【あの選手が気になる!】オリンピックで見逃せない美人アスリートまとめ

うちのたいよう

平昌オリンピックを彩る美女アスリートに注目!

いよいよ始まった、冬季オリンピック。 大会は韓国・平昌で開催されるため、時差もあまり気にせず世界最高峰の競技を楽しむことができますね! もちろん最高レベルのパフォーマンスを見ることも非常に楽しみですが、男子たるもの大会の華となる美女アスリートにも注目したいところです。 そこで今回は、各国から集まる選りすぐりの美しい女性アスリート達をご紹介。Instagramのアカウントと共に紹介するので、フォローをしておけば誰よりも早く競技情報を手に入れることができるかもしれません。選手の背景を知っておけば、応援にも自然と熱が入ってくるはずです。 せっかくの4年に一度の冬季オリンピック、思う存分楽しみましょう!

カーリング カナダ代表:レイチェル・ホーマン

Rachel Homanさん(@homan89)がシェアした投稿

カーリングのカナダ代表レイチェル・ホーマン(Rachel Homan)選手は、1989年4月5日生まれの28歳。 美女揃いのカナダ代表の中でも一際人気が高く、頻繁に美女アスリートランキングに登場する常連のひとりです。 さらに、現在女子世界ランキングでも1位に君臨するカナダチームでスキップと呼ばれるポジションを務める彼女。スキップとは、試合中の司令塔となりゲームを左右する7,8投目を投げる重要な役割です。 実力と美しさの両方を兼ね備え、今大会のカーリング競技を盛り上げる中心人物になり得るかもしれません。

カーリング ロシア代表:ビクトリア・モイシーヴァ

Victoria Moiseevaさん(@sangriel)がシェアした投稿

カーリングのロシア代表ビクトリア・モイシーヴァ(Victoria Moiseeva)選手は、1991年1月10日生まれの27歳。 「氷上のシャラポワ」と呼ばれ日本でも人気の高いアンナ・シドロワ選手のチームを国内選考会で破り、初のオリンピック出場権を勝ち取りました。チームの司令塔であるスキップを務め、現在世界ランクでもロシアチームは3位につけています。 国内のドーピング疑惑により個人資格での出場にはなりますが、国内最強チームを倒しての出場でオリンピックでも台風の目になり得る可能性があります。 ちなみに、Instagramはまるでインスタグラマーのようなオシャレアカウント。プライベートと選手としてのアカウントを分けているようなので、競技中の姿を覗いてみたい場合はこちらからどうぞ。(@teammoiseeva) 「新・氷上のシャラポワ」として、その美貌と今大会の活躍に要注目です。

アルペンスキー アメリカ代表:リンゼイ・ボン

アルペンスキー競技スーパー大回転種目のアメリカ代表リンゼイ・ボン(Lindsey Vonn)選手は、1984年10月18日生まれの33歳。 オリンピックには今回の平昌大会で4度目の参加となり、2010年のバンクーバーオリンピックでは金・銅ひとつずつの計2つのメダルを獲得しています。さらに、アルペンスキーW杯では78勝を挙げ女子最多勝利記録を持つ、正真正銘のスター選手です。 選手としての功績だけでなく、本国アメリカではその圧倒的な美貌で多くの誌面を飾る人気モデルとしても活躍。プライベートでは、ゴルフ界のレジェンドであるタイガー・ウッズとの交際を公にするなど話題性にも事欠きません。 恐らく彼女にとっては最後のオリンピックとなる今大会。アルペンスキー界を長らく牽引してきたスターの勇姿を目に焼き付けましょう!

