君はもう囚われた?次世代ピアノロックバンドSHE’Sの2ndアルバム

entertainment | 2018.2.4

SHE’S
【PROFILE】
聴けばきっと囚われる。旋律に愛されたバンド。
メンバー全員大阪出身(現在、東京在住)の1992年生まれの次世代ピアノロックバンド。
2012年「閃光ライオット」ファイナリストを契機にその高い音楽性が一気に注目を集める。インディーズ時代に3枚にアルバムをリリース。2016年6月に待望のメジャーデビューを果たし、これまでに2017年1月発売のフルアルバム『プルーストと花束』を含む3作品をリリース。全作品のソングライティングを担う井上竜馬が奏でるピアノをセンターに据え、エモーショナルなロックサウンドから心を鷲掴みする珠玉のバラードまで、壮大かつ圧倒的な存在感を放つ。6月21日には早くも新作ミニアルバム『Awakening』をリリース。秋にはストリングスを従えて、初のホールツアーを開催。

昨年末リリースされた2ndフルアルバム『Wandering』

春の訪れのような透き通ったピアノの旋律が印象的な大阪出身のピアノロックバンドSHE’Sが昨年末2ndアルバムをリリース!
収録曲の中には、前作ミニアルバム『Awakening』より「Over You」、「Beautiful Day」をはじめ、彼らのことを多く知るきっかけとなったであろう『閃光ライオット2012』で披露された「The World Lost You」がここにきて、全国流通盤として5年越しに初収録という、ファン待望のフルアルバムなのだ。

『Wandering』ディスクレビュー

音楽好きな気まぐれBoy.ライターがイチオシのバンドを紹介するBoy.Music。
今回は、独断と偏見でSHE’Sの一ファンとして待望の2ndアルバムを勝手にディスクレビュー。

■2017.12.6 Release
2nd Album『Wandering』(放浪)
初回限定盤:CD+DVD 品番:TYCT-69125 3,500円(税抜)
通常盤:CD 品番:TYCT-60111 2,800円(税抜)

1.All My Life

SHE’Sの特徴でもある爽やかで颯爽と駆け抜けていくメロディに仕上がっている。日本から1万キロ離れた場所で出逢った1人との出逢いの歌。

2.Blinking Lights

リズムがたまに変調するところがあり、まとまっているようでまとまっていない曲調に惹き込まれる。そこに心に浸透するようなKey.&Vo.井上竜馬のクリアボイスが入ることによってすべてが完結する。

3.Flare ※サブリード曲

胸の奥で揺らめく炎が消えてしまわないように、僕は戦っていたい。とKey.&Vo.井上竜馬の想いがつまった曲。綺麗な曲調でSHE’Sらしさを堪能できる一曲。

4.Getting Mad

ピアノは使っていないバンド使用の一曲。ライブで盛り上がる一曲になるのは間違いない。

5.Remember Me

親、友達、恋人…誰かを想いながら聴くと、温かいKey.&Vo.井上竜馬の声が歌詞とともにスッと体の中に落ちていく。また、理由もなくほろっと涙を誘うような、心をジーンと熱くさせるメロディーがまたSHE’Sらしい。

6.White ★リード曲

Key.&Vo.井上竜馬が大切な人の結婚式で流してほしいという願いを込めて制作した曲で、「まるで初恋のような、最後の恋にしよう」そんな曲が白いベールに包まれたあなたの前で流れる日を願っています。とコメントしている。溢れんばかりの愛をうたうラブソング。

7.Beautiful Days

※TBS系テレビ「王様のブランチ」6月度エンディングテーマ
冬の陽気が暖かい日に聴きたい一曲。「辛いことがあってもお気に入りの音楽さえあれば大丈夫。」そう伝えているような歌詞。あなたのつらい時にきっとこの曲が励ましとなるはず。

8.C.K.C.S.

「C.K.C.S.」なんの略…?とふしぎな人もいるだろう。
意味は、「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」という小型犬の名前。
井上竜馬の愛犬への溢れる愛を語った歌。思わず笑みがこぼれてしまう。

9.Over You

※TBS系テレビ「CDTV」6月度エンディングテーマ
今の自分を超えていけ。どんな方向に進んだとしても自分を見失うな。そんな強いメッセージが伝わってくる。

10.The World Lost You

※「閃光ライオット2012」出演時の楽曲のリアレンジを初収録!
失ったもの大きすぎる。その悲しみをかんじさせない曲調がまた井上さんの突き刺さる声と合わさって絶妙なバランスを保っている。

11.Home

アルバム最後にふさわしい一曲。始めはピアノの繊細な音から始まり一番が終わったあとからの、四家卯大と山本拓夫ホーンズの演奏でオーケストラを聴いているような壮大なスケール感を漂わせたメロディーに変わる。
居場所は絶対あるよというメッセージと曲調がマッチしていて明日からも頑張ろうと思える一曲。

SHE’Sが君の街にも会いにくる…?!

2018年2月7日から『SHE’S Tour 2018 “Wandering”』ツアーで全国巡業がはじまるSHE’S。3月にはワンマンツアーも。SHE’Sを知っている君も、初耳な君も彼らの旋律に浸ってほしい。
ツアーまで待てないよ!という人はこちらの動画も要チェック。
2017年冬に上京したSHE’Sメンバーの体を張ったYouTube企画。普段ステージでは見られない新たな一面を発見できるかも…?!

なにかに迷っているひとはぜひ聴いてほしい

恋人に別れを告げられたとき
就活、バイト、進むべき道に悩むとき
同級生が活動的で、自分と比べて焦ってしまうとき。
迷う瞬間は人それぞれ。
迷うこと自体はなにも悪いものじゃない。
迷うってことは、それだけ大事にした想いがあるってことだ。
迷ったときは、闇雲でもとりあえず進むしかないんだけどね。
その選択が正しいかどうかなんて進んでみなけりゃわからない。
選択した後、どう動くかが大事だと思う。
『Wandering』はいろんな想いもひっくるめて、そっと光を指してくれるような、道標のようなアルバムだ。