気になるあの子と急接近!!恋愛心理学

love | 2018.1.14

皆さんには、好きな人はいますか。
好きとまではいかないけど、気になっている人ぐらいはいますよね。そのような人がいたら、もっと仲良くなりたい。あわよくばお付き合いしたいと思うのが、普通だと思います。
しかし、ただそう思っても、待っているだけでは何も変わりません。相手からアクションを起こしてくれる可能性はないとはいえませんが。基本的に、こちらから行動しない限り何も始まらないものです。なんせ女の子の潜在意識には、女は待つのが当たり前という傾向があります。
でも、アクションを起こせと言っても勇気がない。周りの目が気になると言ったこともあるでしょう。大丈夫です。あからさまに好きだというアクションを起こす必要はありません。さりげないアクションを起こすだけで、人の気持ちは変わります。
待っているだけでは何も始まりません。何かを変えたいと思ったら自分から行動する必要があります。
今回Boy.では好きな人、気になっている人と仲良くなれる。
いや。場合によっては付き合える方法をご紹介したいと思います。
最後まで読み終わる頃、あなたには気になるあの子と好きなあの子と格段に親密になれるスキルがきっと身についています。

相手のタイプを知る

まずは、相手のタイプを知る必要があります。ここでいう”タイプ”とは何か。それは、五感のうちどの感覚を最も強く感じるているかということです。人間は視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚の五感の感覚を使っていますが、人によって視覚が強い人、聴覚が強い人、触覚で感じる人に別れます。
それぞれのタイプを見ていきましょう。
視覚の感覚が強い人は、あのファッション、あの髪型が好きで、身長は高くて顔のタイプは〇〇など主に視覚で感じる部分を重要視する人。聴覚が強い人は、歌が上手い、博多弁が好き、波長が合うなど耳からの情報に敏感な人。触覚が強い人は、優しい、髪がサラサラ、しっかりしているなど〇〇だと感じるのような感覚的表現が多い人です。
どの感覚が強いのか、得意なのかを認識しておくと相手とのコミュニケーションを図るのに役立ちます。
ここで極端に相手との感覚が違えば物事を共有するのが難しくなってしまいます。
特定のファッションが好きと決まっているなら、自分がそのファッションに少しでも近づける必要があるし、しっかりしていて行動力がある人が好きなのであれば、あなた自身も行動的になるべきです。

最初の印象が大切


人は何よりも出会った時の最初の印象が大切です。なぜなら人の外見による印象は、出会って2秒から7秒の間に決まり、人や物の内面に関する印象が決まるのに要する時間はたった2分しかないと言われているからです。しかもその効果は約半年間も継続します。
大学の同じ授業でよく見かける気になっている子で、まだ相手が自分のことを知らないのであれば、友達にその子の情報を聞いてもらい、相手が求める情報(先ほど説明した中で、どの感覚が強いか)や共通点を詰め込んだ自己紹介をしましょう。
大事なのは第一印象で相手に好印象を与えることです。なので、しっかりと相手にあなたの良いところを知ってもらいましょう。

アイコンタクト


あなたは一目惚れをしたことがありますか。
一目惚れというのは、一目惚れをした方が、無意識に相手の目を5秒から7秒見つめてしまっているらしいです。これは時間にするとかなり長いです。
人間のアイコンタクトの基本的な時間は1〜1.5秒であると言われて、3秒でも他人と目を合わせようとすると難しいと感じるのです。機会があれば友達と試してみて下さい。
つまり初対面の人をそこまで見つめるのは、特別な証で一目惚れの象徴なのです。
この一目惚れの理論を応用して相手の目からそらさずに気になる相手にあなたのことを強く意識する方法があります。
それは、相手の目を5秒間見つめることです。そうすることで相手に特別な感情を与えることが出来ます。
でもいきなり、そんなに見つけられない。だって3秒目を合わせることだって難しい。そう思うかもしれません。
では、状況を変えてみてはいかがでしょうか。ご飯の約束をしている場所に早めに行き、相手が入ってきたらここだよと手を振りながら誘導する。もちろん相手から目を逸らさずに。これなら簡単に出来るはずです。
きっと相手はあなたのことが強く印象に残るはずです。
まさに、目は口ほどにものを言う、ですね。

自分が座る席


アイコンタクトをして相手を席まで誘導出来たら、次に大事なのが相手が座る位置です。
あなたはいつも気を使って相手を壁側に座らせていませんか。
でも、それは大きな間違いです。あなた自身が壁際に座らなくてはなりません。相手を壁際に座らせてはいけません。壁側に座ることで、客の出入りや、従業員の行動、運ばれてくる料理などお店全体が見えてしまいます。
そうすると自然にあなたの話に集中出来ない状況になってしまうからです。
なので、気になる女の子や好きな子とご飯に行く時は自分は必ずお店全体が見渡せる壁際の席に座りましょう。
そうすることでオーダーのタイミング、ウエイトレスとのやりとりは、男性が行えるようになるというメリットもあります。
注意点として、個室ならどちらも壁際になるから良いという訳ではありません。最初から狭いスペースを共有してしまうと相手に警戒心が出てしまいます。しかもこちらも緊張してしまい居心地の良い空間でなくなってしまい無駄な緊張が出てしまうのでオススメは出来ません。

いかがでしたか

他にもまだ皆さんにお伝えしなくてはならないことは沢山あるのですが、今回はここまでにしておきます。
これぐらいの量でも文章を読むと意外と疲れますよね。
たった数個のことですがぜひ、今日覚えたテクニックを使ってみて下さい。きっと相手の変化を感じ取れるはず。
次はより実践的なお話をしていきたいと思います。