【プロのナンパ師から学ぶ】モテの極意とは?vol.2~会話編~

Boy.公式
前回、ナンパ師に学ぶ、モテの極意として、見た目に関するお話をしました。 今回はその続きです。 前回の記事はこちらからhttp://b-o-y.me/archives/55624 今回の記事を通して、Boy.読者の皆さんには、女の子と会話をする時のポイントを紹介していきたいと思います。 ちなみに、気になっている方も多いかもしれない彼らの職業ですが、普段は、サラリーマンとして営業をしていたり、工場で働いていたりと本当に普通の仕事をしています。 しかし、ナンパを休日の息抜き程度の遊び感覚でやっているかというと少し違います。 それは、彼らが普段持ち歩いているものから分かりました。 レコーダーです。

なぜナンパをするのにレコーダーがいるの?

レコーダーを使い、女の子の声のトーンや返答するのにかかる時間、話すスピード、声の大きさ、話す時に出る口癖などの統計を取り、この部分がダメだった、この切り返しのおかげで上手くいったなど、良かったところ、ダメだったところを見つめ直すために使っています。 録画した自分の会話を聞き直すのは、かなり恥ずかしい、らしいです。 でも、これをすることによって、自分の一人よがりで話してはいないか、女の子と同じペースで会話できているかなどを知れるらいしです。相手のことを考えて会話をすることは大事ということですね。

会話力

自己紹介が終わるといよいよナンパが始まりました。 あの子に行くぞと決めたら、声をかけるのに迷いがなく、自然と女の子のスペースに入っています。 驚いたのが、本当に会話が上手い。下手な芸人を見ているより、よっぽど会話が上手なのです。途切れることなく、物腰の柔らかい口調から次々に話題が出てきます。最初こそは警戒心をあらわにしていた女の子も自然と笑顔になっています。 この時に、人を楽しませることの重要さに改めて気づきました。会話力は恋愛力であるのだと。 そうこうしている内に私も参加するように言われました。フォローはしっかりするからと。

実践

かなり戸惑いがありました。自分から仲間に入れて欲しいとはいったものの、私は今までナンパなんてしたことがありません。でも、心を決め、勇気を振り絞って、声をかけました。 「あのー、すみません。今お時間ありますか。」 最初に、声をかけたのは、23歳ぐらいの子でした。髪はブリーチをしているまではいかないですが、比較的明るめで、化粧もバッチリ、ヒールを履いているような女の子でした。 意識のどこかに、ナンパされる女性のイメージがあって、こうゆう見た目の子だったら話をしてくれるんだろうと思っていました。 しかし、最初に声をかけたその女の子は、この世のものではないようなものを見る目で、こちらを見て、一蹴しました。心が折れそうになりました。最初の1人でメンタルはもうボロボロです。 この世の全ての人を敵に回してしまった感じすらします。 しかし、先輩が励ましてくれます。こんなことは序の口だと。その時の先輩のその何気ない言葉が心に沁みました。 次行くぞと、強めに背中を押します。落ち込んでいる暇などありませんでした。

立ち止まってくれた

先輩から、いくつかアドバイスを受けました。声かけをする場合は、人数を合わせること。こちらも2人組は、可愛くない方の子とより多く話すことです。可愛くない子の方が、主導権を持っていることが多く、その子の承認欲求を満たすことが大事であると。 そのことに意識しながら、声をかけてみます。「こんにちは。どこ行くんですか。」今度は、立ち止まってくれました。 声をかけたのは、大学生の2人組でした。見た目は、先ほどの子よりも落ち着いた感じで、大人しそうな感じでした。今までの自分だったら、声をかけないであろう女の子です。 話しても何も答えてくれそうになさそうだし、ナンパに厳しいリアクションを示しそうだと思ったからです。 でも、立ち止まってこちらの会話に耳を傾けてくれました。私の勝手な思い込みで決めつけていただけでした。

大事なのは安心感

ナンパ師の方が楽しそうに話していて、自分もいざ話そうと思うと、思っていたより、言葉が出てきません。話すことは苦手じゃないはずですが、何を話したら良いか分かりません。すかさず、先輩がフォローを入れてくれます。自分は、それに相槌を打つことぐらいしか出来ませんでしたが、女の子の表情が自然と和らいで、笑顔になっていくのが分かります。 グループライン作ろう。そんな話の流れになり、女の子からラインを聞いています。 大事なのは、個人ではなく、最初はグループから入ることらしいです。最初から2人で遊ぼうとはせず、みんなで遊ぶ。安心感を与え、楽しさの共有を図る。このことが大事だと言っていました。

自分も一緒に楽しむこと

ナンパ師は、真剣です。女の子に話しかけるまでの顔は、真剣そのものです。でも、女の子と話しをする時は、笑顔になっています。それは、作り笑顔なんかではありません。本人達も心から楽しんでいるのです。 私は、成功させることに必死になっていましたが、女の子を楽しませること。そして、自分自身も楽しむことが、何よりも大事なのだと気付かされました。 あなたは、普段女の子と会話をする時、楽しんで会話をしていますか。自分も楽しんでいると、その気持ちも相手に伝わるものです。 ナンパ師の方々は、みんなが口を揃えて言っていました。何よりもこの場を楽しむことが大切だと。