待望! [uniqlo×j.w.anderson] コラボアイテムが発売。

fashion | 2017.10.1

“ファッションの民主化”を実現

出典元 uniqlo.com

今、話題になっているUNIQLOとJ.W.Anderson(ジェーダブリューアンダーソン)とのコラボ。
今年の3月に話が挙げられていたが、待望されていたものが遂に今月の22日に発売された。世界を代表するファストファッション、UNIQLO。安価かつ、機能性、スタイリッシュなデザイン性が特徴で年齢層関係なく、幅広く愛され続けている。そして英国を代表するファッションブランド、JWAはシンプル性の中に求めるモード性が美学。
互いのシンプルさが調合された今回のコラボは人気沸騰中である。

デザイナーであるジョナサン・ウィリアム・アンダーソン氏はロエベのクリエエイティブ・デザイナーとしても活躍している。俳優として活動していた彼はステージ衣装に興味を持ち始め、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業。
その後、ロンドンのファッションフィークでデビューし、彼の洗練されつつもどこか面白みのあるデザイン性は人気を集め、今では世界を代表するブランドとなった。

アンダーソン氏はUNIQLOとのコラボについてこう語っている。
「デザインにおけるコラボレーションの重要性には、とても大きなものがあります。ユニクロといえば、多くの時間を費やして考え抜かれた、完璧なものづくりが思い起こされます。大変に難しい仕事ですが、ユニクロはこの点に非常に長けています。
ユニクロとの仕事は、おそらく最も優れたファッションの民主化のモデルケースと言えるのではないでしょうか。また、自分のデザインを手に届く価格で多様な人々に届けられることを嬉しく思います。」

民主化のモデルケースが大きなポイントとなっているコラボは完璧に実現されているといっても過言ではない。安価でかつ、クオリティーを求めた面と見れば、おそらく近頃でもあまりなかったと思わせるアイテムが出揃っている。実際に足を運んでみたが、その値段でこのクオリティーを出せたかという印象が強かった。

まずは、おすすめのアイテムを紹介していきたい。

UNIQLO×J.W.Anderson のアイテムを厳選

●ツイードコート+E

出典元 uniqlo.com

ツイードコート+E

¥14,900(税抜)

英国の伝統的な素材であるヘリンボーン柄のツイード素材を使ったコート。
ヘリーンボーン柄とはよく「ニシンの骨」と言われ形状がV字形にまたは山形と逆山形が連なった柄である。よく英国のスーツや冬用のコートに使われる。ウール素材で、UNIQLOならではの断熱材を使った機能性が実現されていて、かつJWAの英国風のデザインが最もしっくりくるような一着。
全アイテムの中でも最もシックで上品なイメージが強く、シルエットも申し分ない。コートの丈感でいうと日本人の体型なら膝上より少々上にくらいであり、すっきりとした着こなしを可能にする。

●エクストラファインメリノボーダークルーネックセーター(長袖)

出典元 uniqlo.com

出典元 uniqlo.com

エクストラファインメリノボーダークルーネックセーター(長袖)

¥3,990(税抜)

上質メリノウール100%の艶やかで繊細で美しいJWAのデザインが象徴される色柄が映えるボーダーニット。手にしてみたところ、近くで見るにはUNIQLOの普通のニットという印象が強い。
言い換えれば、繊維に注目できる。わずか19.5マイクロンしかない極細繊維であるエクストラファインメリノウールを100%使用がされ、だからこその光沢感がUNIQLOらしさがある。
そしてこのニットの最大のポイントはこの色柄。発色の良さが良い意味で目立ち、特にこの色柄の陰陽がとても魅力的である。今回出された3色のニットの中でも最も使い回しが効くであろう。そしてこの値段が何よりも惹かれる一つである。コラボアイテムの中で成功系に最も近いアイテムであると感じる。

●オーバーサイズタートルネックセーター(長袖)

出典元 uniqlo.com

 

出典元 uniqlo.com

オーバーサイズタートルネックセーター(長袖)

¥3,990(税抜)

レディースのコレクションで出されているタートルネックセーター。レディースでも大きめのサイズならばメンズが容易に着こなすことができる。シルエットはトレンド感があるオーバーサイズ。ゆったりめに落ち感のあるSHAREEF(シャリーフ)風のセーターである。
また、色味も今回はブルーをチョイスしたが、黒、白と英国風のボーダーと着回ししやすい色が出されていておすすめである。
そして、なんといってもこのデザイン性。袖口にブラウジングできるリボンがあり、自分好みに調整できる。オーバーサイズながらも丈感自体は短いためすっきりとしたシルエットを好みにする人にもおすすめです。

●エクストラファインコットンブロードシャツ(長袖)+E

出典元 uniqlo.com

出典元 uniqlo.com

エクストラファインコットンブロードシャツ(長袖)+E

¥2,990(税抜)

UNIQLOがシンプルなアイテムが多い分、注目を浴びるデザイン性をも重視したシャツ。背中とポケットのデザインの切り替わりが魅力的な一着であり、上質なコットン100%を使用しているため、何度でも手に取って着てしまうようなアイテムである。バリエーションが3つある中で特に気に入ったのがこのストライプ型のシャツ。
どこかGARCONS(ギャルソン)を思わせるよう浮かび出てくるデザイン性にUNIQLOのシンプルさが一番さりげなく浮かんでいるアイテムだと感じる。

●ウールブレンドパンツ+E

出典元 uniqlo.com

出典元 uniqlo.com

 

出典元 uniqlo.com

ウールブレンドパンツ+E

¥5,990(税抜)

