【夏のデートはこうでなくちゃ!】〜浴衣デートでエスコート編〜

love | 2017.8.28

浴衣デート、意外と注意すべきこと多い説。

いよいよ8月もおわりかけ。
彼女や気になるあの子との浴衣デートはもう満喫できましたか?

まだだというそこのあなた!

最近では浴衣で行けるおでかけスポットや秋の花火大会もあり、浴衣デートのチャンスはまだまだ残っています!

しかし、浴衣デートには「デキ男かどうか」が顕著にわかってしまうというこわ〜い一面も…。
そこで今回は、浴衣デートの際に気をつけるべきポイントを厳選してご紹介。

まずは、この記事を読んで、浴衣デートでの注意点や女の子に対する気配りを徹底的にマスターしよう!
まわりのライバルから一歩リードできること、まちがいなし。

注意点その1:歩く速度はゆっくりと

出典元 shutterstock.com

女子目線で言わせてください。
浴衣って、とにかく歩きにくいんです。

浴衣は伸縮性もなく、着崩れしないようキツめに身につけているため、足をあまり広げられません。
そのため、大事なのは歩くスピードを彼女に合わせてあげること。

ゆっくり歩くことを想定して、ゆとりを持ったおでかけプランを練りましょう!
歩みを進めながら、ベンチなどでこまめに休むことも忘れないで。

気を遣って歩幅を合わせてあげることができれば、彼女との気持ちの足並みも自然と合うはず。
浴衣デートを通じて、絆をさらに深めてしまおう!

注意点その2:絆創膏は必需品

浴衣でのおでかけに欠かせないのが下駄。
せっかく浴衣を着ているのだから、足元もサンダルではなく下駄の方が風情がありますよね!

しかし、浴衣のときにしか履かない特別なものだからこそ、下駄で歩くのはなかなか大変…。
デートの最中に靴擦れで痛そうにしている彼女の顔なんて見たくないですよね。
気持ちよく歩きたいものです。

そこで大活躍なのが絆創膏!
いた〜い靴擦れですが、絆創膏を貼るだけでだいぶ痛みを和らげることができるんです。

靴擦れしたことを自分から言い出せない子も多いはず。
彼女の歩くスピードには常にアンテナをはりましょう。
歩きづらそうにしていたら忍ばせておいた絆創膏をサッと差し出して。
「デキる男」認定まちがいなし!

注意点その3:階段はなるべく避けよう

出典元 shutterstock.com

浴衣を着た女の子は普段より何倍も可愛く見えるといいますが
やはりその分、代償も付き物。

この記事でもしつこいくらい書いていますが
浴衣はとにかく、とにかく歩きにくい(笑)!

階段をのぼるためにはどうしても足を広げる必要があり
浴衣の着崩れにも繋がってしまいます。

駅構内や建物内の移動などでは階段を避けたコースを選び
彼女を優しくエスコートしましょう。

注意点その4:汗拭きシートをサッと差し出して

浴衣って通気性が悪いですよね。
たくさん歩いたり、打ち上げまでの時間を待ったりしていると気がつけば汗ダラダラ。
「せっかくきちんとメイクしたのに落ちちゃう…」
なんてこともしばしばです。

手を繋いだり、ぎゅっとハグしたりするとき、汗臭いのはお互いに良い気分はしませんよね。

そんなときに有効な「デキ男」アピールはこれ!
汗拭きシートを忍ばせておくこと!

ひんやりとした気分になれる商品は複数ありますが、浴衣デートのときは液体ではなくシート状のものがおすすめ。

液状のものは万が一ゆかたに垂れてしまうと、溶けている粉末がシミになってしまいます。

様々な香りが展開している汗拭きシート。
あえてシンプルに、せっけんの香りなどさっぱりとしたものを選ぶと◎です!

浴衣デートするにはもう遅くない…?

ここまででご紹介してきた数々のエスコート術。

「たしかにノウハウはわかったけど…もう夏おわりだし浴衣で行く場所ないじゃん…。」
そう思ったそこのアナタ。

なにをおっしゃいますか! ありますよ、浴衣でのおでかけスポット!

〜川越の町並みを浴衣で巡ろう〜

小江戸感漂う古風な町並みを浴衣で涼やかに巡るおすすめデートプランです。

川越氷川神社開催中の「風鈴まつり」はまさに必見!
9月10日までと終了期間も迫っていますので、興味のある方は今すぐ予定を確認して。

〜秋の花火大会に行こう〜

9月、10月の花火大会

出典元 nagaokamatsuri.com

花火は夏だけ、なんて思っていませんか?
実は近年、秋の花火大会も増えてきているんです。

意外かもしれませんが、浴衣を着た来場者の方も多くいます。
やっぱりカップルで浴衣を着て花火を観るのは憧れですよね。
「夏に機会を逃してしまった…。」という方はぜひ!

浴衣×エスコート=デキ男

さて、浴衣でのおでかけの予定は立てられましたか?

この記事を読んで、誰か特定の相手が頭に浮かんだアナタ。
いますぐ勇気を出して誘いましょう。

だってアナタはもう、女子目線で考えた「浴衣デートでの注意点」を完璧におさえているんです。
簡潔に言って無敵です。

今からでも遅くない、二人だけの、ステキな夏の思い出を。