フリースタイルスノーボード オーストリア代表:アンナ・ガッサー

フリースタイルスノーボード競技ビッグエア種目のオーストリア代表アンナ・ガッサー(Anna Gasser)選手は、1991年8月16日生まれの26歳。 ソチ五輪に続いて2回目のオリンピックとなり、特に今大会からの新種目ビッグエアでは金メダル候補の一番手として注目を集めています。 2017年3月には女子として初めてダブルコークと呼ばれる大技を成功させ、演技スポーツとしては極めて珍しい100点満点を獲得。現在、2種のダブルコークを成功させており向かうとこ敵なしの状態です。その上、容姿に恵まれ、ウェアのセンスの良さでも人気を集めます。 スノーボード界のアイコン的存在として今大会の活躍に期待しましょう。

フィギュアスケート カナダ代表:ケイトリン・オズモンド

Kaetlyn Osmondさん(@kaetkiss)がシェアした投稿

フィギュアスケートのカナダ代表ケイトリン・オズモンド(Kaetlyn Osmond)選手は、1995年12月5日生まれの22歳。 芸術点の割合が高いため、美女揃いの女子フィギュアスケート選手。その中でも、目鼻立ちがはっきりとした顔立ちでファンの多い彼女は、今大会がソチ五輪に続く2度目のオリンピック出場となります。 長らく不調と怪我で苦しんできましたが、平昌オリンピックを控えた今シーズンは好調を維持し、GPファイナルでも総合3位に輝いています。 ソチではカナダチームとして団体種目の銀メダル獲得がありましたが、今大会は個人でのメダル獲得が期待できる美人アスリートのひとりです。

フィギュアスケート ロシア代表:アリーナ・ザギトワ

Alina Zagitovaさん(@azagitova)がシェアした投稿

フィギュアスケートのロシア代表アリーナ・ザギトワ(Alina Zagitova)選手は、2002年5月18日生まれの15歳。 際立って美しい見た目だけでなく、選手としても非凡な才能を見せつけている彼女。今シーズンから初めてシニアクラスに挑戦したにも関わらず、出場した国際大会すべてで優勝を収め、今大会の金メダル最有力候補と言われています。 フィギュアスケートでは後半にジャンプを飛ぶと基礎点が1.1倍になるというルールがあり、ザギトワ選手は全ジャンプを後半に入れるというスタイルが大きな特徴。このことが高得点の大きな要因だと言われています。 ちなみに、羽生結弦選手のファンで、プレゼントされたプーさんのぬいぐるみを自宅に大切に保管しているそう。一番好きなキャラクターはリラックマ。 まだまだ若い選手なので、今後のオリンピックでの活躍も楽しみな逸材です。

フリースタイルスノーボード 日本代表:広野あさみ

フリースタイルスノーボード競技ビッグエア種目の日本代表広野あさみ選手は、1990年11月8日生まれの27歳。 美人アスリートといえばヨーロッパ選手が注目されがちですが、我らが日本代表でも多くの美しい女性選手たちが活躍しています。 広野選手は女子スノーボード競技を牽引してきた第一人者として多くの競技者に認知されている人気選手。転戦のため一年の大半を海外で過ごしており、直近のW杯でも9位の好成績を収めています。 端正な顔立ちから女性用スノボウェアのモデルも多数務め、同性からの支持も集めています。実力を存分に発揮し、是非とも日本にメダルを持ち帰って欲しいですね!

フリースタイルスノーボード 日本代表:今井胡桃

Kurumi Imaiさん(@kurumi924)がシェアした投稿

フリースタイルスノーボード競技ハーフパイプ種目の日本代表今井胡桃(くるみ)選手は、1999年9月24日生まれの18歳。 まだまだあどけなさが残る可愛らしい印象ですが、多くのメディアでも取り上げられるほどのすごい実力の持ち主。なんとプロスノーボーダーデビューは歴代最年少の11歳で、中学生の時には既に全日本選手権も制覇してしまいました。平昌オリンピックと同じ会場で行われたW杯では5位入賞など、年齢を感じさせない活躍を続けています。 実は、日本人選手の層が厚いハーフパイプ種目。男女ともに多くの選手が世界ランキング上位にランクインしています。 今井選手の若さ溢れるパフォーマンスもさることながら、ハーフパイプでの日本人選手によるメダル獲得が期待できます。

今年の冬は平昌オリンピックに注目!

いかがでしょうか? 美女アスリートとして紹介されている方のほとんどがオリンピックメダル候補として、優秀な功績を収めている選手ばかりです。 好きな競技を絞って観戦するのも良いですが、お気に入りの選手を見つけて後から競技を知るのも楽しみ方としてアリかもしれないですね。 日本人選手達のメダルラッシュを願って、頑張れニッポン!