【今のバイトに満足してますか?】新しいバイト探し〜飲食編〜

lifestyle | 2017.8.29

いま働いてるバイトに満足していますか?

大学生になって、「4月からついにバイトスタート! たくさん稼いでたくさん遊ぶぞー!」
…のはずが…
上司と合わない、時給と労働が見合わない、バイト行きたくない…..ってなっていませんか?

そんなあなたに、朗報です! 
今まで数々のバイトをやってきた私が、バイトの職種別に、長所短所を紹介しましょう!

今回は、飲食系に絞ってお伝えします。

飲食系バイト5選

飲食バイトと言ってもたくさんの種類があります。

その中でも今回は、カフェ・居酒屋・レストラン・焼肉屋・ファミレス・ファーストフード店と、皆さんが選びがちな、飲食バイトの王道5つにフォーカスを当てていきます。

1.カフェ

出典元 tabelog.com/

カフェバイトは、多くのおしゃれ大学生の憧れ。落ち着いた雰囲気のカフェでゆったりとコーヒーを入れて…そんなバイトを理想的に感じる人も多いでしょう。最初は、カフェバイトの長所短所を見ていきます。

 

長所

・動き回らなくていい
飲食のホールは、店中を右往左往することが多いですが、カフェは違います。基本的にカウンターの中で仕事が終わるので、あまり動かずに済みます。
ホールバイトで一番大変とも言える予約の管理。2時間制、ラストオーダー…忌まわしい時間の拘束や管理が必要ありません。ただ、来たお客さんをさばいていくだけです。

・閉店が早い
大体のカフェは、21:00〜22:00には閉店します。なので、締め作業を終えても、早いところでは21:30〜22:00に上がれます。
「夜遅くまでバイトして、次の日1限に行くのは嫌だ…」、「課題もバイト後に済ませたい…」という人には、ありがたいはずです。

短所

・自給が安い
とにかく、時給が安い! これに限るでしょう。カフェバイトの時給は、都内でも900円代のものが多く、平均しても1,000円行くか行かないかぐらいです。時給を重視する人は、向いていないかもしれません

 

・覚えることが多い
カフェバイトは、他の飲食のようにキッチンとホールで分かれていません。なので、両方の作業を覚えなくてはいけません。特に、全てのドリンクの作り方を覚えるのは本当に大変です。店によっては、テストがあるところもあるそうです。

2.居酒屋

出典元 shutterstock.com
居酒屋ってワイワイしてるし、たくさん友達もできそう…!そう思って居酒屋を検討する人も多いでしょう。2つ目は、そんな居酒屋についてです。

長所

・言葉遣いや行儀にあまりこだわらない
居酒屋は、お客さんもただワイワイ楽しむために飲みに来る人が多いし、基本的にうるさい空間です。そんな中だと、従業員に求められることも少なくなっていきます。例えば、暇な時間に他のスタッフと話していたり、飲み物をテーブルに置くときに「ドンッ」と大きな音を立ててしまっても、気分を悪くするようなお客さんはまずいないでしょう。

・大人数でワイワイ働ける
居酒屋は、基本的に忙しいので、一回に入る人数も多いです。中でも学生バイトが多いところは、サークル感覚で働けて、同世代の友達も増えて、楽しいバイトになるはずです。

短所

・動き回る
当たり前ですが、居酒屋で最も注文されるものはドリンクです。さらに、飲み放題にするお客さんが多いので、頻繁に客席とキッチンを行き来しなければなりません。新しい飲み物を持って行ったら、次の飲み物を頼まれ、また持って行っては頼まれ…この繰り返しです。ジョッキも一度にたくさん持ち運ぶので、重いし足がとても疲れます。

・汚い
潰れてしまったお客さんの対処やトイレ掃除もスタッフの仕事です。吐瀉物の処理、動けないお客さんの対応、すべてをこなさなければなりません。当然、人の汚いものにも触ることがあるだろうし、席を片付けるにも散らかっていることが多いです。

3.レストラン

出典元 tabelog.com

飲食店がいいけど、落ち着いたところがいい…そんな人に選ばれがちなのがレストラン。高級なフレンチやイタリアンから小さな洋食屋さんや料亭まで、幅広くあります。

長所

・下げものが少ない
居酒屋や焼肉屋に比べ、明らかに下げものが少ないです。例えば、洋食屋さんなら、パスタやオムライスなど、1皿で食事が収まってしまう場合が多いです。ドリンクも1杯しか頼まない、または水で済ませる人が多いので、一度注文されたものを提供すれば、基本的に食べ終わるまでそのテーブルに行く必要がありません。
(店によってはお水のおかわりで回るところもあります)

・落ち着いた雰囲気
お客さんも、騒ぐというより話をしに来ている人が多いので、店内は、うるさくなく、落ち着いています。そういう点を踏まえると、レストランは、カフェと居酒屋の中間的なものであると言えます。

