【2018年トレンドをチェック】今年こそ、セットアップを着こなそう!

Boy.公式

セットアップを手に入れたい!

前回は、2018S/Sのトレンドをまとめてお届けしました。 今回は、その中でも、セットアップに注目。 上下揃えて着ることのかっこよさ、はたまたそれぞれのアイテムを別々にも使うことができる利便性もあって、1着はぜひ手に入れておきたいアイテムです。 今から春まで使えるセットアップの魅力をお伝えします!

フォーマル?ストリート?まずは自分らしいセットアップを選んで。

セットアップには、いろんな組み合わせがあります。 ジャケットとパンツで作るフォーマルなセットアップや、ジャージのセットアップ、夏ならシャツとパンツのセットアップなどなど。 お気に入りのお店で、自分のスタイルに合わせてセットアップを選びましょう。

フォーマルスタイルを作るセットアップ

出典元 http://zozo.jp セットアップの魅力は、上下の色や素材、柄を統一できて、スタイリングにまとまりがでること。 フォーマルなセットアップに、あえてキャップやスニーカーを合わせることで、カジュアルに着こなすこともできます。 他のアイテムをセットアップに合わせて変えることで、自在にファッションを楽しんでみましょう。 出典元 http://zozo.jp 上下でアイテムを揃えることができるセットアップだからこそ、セットアップ自体のデザインにこだわりたいところ。襟なしのジャケットと、細身のスラックスのセットアップなら、男前に決まること間違いなしです。 今年トレンドでもあるピンクは、黒との相性もバッチリ。レザーシューズと合わせることで、甘すぎないコーディネートになります。

上下のアイテムをセパレートで着てもおしゃれに決まる!

monkey timeがPLEASURESとコラボした、スウェットのセットアップ。 予約段階から人気殺到中のアイテムです。 グレーを基調とした、チェック柄の大人っぽいデザインなので、 あえてシャツと合わせることで、バランスのいいコーディネートになります。

赤チェックのセットアップで、攻めのストリートを

出典元 http://zozo.jp セットアップこそ、人とかぶらないデザインで勝負したい! それなら、赤チェックのセットアップで攻めのストリートスタイルを。 ダボっとしたサイズ感もかっこいいですよね。 なかなか出会うことがないデザインなので、他の人と差をつけることができます。

GR8さん(@gr8_tokyo)がシェアした投稿

去年あたりから、トレンド入りしているジャージアイテム。すっきりしたシルエットに、お気に入りのブランドロゴが入ったものを選びましょう。 ジャージのパンツと、スウェットのトップスやシャツを組み合わせることもできてとても使いやすいのがいいですね。

セットアップの着こなし

セットアップの選び方、合わせるアイテムの組み合わせ方でその人の個性がでます。 どんなコーディネートが可能なのか、着こなしを見ていきましょう。 出典元 http://wear.jp 存在感のあるセットアップにポイントを置き、黒でまとめたスタイリング。 インナーと足元を黒で統一しながらも、素材や絶妙に違う色合いに遊び心を感じるコーディネートですね。 出典元 http://wear.jp ベーシックなセットアップなら、着まわし力抜群! シンプルだからこそ、花柄を合わせても派手になりすぎず、ハイファッションにまとまります。 落ち着いたカラーのシャツを選べば、花柄が苦手な人でも、セットアップによく馴染むので挑戦しやすいはず。 出典元 http://wear.jp ベージュも、セットアップならこんなに存在感がでるんです。 太めのパンツだから、おじさんぽくなってしまうこともありません。 カジュアルにもフォーマルにも着こなせるカラーだからこそ、その他のアイテムで個性をプラスして。 出典元 http://wear.jp 上下ともゆったりしたデザインで着心地の良いセットアップ。 色を抑えることで、大人っぽいコーディネートになっているのが素敵ですね。 中に白のシャツを入れることで、フレッシュさを演出できます。 出典元 http://wear.jp デニムのセットアップは、世界中のファッショニスタに愛されるスタイルとして知られています。 デニムアイテムは、セパレートで着てもファッションの幅が広がるので何通りものコーディネートが組めて一石二鳥です。 暗めのカラーを選んで、ワンポイントで色を入れると、コーディネートが引き締まります。

今すぐセットアップをゲットして、自分らしい着こなしを探してみて

セットアップは、おしゃれな男子なら一着は持っているアイテム。 まだゲットしてない人は、お気に入りの一着を手に入れましょう。 今年らしいアイテムと組み合わせて、トレンドのスタイルを作ってみてください。