極寒の冬から、暖かい春先まで使えるトレンチコートの着こなし

fashion | 2018.1.13

新年を迎え、新しい服を揃えたくてワクワクしている今、ゲットすべきは”春まで着られるアイテム”です。寒すぎて各地で雪が降る中、暖かい春の服なんて考えられない!
その気持ちはわかります。だけど今から春まで着られるアイテムだったら着まわし力も高くて重宝するはず。そんな万能アイテムがトレンチコートです!トレンチコートのイメージといえば、春先にシャツや薄手のニットにさらっと重ね着するイメージですが、冬のアイテムとも相性抜群!!冬は小物アイテムやニットと合わせて色や柄でとことん遊びましょう!
今回は冬と春に分けて、トレンチコートを賢く着こなす方法をご紹介します!

トレンチで作る冬のコーディネートは、ベージュ×赤のアイテムで決まり!


出典元 http://wear.jp

ハイネックのニットとスキニーデニムを合わせたコーディネートに、トレンチコートを合わせたスタイル。
ちらっと見えるButberryのチェック柄が印象的。
ニットの赤と、デニムのブルーのコントラストがとても綺麗なこれぞシティーボーイなクラッシックルック。


出典元 http://wear.jp

トレンチとニットを同じ色に統一して、大きめのシルエットのパンツを選び、トレンチと合わせてゆるいスタイリングに。それでもだらしなく見えないのがトレンチコートのすごいところ。赤チェックのマフラーを巻くだけで、冬らしさを演出してくれます。


出典元 http://wear.jp

普段ストリートスタイルだからトレンチとは無縁、、、と思っているそこのあなた!
トレンチコートは、キャップ、スウェット、ジャージパンツ、スニーカー、どのストリートアイテムとも合わせることができます。
完璧なストリートスタイルを作り上げ、トレンチコートでさらにエッジが効いたモードなストリートスタイルに変化させてみても面白いかも。

トレンチの色で遊ぶ。冬色トレンチ


出典元 http://wear.jp

少し暗めのブラウンのトレンチは、大人っぽく、落ち着いたイメージを与えてくれます。
春先ももちろん着たいけれど、素敵なブラウンのトレンチなら、着るだけで真冬のファッションが楽しくなりますよね。ブラウンの色を少しずつ変え、冬らしいコーデュロイアイテムを取り入れたおしゃれ上級者なファッションに挑戦しましょう。


出典元 http://wear.jp

あまり見かけないネイビーのトレンチなら、他の人と差がつくこと間違い無し。
お尻くらいの丈のコートを選べば、足元がすっきりして見えるので、ブーツやチップシューズを目立たせることもできちゃいます。


出典元 http://wear.jp

こんな素敵なグレーのトレンチコートなら、どんなスタイリングもブラッシュアップしてくれそう。モノトーンでまとめてみたり、白や青などでコントラストを楽しんでみたり、アクセサリーでストリートスタイルにしてみたり、スタイリングは無限大!

春本番!トレンチで作るスプリングスタイルはこれ!

やっぱり春は、ちょっと暖かくて身軽に飛び出したくなる。
だからこそ、必要なものをポケットに詰め込んで、さらっと羽織ればどこにでもいけちゃうトレンチが優秀なんです。


出典元 http://wear.jp

トレンチといえば、やっぱりベーシックなパリジャンスタイル。
スキニーデニムにトレンチコートとくれば、ボーダーシャツできまりでしょ。
シンプルだからこそ、トレンチのデザインが引き立ちます。
足元はスニーカーでもローファーでもおしゃれにきまるので、日によって使い分けてもいいかも。


出典元 http://wear.jp

まだ肌寒いなと思ったら、中にパーカーをインしてもおしゃれに決まります。
その時にジッパーを首元までしっかりあげると、ワンポイントになってさらに◎
足元はデニムのパンツをロールアップして、靴下と靴に目が行くようにすると首周りと足元でバランスのとれたコーディネートが組めます。


出典元 http://wear.jp

冬に気になって買ったカーキーのトレンチだって、春らしいスタイルにアップデートできます。ポイントは、他のアイテムをホワイト系や明るい色で統一すること。
白いシャツに、明るめのデニム、スニーカーも白のコンバースとなれば、暗くなることはありません!冬から春までアイテムを着回す方法は、カラーコーディネートをうまく組むことにあります。自分の好きな色や似合う色を研究しながら、冬と春で違う色を楽しんでみましょう。

今年の春こそ、トレンチでシティーボーイスタイルをマスターしよう!

サイズ感や、デザイン、裏地の柄、色など、細部までこだわるといろんな種類を集めたくなっちゃうトレンチコート。自分の好みの一着を選んで、着こなしを研究してみましょう。