短所

・マナーに厳しい
落ち着いている分、お行儀や言葉遣いに厳しいところが多いです。もしそのような細かいところを気にせず働きたいなら、他のバイトを探したほうが吉でしょう。

4.焼肉屋

焼肉の画像 出典元 tabelog.com

お肉大好き! 肉の賄いが食べたい! そんな人は一度は考えるであろう焼肉バイト。居酒屋と似ているようにも思われがちですが、微妙に違うんです。

長所

・ワイワイ騒げる
ここは、居酒屋と同じですね。焼肉屋は、まず焼く音がうるさいし、それにつれてお客さんの話し声も大きくなるので、店内はどこも賑わっています。バイト同士のおしゃべりや少しの言葉遣いの乱れなど、誰も気にしていません。

・お肉に詳しくなれる
これは、人によっては長所に感じない人もいるかもしれませんが、地味に使えます。「食べ放題に来てみたものの、どの部位がどんなお肉なのかわからない…」、「適当に頼んではみたものの、結局焼いちゃったらどれがどれだかわからない…」。
こんな経験をしたことありませんか? 焼肉屋で働くと、それが無くなります。働いてるうちに、どのお肉がどの部位か、また、どんな味なのかがわかっていくので、焼肉を食べるのが楽しくなるし、一緒に食べに来た友達にも喜ばれます。

短所

・下げものが多い
肉だけでなく、肉の味付けにも種類があるので、全体的な種類がとても多いです。当然ながらお皿の量も多くなります。
それに、提供しても、鉄板の上に載せたらもうお皿は要無し。どんどん下げるお皿は増えていきます。洋食屋みたいにパッと一回下げて終わるのではなく、何度も席の周りをうろうろして、少しづつ下げていかなければなりません。

・忌まわしい食べ放題
誰もが行ったことがあるであろう焼肉の食べ放題。ついつい頼みすぎちゃって、終盤には「もう焼肉なんて見たくない…」なんて後悔することもよくあるはず。みなさんにも身に覚えはあると思いますが、食べ放題のときのスタッフさん、とても大変そうですよね?
…本当に大変なんです。やっぱりお客さんは食べ放題となると思いついたらすぐ頼む傾向にあるので、居酒屋の飲み放題と一緒で、配膳しては注文、の繰り返しです。これにプラス飲み放題がつく場合も多々あるので、とにかくピーク時は地獄絵図です。

・臭いがつく
これは、焼肉バイトの永遠の課題かもしれません。炭火、鉄板、ガスコンロなど、お店によって火の種類が違うのですが、どれも煙を放ち、髪や服に染み込みます。焼肉バイトの後に恋人と会うのはやめましょう。
しかし! 臭いは高級店になるにつれて気にならない傾向にあると思います。空調がしっかりしているので、バイト後もすっきりした自分でいるためには高級な焼肉屋を探すのも一つの手かもしれません。

焼肉屋について、食べ放題などをやっている安めのお店にフォーカスを絞ってお話しましたが、実際には、高級焼肉屋さんもあります。高級焼肉屋さんは、基本的にレストランと同じ感じだと思ってください。レストランの下げものが多くなったver.です。

 

5.ファミレス・ファーストフード店

出典元 shutterstock.com

初めてのバイト候補によく上がるファミレスとファーストフード店。この2つの共通点は、ほとんどが大手会社であることです。相手が大手だと、どのようなことが変わるのか、覗いてみましょう。

 

長所

・福利厚生がしっかりしている
大手なので、交通費の支給、深夜手当てなどがしっかりとしていて、うやむやにされたりすることがありません。

・マニュアルが決まっている
これも人によって良し悪しが分かれるとは思いますが、初心者にはとてもありがたいことです。「初めてのバイトで臨機応変に対応する余裕がない…」。そんなとき、マニュアルがしっかりしていると、常に頼れる味方が隣にいるようなものです。大体のことをマニュアルで把握できるので、努力次第であっという間に仕事を覚えられます。

短所

・メニューが多い
これはファミレスに言えることですが、ほとんどのファミレスは、和洋中など様々な種類の料理を提供しているため、非常にメニューが多くなっています。そのため、覚えるのがとても大変です。

・時給が安い
これは、ファーストフード店に言えることです。カフェと同様、都内での平均が1,000円いかない安時給バイトです。

いかがでしたでしょうか?

飲食、と言われて思いつくものを5つに分類してご紹介してみました。

飲食店で働くにあたって、賄いを一番求めている人も多いかと思いますが、賄いの有無は職種に関係なく、会社ごとに違います。無料で食べられるところ、200円や300円などお金がかかるところ、賄いの有無が不定期、または賄いがない…大体この4パターンのどれかです。

このうちのどれに値するかは、直接聞かない限りわからないので、電話や面接をした際に、お店の人に聞いてみましょう。

 

さあ! 夏休みは新バイトでいっぱい稼いで、遊びまくりましょう!!