【実録!こんなデート、夏にしたい!】〜浴衣で川越編〜9/10まで

love | 2017.8.1

夏にしたいことは、浴衣デート。浴衣デートといえば、花火…だけじゃない!

 


 

梅雨もすっかり開けて、気が付けば8月がすぐそこまでやってきています。

夏が過ぎるのはあっという間。
今しかできないデートを、大切な人としたくありませんか?

夏といえばやっぱり、浴衣で着飾った可愛い彼女を見たくなりますよね。

浴衣でデートといえば花火を連想しがちですが、実はそれだけではありません。

 

今回ご紹介するのは、浴衣を着て、下駄をカランコロンと鳴らしながら、古風な町並みを散歩するという神プラン。

そう、川越です。

 

読者の皆様に最適なデートスポット情報を提供すべく、
Boy.内唯一のカップルが総力を挙げて川越の魅力を徹底的に堪能してきました(笑)。
(実のところ、私が川越氷川神社の風鈴まつりに行きたくて仕方がなかったということは秘密。)

 

どうぞお納め下さい!!!

 

 

−11:30 本川越駅に到着!

西武新宿線線・本川越駅から始まる今回のおでかけ。

西武新宿駅から直通で約50分と、都心から比較的アクセスしやすいところが魅力です。

 

また、池袋駅から東武東上線川越市駅で下車し、そこから本川越駅まで歩くこともできます。

所要時間は池袋駅〜川越市駅が約30分、川越市駅〜本川越駅が約7分となっています。

 

今回、私たちは東武東上線で行ったのですが、涼しい車内で堪能プランを考えていたら
あっという間に到着してしまいました。

 

 

 

−12:00 浴衣に着替えて散策スタート。

本川越駅周辺には、レンタル浴衣&着付けプランを用意しているお店が多くあります。

浴衣、帯、下駄、巾着をすべて貸してもらえるため、余計な荷物は一切必要ありません!

お得なカップル割のプランもあるため、お財布に優しいのも嬉しいですね。

 

メンズ、ウィメンズともに色や模様のバリエーションが豊富で、柄を選ぶのになかなか苦労しました…(笑)。

 

「どれがいいかな〜。決められない!」
「この柄がいい! 似合いそう!」
なんていうお決まりのやり取りをしながらお互いに似合う浴衣を選び合い、川越散策の準備はバッチリ!

なお、当日利用が可能なお店がほとんどですが、スムーズにデートを進めるためにも事前予約をしておくことがおすすめ。
それぞれのお店のレンタル料金や取り扱っている浴衣の柄などは各店舗のウェブサイトから確認することができます。

 

川越・着物レンタルNANAKOの詳細情報

TEL 0120-751-776
住所 〒350-0043 埼玉県川越市新富町1-16-6 ジョイ7ビル3F
営業時間 10:00〜18:00
料金 HP参照
定休日 火曜日・第2、4水曜日
HP http://www.nanabikai.com/

川越着物レンタル 美々庵の詳細情報

TEL 090-3524-8979
住所 〒350-0063 埼玉県川越市幸町14-5
営業時間 平日10:00〜17:00、休日10:00〜18:00
料金 HP参照
定休日 火曜日
HP http://www.coedovivian.com/

−12:30 涼しげなお蕎麦屋さんにて昼食を。

お互いの見慣れない浴衣姿にちょっぴりドキドキしたところで、腹ごしらえの時間。

 

たくさんの飲食店がある川越ですが、なんと言っても気温がとてつもなく高い! 暑すぎる!
(その日はなんと36度でした(笑)。)
ということで、私たちの足取りは自然と「蕎麦」の文字に向かっていったわけです。

 

今回行ったのは、『まかない処 大正蔵』というお店。

お店の中に一歩足を踏み入れると、ひんやりとした空気が火照った身体を冷ましてくれます。

 

席に着き、コップの水をぐいっと飲み干してカラカラの喉を潤し、早速注文。

外の看板に出ていた日替わり定食をいただきました。
天ざるそばと丼ぶり、小鉢がついてなんと1000円!コスパ最高です。

浴衣に、天ざるそば。
これだけで「風情があるなあ。」と感じてしまうような素敵なランチに大満足!

まかない処(大正蔵)の詳細情報

TEL 049-228-1785
住所 〒350-0043 埼玉県川越市新富町1-10-1
営業時間 平日11:00〜15:00、17:00〜22:00、土日祝11:00〜22:00
料金 HP参照
定休日 なし
HP http://www.machikawa.co.jp/taisho/

−13:30 閑静な町並みをカランコロンと歩いてみたり。

お腹も満たされたところで、いよいよ散策開始。

のんびりとしたペースで歩を進め、気になるものを発見したら足を止める。
自由気ままなひとときがそこにはあります。

普段はあまり見慣れない静かで素敵な町並みに
『写ルンです』のシャッターを切る私の手は止まりません(笑)。

歩いていると、こんな面白いスポットも。

「一瞬も逃しはしまい。」とすべてを写真におさめたくなる。
こんなところも川越の魅力です。

−14:15 熊野神社で運試しわなげに挑戦。

散策開始から45分ほどが経ちました。

あまりの暑さに耐えきれず、駆け込んだ駄菓子屋さんで昔ながらのアイスキャンデーを購入(笑)。
ものすごいスピードで液体と化していくアイスと戦いながら歩いていると、涼しげな神社が見えてきました。

ここで私たちがご紹介したいのが、この熊野神社。
開運と縁結びの神様が祀られており、500年ほどの歴史を誇る由緒正しき神社です。

手を清め、御参りをしたら、次は運試しわなげをするべし!

