【ブランド紹介】Anachronormの魅力-アイテム編

fashion | 2017.10.27

あなたの新たな選択肢になるAnachronorm

出典元 anachronorm.jp

10月に入り、そろそろ秋・冬服に手をつけなければならなくなりました。そんな、「季節の変わり目の今=新シーズンに向けた服を用意したくなる今」だからこそ、新たなブランドを紹介する意義があると思うのです。

Anachronormというブランド

展開スタートは2004年で、ブランド名の由来は「Anachronism(時代錯誤であるが、それ故に希少価値がある)」と「norm(基準)」からくる造語で「アナクロノーム」と読みます。コンセプトは「新たな時代のための次なるビンテージの創造」で、そのコンセプトのもと、リアリティのあるビンテージ加工、リメイク、エイジングに力をいれています。なので、ビンテージの代表格である”デニム”を取り扱ったアイテムは必見です。
日本のブランドであり、日本の素材や技術を最大限に活かした製品づくりが特徴です。

筆者が感じたAnachronormの3つの魅力

筆者とAnachronormの出会いは、2年前とかそんな前ではなく、2日前とかそんな最近でももちろんなく、2カ月前でした。出会った場所はとあるファッション雑誌。そんな大々的に紹介されていたわけではなく、10個ほどさまさまざなブランドのアイテムが紹介されているなかの1つにAnachronormのアイテムが紹介されていて、それを見たときに「どことなく好き」と一目ぼれをしたのを今でも覚えています。それからは急ぐ必要などないのに、急いでAnachronormをネットで調べて、そこに載ってるアイテムはどれをとっても筆者好みのものばかりで、今こうして読者の皆さんに紹介しているにいたっています。では、筆者独自の目線で、Anachronormの魅力をお伝えしていきたいと思います!

魅力1.ヨーロピアン風なアーバンでカジュアルなアイテムがそろっている

私は「Men’s FUDGE」に掲載されているようなヨーロピアン風なアーバンでカジュアルでクールなファッションにずっと憧れをいだいていて、そんな私のストライクゾーンに真っすぐはいってきたのが、Anachronormのアイテムでした。
ということで、まず1つめの魅力としては「ヨーロピアン風なアーバンでカジュアルなアイテムがそろっている」ということですね。

魅力2.ビンテージのアイテムがとにかくカッコいい

また、私は古着の使用感による古臭いかっこよさや、年の経過ごとにますカッコよさであるビンテージ感が好きで、Anachronormが上記のコンセプトをかかげていることもあって、調べてみるとAnachronormは古着もあって、それもまた風合いが良く、いい味がでていて、とてもカッコよかったです。
それが2つ目の魅力で「ビンテージのアイテムがとにかくカッコいい」です。

魅力3.シンプルだけど、品のある上質なアイテムがそろっている

アイテムを通して、柄物やダメージ加工といったアイテムは少なく「シンプルなアイテムが多いなあ」という印象をうけました。シンプルでいて、品のある上質なアイテムになっているのはきっと上記でのべた素材や技術にこだわっているからだと思います。
ということで、3つ目は「シンプルだけど、品のある上質なアイテムがそろっている」。
このほかにも細かく魅力を上げたらあるのでしょうが、筆者が感じた魅力はこのへんでやめておきます。

魅力を伝えたところで、アイテムをみていきましょう!

Anachronormのアイテム紹介

Tops

●HEAVY WEIGHT L/S POCKET TEE

出典元 anachronorm.jp

長袖のTシャツのご用意はお済ですか? まだという方へ一案としてこちらのアイテムを紹介します。多用すること間違いない”白の長袖Tシャツ”。「白Tシャツは質より量」とコスパを求める方もいると思います。たしかに、少し値段ははりますが、大切な人との大切なデートといった”ここぞ”というときように1着上質な白Tシャツを用意しておくと、「この人身なりもしっかりしているな」という印象をあたえると思うので、1着とはいいませんが持っておくことをおすすめします。カラーは白、黒、茶色の3色展開。¥10,000(税抜)

●HEAVY WEIGHT THERMAL HOODIE

出典元 anachronorm.jp

冬はカラーリングが大事! 紺、黒のアウターを使用しがちなので印象が重くなりがちだからです。そんなときには「挿し色」をコーデに取りいれることで簡単に印象は明るくなります。そんな挿し色を取り入れるためのアイテムとして紹介したいのがこちらのプルオーバーのパーカー。これを暗めのアウターの下に取りいれることで誰でも挿し色使いになれます。ロゴやポケットなど無い、このどシンプルな感じがまたおしゃれですね。¥16,000(税抜)

