【必見】おしゃれになるためのポイントって?

fashion | 2017.11.2

おしゃれになりたいと思えたら既に中級者

 

突然ですが、あなたはおしゃれになりたいですか。
少なくともおしゃれに興味がある方でなかったらこの記事にはたどり着かないかと思います。

では、おしゃれになるためには何が必要でしょうか。
おしゃれを心掛ける上でまず大切なのがおしゃれになりたいという意識を持つ事が大切なのです。
つまり、身の回りを気にかけるあなたは、既におしゃれに対する意識がワンランク上の状態に達しているのです。

 

おしゃれをするにはどうすれば良いの?

出典元 shutterstock.com

一口に”おしゃれ”といっても、対象がファッションであったり、はたまたインテリア、ライフスタイルなど人によって捉え方は様々かと思います。
そのため、まずは自分にとってどんな物がおしゃれなのか具体的に決める事が大切です。

自分のおしゃれと思う対象がファッションなのかインテリアやライフスタイル、またはその他のものなのかはっきりさせておきましょう。

具体的にイメージする事によって自分の目指すべき目標が明確になります。
次に自分がおしゃれだと思う人から学びましょう。
例えばコーディネートの仕方を真似してみたり、その人の雰囲気や好みの物などを寄せてみたりしてみる事で自分の思うおしゃれに少しずつ近づける事ができます。

 

おしゃれな人の共通点

先ほどにも書きましたが、おしゃれな人からは色々と学ぶ事が多いです。

コーディネートの工夫やインテリアの配置の仕方など凝った演出を真似してみるだけでも勉強になります。

おしゃれな人には共通してある特徴があります。

ここではそのおしゃれな人の共通点をご紹介します。

 

1.統一性がある

おしゃれな人は統一性を持っている方が多いです。
それはおしゃれに対するこだわり意識の現れでもあり、好きな物は好き、苦手なものは手を出さないというように自分にとっての理想像がハッキリしているという事です。
また、ただ単に好きな物だけ揃えるのではなく、好きな物の中からまとまりを持たせる様に工夫する事も大切です。

自分の中のスタイルを確立してブレさせない証拠ですね。

おしゃれをすることにおいての統一性は、他の人が見てもこだわりが目に見えやすいので、心掛けるとグッとおしゃれさんに近づけます。

 

2.豊富な知識

https://www.shutterstock.com/home 出典元 shutterstock.com
おしゃれをする上で重要なのがそれに対する”知識”です。
ファッションで例えてみましょう。
なんとなく自分の好きな物を揃えて全身をコーディネートをしている人と、様々なコーディネートの知識を活かしつつ、その洋服の素材感やディティールにこだわってコーディネートを組み合わせている人。
どちらがおしゃれな人に見えるでしょうか。
もちろん、おしゃれの感じ方は人によって違いますのでどちらが良いか人それぞれかと思いますが、後者の人の方がおしゃれな人に見えませんか?
おしゃれに関しての知識があるだけで考え方やイメージが掴みやすくなり、おしゃれをすることがより楽しくなるかと思います。

3.経験

出典元 shutterstock.com
おしゃれをする上では経験がモノを言います。
おしゃれな人も初めからそうだったかと言われるとそんなこともないはずです。
様々なおしゃれの仕方を経験して、自分にしっくりくるイメージが掴めたからこそ今があるのです。

そのような経験がない人でも様々な形のおしゃれに触れることで、自分に合ったおしゃれの仕方を身につけていくのです。

この様な経験の中で得られたおしゃれは、自分のアイデンティティーとも呼べるでしょう。

そのため、おしゃれの経験が皆無であったとしても落ち込むことはありません。

おしゃれは根気よく続け、楽しむものです。

誰しも、おしゃれに関するスタート地点は一緒だということを押さえておきましょう。

4.自分のことをよく知っている

出典元 shutterstock.com

服のサイズなどはもちろんのこと、おしゃれな人は自分に合った色や自分らしいモノを取り入れることが上手な方が多いです。

その理由は、自分のことを客観的にみることが上手いからです。

客観的に見ることで、自分のやりたいことが自分にとって行き過ぎていないか、冷静に考えることができ、取捨選択がし易くなります。

自分自身のことを客観的に見たとき、自分がどんな人間でどんなモノを好むのかあなたはすぐに浮かんできますでしょうか。

おしゃれをする上でおいても、自分の身の丈に合ったものを選ぶことが大切なのかもしれませんね。

 

5.自信がある

『自分に自信がある=ナルシスト』

と思われがちですが、おしゃれにこだわり始めてこそ芽生えてくるのが”自信”です。

こだわりが強くなればなるほど、それに伴い自信も大きくなります。

逆にナルシストの人には実は自信がない人が多く、自分自身をよく見せたい、自信がある様に見せたいという精神的な防御反応によって生じているのです。

結果、そのナルシズムからは精神的なストレスしか生まれずに自信は付くことはありません。

ただ単純に、自分がおしゃれだと自慢するだけのナルシストではなく、自分自身のこだわり抜いたおしゃれの仕方を、堂々と表現出来ることが自信の表れだと思います。

そこには明らかな差が生まれて来るはずです。

恥ずかしがらず、無理のない程度に自分なりの表現方法をしてみましょう。

6.清潔感

出典元 shutterstock.com
人間の印象の9割は視覚で決まります。

第1印象が不潔に見られてしまったら、そこからおしゃれな人と感じてもらうには苦労することになるでしょう。

どんなに身の回りの物に気を遣っていても、爪が伸びていたり、髪に付着したフケがあったり、荒れた肌などと不潔感漂う様では、他者から見た印象はいつまでも良くないでしょう。

身の回りの物だけではなく、自分自身にも気を遣ってあげましょう。

おしゃれは内からにじみ出てきます。

“体の汚れは心の汚れ”ともいう様に不潔感のある人は見た目にもその不潔感が現れてくるのです。

そのため、おしゃれをする上では清潔感を出すことも大切です。

7.自己満足度が高い

散々おしゃれのポイントを書いてきましたが、おしゃれをする上でこの”自己満足”は1番大切です。
他人におしゃれだと思われる前に、自分が満足できる様なおしゃれが出来ていますか。
他の人の評価を気にしながらするおしゃれは、果たして自分にとっての理想のおしゃれでしょうか。
自分のやりたい様なおしゃれの仕方で満足感を得られる方が、おしゃれをより楽しめるかもしれません。
あまり、他の人の評価を気にせずに自分のやりたい様なことが表現出来ている人こそ、本当のおしゃれさんだと思います。

結局のところ、”おしゃれ”って?

おしゃれに到達点はありません。
どんなにおしゃれな人であってもより自分の理想に近づくためにおしゃれを求め続けています。
つまり、おしゃれとはなる事ではなく”常に追い求め続ける姿勢”が大切なのです。
自分の理想を追い求める事は簡単なことではありません。
ですが、その難しさこそがおしゃれの楽しみでもあり、それらを理解できている人こそ本当の意味でのおしゃれさんだと思います。
これを読んでいるあなたのおしゃれへのお力になれたら幸いです。