経験者は語ります。この輪投げ、激ムズです。本当に入りません(笑)。
(推定難易度:★★★★☆)

カップルは普通、血眼で「恋愛運」を狙いそうですが、私たちは全力で「健康運」UPを目指し、全力でつき放されました…。
この夏は健康面に気を遣って過ごそうと決意した瞬間でした…。

熊野神社は境内から出るときにも楽しみ方が。

題して、「足つぼロード」。
お道のそばに足つぼを刺激する石の道が用意してあるのです。

経験者は語ります(2度目)。本気で痛かったです(笑)。
興味本位でトライしてみると大変なことになります。

痛いだけの足つぼロードですが、「どっちがはやく渡りきれるか競争」はなかなか楽しかったです。
ちなみに彼が11秒、私が10秒で私の勝ちでした(笑)。

運勢わなげ、足つぼロード、みなさんもぜひお試しあれ!

 

−14:30 COEDOビールを片手に小江戸にタイムスリップ。

食べ歩きや飲み歩きも川越散策の醍醐味のひとつ。
なかでも、キンキンに冷えたCOEDOビールは格別でした!

COEDOビールとは、埼玉で製造されている地ビール。
パッケージの色にちなんだ「伽羅」「瑠璃」「白」「漆黒」「紅赤」という5つの種類があります。

私たちは、涼しそうな店内に惹かれて立ち寄った酒造店で「瑠璃」を購入。
軽やかな口当たりと爽やかな飲み口に、思わず「くう〜っ!」と叫んでしまいました(笑)。

川越はとにかく町並みに趣があります。
気になるスポットを見つけては頻繁に歩みを止めて…。を繰り返しているうちに、
気が付けば2〜3時間が経過しているなんてこともしばしば。

今のような暑い季節は特に、こまめな水分補給が大切です。
私たちもCOEDOビールの他に、冷た〜いほうじ茶やさっぱりとしたお抹茶を楽しみました!

 

 

−15:20 川越氷川神社にて風鈴を堪能。

ついに到着。川越散策の要、川越氷川神社です。

私は声を大にして言いたい。
この川越氷川神社の「風鈴まつり」は最高です! 行かないのはあまりにもったいない!

境内に入ったとたん、無数の風鈴によって奏でられるチリンチリンという涼しげな音色が私たちを迎え入れてくれました。
赤、青、ピンクに黄緑。真っ青な空とさまざまな色合いの風鈴が織りなすコントラストにおもわずため息。

この神社は「家族円満の神様」「夫婦円満・縁結びの神様」として信仰を集めています。
カップルで訪れてお参りすれば、絆が深まること間違いなし。

境内にはこんなかわいらしいおみくじも。
「鯉(恋)みくじ」と「あい鯛(会いたい)みくじ」の2種類があり、両方とも魚の形をしたおみくじを釣ることができます。

私がおみくじを釣ったときは、最初ひもしか釣れずに焦りました(笑)。
そんなちょっとしたハプニングも思い出になるような素敵な空間です。

夏を感じることのできるフォトスポットもあり、大満足な私たちでした!

なお、2017年の風鈴まつりは「9月10日」までの開催です。
気になった方は急いで! 夏の予定に組み込んでしまいましょう!

—17:00 本川越駅に到着。

 

楽しかったおでかけもあっという間。
いよいよ帰りの時間が迫ってきました。

読者の皆さんも想像がつくかと思いますが、
帰り道の疲労感はハンパじゃないです(笑)。

川越氷川神社〜本川越駅間を走るバスも運行していますが、
当然利用者も多く、車内ではあまりゆったりできません。

ここで耳寄りな情報が!
氷川神社入り口には参拝客が利用できるよう、常にタクシーが止まっています。

さらに、「風鈴まつり」開催期間中は川越氷川神社〜本川越駅間を定額800円で運行していて、
普段よりお得な料金でタクシーを利用することができます!

涼しい車内でひとやすみしていたらあっという間に駅に到着。
借りた浴衣や小物はきちんと返しましょう!

騙されたと思って、行ってみて!

いかがでしたか?
川越での浴衣散策デートの魅力は伝わりましたでしょうか。

読者のみなさんの中には
「最近デートのネタが尽きてきたなあ。」と感じているマンネリカップルの方や、
「気になるあの子とどこに行こう。」と悩んでいる片思い中の方もいらっしゃると思います。

今回ご紹介したこの川越デートプランは、
「新鮮さを感じられる」
「これぞ王道デート!」
「東京から一時間足らずなのに非日常感を味わうことができる」
と、いいことづくめ!

実際の体験をもとに書いたこの記事ですが、筆者はこのデートプランをみなさんに自信を持っておすすめできます。

まずは騙されたと思って、川越まで足を運んでみませんか?

(暑い中、写真撮影おつかれさまでした(笑)!)