【大学生に新提案】彼女との大切な一夜にあえてビジネスホテルを選ぶ理由

love | 2017.12.15


出典元 https://www.apahotel.com

ビジホをラブホ代わりにするカップル急増中!

 

以前、女性が喜ぶラブホ選びの記事を書きました。(↓リンク)

「ヤれればいいわけじゃない!女子目線ラブホ選びのオキテ」

しかし!女性が喜ぶ条件が揃いに揃ったラブホなんて、どこにでもあるわけじゃない!普段行くところの付近にいいラブホがない!そんな風に思う人も多いかと思います。

そんなあなたにおすすめなのが、今、密かに流行っている、ビジネスホテルのカップル利用。最近のビジネスホテルは、日中利用も盛んに行っていて、うまく使えばとてもお得に利用できるんです!

今回は、そんなビジホカップル利用について詳しく見ていきたいと思います。

ビジホの長所・短所

じわじわと利用が広がるビジホですが、もちろん良いところもあれば悪いところもあります。あなたと彼女にとってビジホSEXはアリかナシか、見定めていきましょう。

〈長所〉

・いかにもって感じがない

ラブホに行くとなると、あのいかにもでいやらしい空間に抵抗を覚えてしまう女性も多いのが現状。建物に入るときのなんとも言えない気まずさと恥ずかしさ。もしかしたら女性だけでなく男性も、1度は感じたことがあるのではないでしょうか。しかし!ビジホだったらいやらしさゼロなので、入るときの抵抗もゼロです!恥ずかしがり屋な女性にはぴったりですね。

・どこにでもある

ラブホは地域によって値段やサービスの質にも偏りがあるし、当たりはずれも激しいものです。それに比べて、ビジホはいろんなところにあるし、大体どこもそこそこの部屋のきれいさとそこそこのサービスくらいは見込めるはずなので、はずれが少ないです。

・安い(立地やホテルによる)

ビジホの中でもAPAホテルや東横INNなどのリーズナブルなところもあれば、ワシントンホテルなど少し高級なところもあります。また、観光地や人の多いところはやはり料金は高い傾向にあります。そのため、一概に安いとは言えませんが、あとで紹介するプランをうまく利用したら付近のラブホよりもお得に使える可能性は十分にあります。

〈短所〉

・壁が薄い

これは最大の欠点と言っていいでしょう。忘れてはいけませんが、本来のビジホはサラリーマンが仕事のために一人で使う宿泊施設です。当然壁の強度に気を配ってはいません。なので、あまり激しくすると、隣の部屋の人にほとんど聞こえてしまって迷惑になる可能性大です。思いっきり激しくSEXしたいときはおすすめできません。

・アメニティが少ない

さっきも言ったようにサラリーマン用宿泊施設なので、ラブホに比べて女性に対する配慮は成されていません。入浴剤バーやシャンプーバーがないのはもちろん、化粧水や乳液などのサービスもありません。また、ヘアアイロンも基本ないので髪をいつも巻いている女性は嫌かもしれません。

・雰囲気がない

これは、長所の「いかにもって感じがしない」と反対になってしまいますが、ラブホの豪華で艶やかな空間が好きな女性からしたら、ビジホだとムードのなさが目立ってしまいます。雰囲気重視の人にはあまりおすすめできません。

カップルプランを詳しく!

ビジホのメリットデメリットがわかったところで、具体的にどんなカップルプランがあるのか、見ていきましょう!

・東横INN シンデレラリバティプラン

出典元 https://www.toyoko-inn.com
誰もが知っているホテルチェーンの東横INN。このプランは、当日24時以降に直接ホテルに来た場合だけ利用できる「受付時間限定のプラン」です。飲んだ帰りなど、ノリで利用するときにぴったりなプラン。チェックアウトは翌日の午前10:00で、無料で朝食もついています。値段は、地域によって異なりますが、東京・神奈川だと大体¥4480~5480(税抜)です。これはダブルルームの室料なので、もし割り勘で利用するなら、一人当たり¥2240~2740(税抜)という破格の値段です。

プラン詳細:https://www.toyoko-inn.com/campaign/cinderella/index?lcl_id=ja

・APAホテル 湯ったり日帰りプラン

出典元 https://www.apahotel.com
このプランは、普通のAPAホテルではなく、少し高級で大浴場があるAPAリゾートにあるものです。

ゆったりと過ごせる大浴場と、寛げる部屋の時間利用、また、レストランでの食事の3つがセットになったお得なプランです。時間や料金は店舗によってかなり異なりますが、たとえば、東京ベイ幕張だと、12:00~17:00の最大5時間利用で2人で¥6000です。宿泊だと高くてなかなか手が出せないAPAリゾートですが、日中のみだとこんなにお得に楽しめちゃうんです。少し特別な日に予約をして行くのがおすすめです。

プラン詳細:https://www.apahotel.com/spa/plan.html

・日帰り・デイユースプラン

このプランは、いわばラブホの休憩利用のようなもので、ほとんどのビジホにあるので、利用しやすいです。ホテルや立地によって時間や料金が変わりますが、安い立地なら5,6時間で一部屋¥5000程度で利用できます。2時間で3000円くらい取られるラブホよりは安く利用できるはずです。休憩利用も、場所によっては下手にラブホに行くよりも近くにあるビジホに行った方がはずれなくお得に楽しめるのかもしれないので、しっかり調べましょう。

ビジホを使いこなせ!

いかがでしたか?

ビジホは、時間や立地をうまく使えば、ラブホよりもお得に使えるかもしれないのです。お金はないけど時間がある大学生にとって、そんなビジホはもってこいの場所なんです。

安いけど汚くてサービスの悪いラブホに連れていかれるくらいなら、そこそこ名の知れたビジホに行く方が女は何億倍も嬉しいです!!!!!

これからは、あなたのラブホ選びの選択肢に、ビジネスホテルという選択肢を追加してみてはいかがでしょうか?