上質なウール素材に、モダンな印印象を与えモードスタイルを実現し、そしてオン、オフにどちらも対応できる万能なパンツ。
ウール素材のためどこか暖かさを感じ、クラシックなシティーボーイのスタイルを可能できるであろう。またさりげないストライプ柄がJWAのブランドデザインに近づけてある。バックポケットの上部にさりげなく施してるJWAのロゴもおしゃれ好きにはたまらない気遣いが感じられる。
そして最も注目したい点が、スラックス系のイメージを与えるパンツでありながらも、ポケットの作りがワークパンツの型を持ってきているところだ。

●デニムワークパンツ

出典元 uniqlo.com

出典元 uniqlo.com

デニムワークパンツ

¥3,990(税抜)

ベイカータイプのデニムに大きめのサイドポケットを施したワークデニムパンツ。ベイカータイプとは上から縫い付けられている大きなポケットが特徴のパンツであり、その名の通りパン屋で働く人が履いているユニフォームが根源だと言われている。
また、色味が加工によりグラデーションのような色合いの変化が出ていて面白い。シルエットとしては真っ直ぐにスラッと落ちるようになっている。このパンツは裾を大きめに折り返すことでLOEWE(ロエベ)風に着こなすことがおすすめで、「ハイブランドのデニムを買うのは高すぎる」と感じている読者のみなさんには特におすすめです。

●ストライプマフラー

出典元 uniqlo.com

ストライプマフラー

¥1,990(税抜)

カラフルなデザインが魅力となるストライプ柄のマフラー。
素材が巻いてても肌触りの良さが実感でき、長さも自分好みにアレンジできる絶妙さが特徴。この冬、ワントーンになりがちになるであろう人にはアクセントアイテムとしておすすめすしたい。
「カラフルなデザインはおしゃれ上級者に」と思っている読者の方々も、英国風のモダンなイメージを作るこのマフラーは思っている以上にどのようなファッションにも馴染む。
おすすめは先ほど挙げたクルーネックセーターと同じカラーでの着こなしである。一気に明るめのカラーリングをものにしているファッショニスタの影響を与えるであろう。

●パデットバックパック+E

出典元 uniqlo.com

出典元 uniqlo.com

パデットバックパック+E

 ¥3,990(税抜)

中綿入りでありながら、UNIQLOの大人気アイテム、ウルトラライトダウンをモチーフにして作られたバックパック。
両サイドにはサイドポケットがつけられていて、機能性も充実している。また、このポケットとしても使えるJWAのロゴバッチが何よりも惹かれるであろう。ダウンをモチーフにしているので触り心地も抜群。コンパクトなサイズ感と書いてあるが、十分に大容量で何でも入るようなイメージがあった。
UNIQLOの機能性に、JWAのロゴが入っているのでリーズナブルな価格でこのバックパックを買えるというのはなんとも嬉しい限りである。

コラボイテム、オススメの着こなし術

●ストライプ×ストライプ

出典元 uniqlo.com

同デザインのボーダーセーター、またはTシャツとニットの組み合わせ。今回のコラボならではの英国風の独特の配色は組み合わせるとツインニットのような印象を与える。アウターには落ち着いたワントーンのコートやジャケットを合わせれば、この組み合わせが目立つ良い感じになりそうだ。

●ワークパンツの太巻き

出典元 uniqlo.com

ワークパンツの真っ直ぐなシルエットをそのままに着こなすことも良いが、おすすめするのは裾を大きく折り返して着用するスタイル。
LOEWE(ロエベ)のパンツ、「フィッシャーマン」をイメージすると想像がつく。巻くことでシティーボーイ感が増し、ソックスのカラーが見えるため、スタイル全体の配色を操作できる。また、ソックスにアクセントがつく暖色系を合わせるのも有りだと感じる。

●トレンチのリバーシブル

出典元 mensnonno.jp

おすすめアイテムには取り上げなかったが、一番話題を呼んでいるのはこのトレンチコート。リバーシブル対応になっているため、2種類の着方を実践できる。裏地のタータンチェックを見せることで英国風なスタイルを実現できる。またこのように、襟を立てて使うのも大人の味が出て良い。

●タッグイン+片シャツ出し

出典元 uniqlo.com

今回のLOOK BOOKにも掲載されているこの着こなしは、シャツの綺麗な落ち感があるこそのスタイリング。少し大きめのビッグシルエットのシャツを使うと良い。ベルトが見えるように出るので、そこの色味で遊ぶのもまた面白く、シックな印象を与えた中にも遊ばせたスタイルを見せたい方は黒やグレーなどベーシック色を使うのがおすすめ。

●タートル×スラックス

出典元 uniqlo.com

デザイン性の高いおすすめアイテムとしても挙げたタートルネック。おすすめはこちらも挙げたスラックスでの組み合わせ。ゆったりとしたラフさがトレンド感を引き出して、シンプルだからこそのタートルネックのデザイン性が際立つ。タッグインなどをしても面白味が出て惹かれる。

安価で高クオリティー。今すぐ店頭へ!

出典元 uniqlo.com 

いかがだったろうか。
一般的に考えても、JWAのアイテムは大学生では頑張らないと手を出しづらい値段が付いている。それをUNIQLOとのコラボのおかげで、安価に、期待以上のクオリティーで手にできるということは素晴らしいことである。庶民が手を出しやすくまさに、“ファッションの民主化”を実現してると言えよう。
筆者自身も思ったが、UNIQLOのオンラインで載ってるいるアイテムの印象と、実際に店頭に行って見た印象とでは少し違いが見られたので、足を運ぶことをおすすめする。ネット上では「これがいい!」と思ったものよりも、実際に見て「案外こっちの方がいいかも」と思われるアイテムが多数あった。
ともかく、世界でもトップデザイナーであるアンダーソン氏のアイテムを手頃に買えるチャンスを逃してはいけない。
在庫が無くなる前に今すぐにでも店頭に足を運んでみては?