。一緒に通勤とか憧れる! (Jさん・26歳)  

ストレスフリーな同棲生活を。

 

女性が同棲相手に真に求めるもの、いかがでしたか?

「同棲する」という行為には相手のイヤな面が見えてしまうというリスクもありますが、 2人の距離をさらにグッと縮めることのできるチャンスでもあります。   「相手の立場になって行動する」ということがひとつのポイントです!

例えば… 料理を作ってくれた彼女のために、洗い物を率先して行う。 生理痛に苦しむ彼女のお腹をさすってあげる。

女性は、「自分は愛されているなあ」と感じる男性の行動に弱いものです。 このような細やかな気配りを心がけて、愛に溢れる同棲生活を手に入れましょう!