●HALF ZIP SWEATSHIRT

出典元 anachronorm.jp

こちらも挿し色を取りいれるのに利用できるアイテムなのは間違いないのですが、それ以外の特徴としては「フードがない」「ハーフジップ」のところですね。意外と「フードない方が好き」という人もいるのでそういった方のためにさきほどのフードがあるパーカーとは別のフード無しのアイテムを紹介しました。また、「ハーフジップ」なので、あえてジッパーをちょっとあけて中のTシャツをみせたりして、こなれ感を出したりできて幅広くおしゃれができるのがいいですね。カラーの種類が他に黄色と紫など特徴的なのがあるのでぜひチェックしてみてください! ¥19,000(税抜)

●INDIGO TYPEWRITER BALMACAAN COAT

出典元 anachronorm.jp

Aシルエットなロングコート。冬に大活躍してくれそうな雰囲気をかもしだしているのは画像からでも存分に伝わってきますね。中のボタンの部分を見せずに同生地同カラーの統一感があるところにこのアイテムのカッコよさがでています。カラーは3色展開です。¥58,000(税抜)

●DAMAGED TWILL COWBOY COAT

出典元 anachronorm.jp

1つ前のアイテムとは打って変わって見るからにデザイン性に重きをおいたアイテム。独特のカラーのコントラストが、いい感じの色落ち加減を表現していておしゃれですね。古着ではないのに、これだけの使用感がでているのはさすがの一言です。黒のワントーンコーデに、このコートを羽織ったらおしゃれすぎます。おしゃれ上級者になりたい方はぜひ取り入れてみてはどうでしょうか? ¥68,000(税抜)

Bottms

●CHINO TWILL TUCK TROUSERS

出典元 anachronorm.jp

黒のボトムスは1着はもっておきたいですよね。コットン100%のチノパンで安めのチノパンとは一線を画すような上質な仕上がりになっています。カラーは黒の他にベージュがあるのでお好きな方を選べます。¥22,000(税抜)

●HERRINGBONE OVERALL

出典元 anachronorm.jp

意外と着てみたいと思ってはいるけど、思っているどまりで買うにいたらない「オーバーオール」。Anachronormのオーバーオールはかわいさとカッコよさを同時に取りいれつつ、シンプルさを表現したものとなっています。ですので、この機会にチャレンジしてみる価値はアリです! ポイントなっている胸元のポケットやボタンがシンプルだけどデザイン性を忘れずに演出しています。¥32,000(税抜)

●OVERDYED WORK JUMPSUITS
出典元 anachronorm.jp

流行りの90年代スタイルの1つである「work(ワーク)」なスタイル。その流行なアイテムでもある「ワークジャンプスーツ」。あまり着慣れない同アイテムですが、絶妙な風合い、使用感がたまらないアイテムですね。胸元の色落ちしかけたロゴとポケットがいいポイントになっています。¥38,000(税抜)

Other

●G-I BELT

出典元 anachronorm.jp

どうしてもベルトは優先順位が低くなってしまいますよね。だって、服に隠れて見えないでしょって。でも、ほんの一瞬何かの拍子でみえたときに、そのベルトが人とは違う目をひくベルトであったらとてもカッコいいですよね。また、タックインが流行していることもあるので、単純にベルトがみえる機会が増えているのも事実。そんな一瞬のためと、タックインが流行中の今だからこそ、Anchronormのデザイン性とシンプルさに富んだベルトはいかがでしょうか?
ベルトにまでこだわれたらかっこいい。¥9,000(税抜)

●CORDUROY LEATHER BUCKLE CAP

出典元 anachronorm.jp

秋・冬のトレンドであるコーデュロイ生地のキャップ。丸みのあるデザインとコーデュロイ生地が織りなす”温かみ”は秋・冬には欠かせないアイテムになるかもしれませんね。カラーは5色展開です。¥9,000(税抜)

●SUEDE GLOVE

出典元 anachronorm.jp

冬のマストアイテム「手袋」。冬はそういった小物にもこだわりをみせた人がおしゃれな人認定されます。スウェード生地で触り心地はもちろんのこと、中の生地にもこだわりをもたせたAnachronormの手袋は保温性も抜群。この冬に取りいれてみてはどうでしょうか? ¥8,800(税込抜)

次回はAnachronormの2017AWコレクション紹介

出典元 anachronorm.jp

いかがだったでしょうか? 主観的に魅力を伝えてしまったのですが、この記事を読んで1人でも多くの方が「Anachronormが気になった!」って思ってくれたらうれしい限りです。

最後に、Anachronormに興味を持った方のために、ここでは紹介しきれなかったアイテムがまだまだあるので、そちらのチェック用にURLを張っておきますね。
Anachronorm公式HP anachronorm.jp
Anachronorm 通販① radical-vintage.com
Anachronorm 通販② sambanatural.com

保存保存