【チェックばかり着る大学生男子から脱出!】被らないチェック柄着こなし

うちのたいよう

チェック柄は使いやすいけど、かぶりやすい!

きっとどんな人でも持っているはず、チェック柄アイテム。 特にまだまだ寒いこの時期は、ストールやジャケットのチェック柄をよく見かけます。街中で「あの人同じようなもの着てる!」と気付いて少し恥ずかしくなった経験がある人もきっといるはず。 そこで、今回は定番チェック柄の“被らない着こなし方”を紹介!手持ちのチェック柄アイテムのコーディネートに悩んでいる人も、これからチェック柄アイテムの購入を考えている人も是非参考にしてみてください。

ストール・マフラーは“暗めチェックと巻き方”がポイント

出典元 http://wear.jp 一番被りやすいチェックアイテムと言えば、ストール・マフラー。特に赤チェックのアイテムは男女共に人気があるので、被る確率がとても高いと言えます。 そこで、少しでも周りと被らないようにするためのコツは2つ。 まずは、暗め色のチェックを選ぶこと。明るい色だとコーディネート全体の主役がチェック柄アイテムになってしまいますが、少し暗めの色にすれば他アイテムの引き立て役になり、被ったとしてもあまり目立ちません。 出典元 http://wear.jp そして、もう一つのコツが巻き方の工夫。バックで巻いたり、首に一周回してみたりなどのベーシックな巻き方だと他の人と被りがちです。 手持ちのストール・マフラーで違いを出したいのなら、コーディネートに合わせて“ピッティ巻き”や“タイノット”など一味違う巻き方に挑戦してみるとオシャレ度もUPして見えることでしょう。 Boy.ではマフラーの巻き方についての記事も公開しているので、是非そちらも参考にしてみてください!

使い勝手の良いギンガムチェックはチラ見せで

出典元 http://wear.jp ガーリーな雰囲気もあるギンガムチェックですが、メンズファッションではセーターやスウェットシャツのインナーとしてチラ見せするコーディネートをよく見かけます。 清潔感のあるスクールボーイ的印象を与えるので、既視感はありますが是非オススメです。チェックコーデというよりはアクセントとしてのチェック柄なので被ることもそこまで気になりません。 そして、さらなるオススメポイントはその汎用性。どんなスタイルにも合うアイテムです。上のコーディネートだと、クラシカルなスタイルですが無地のアイテムを重ねることで、チラリと見えるギンガムチェックが生きています。 出典元 http://wear.jp こちらは打って変わって男らしさを感じるライダースコーデ。きれいめコーデは王道ですが、ライダースのような辛めアイテムの中和剤としてもギンガムチェックシャツは使えます。 その使いやすさから、是非ともワードローブに加えてほしいアイテムのひとつです。

上を留めてチェック柄のレイヤードを作る

出典元 http://wear.jp 被りやすいチェックシャツコーデにオススメしたいのが、アウターの下から柄を見せる着こなし方。 特に、首の詰まっているアウターや、マフラー・スヌードを使ったスタイルで挑戦してほしい着こなしです。ギンガムチェックの着こなし同様に、チラリと見えるチェック柄がアクセントとなりコーディネート全体が華やかになります。 レイヤードの役目を果たすので、よりオシャレな見た目に◎ 出典元 http://wear.jp ベルトを締めることで、チェック柄の面積を極限に減らした着こなしもOK チェックシャツをスラックスにタックインし、さらには革靴を使ったフォーマルなスタイルにマウンテンパーカーを羽織ることで、上手くドレスダウン。わざとアウターの下を留めないことが、ベルトや品の良いギンガムチェックを見せ、アウターとのコントラストを表現しています。 ボリュームのあるアウターやマフラーを使える今だからこそ、是非挑戦していただきたい着こなしです。

スポーツmixでトレンドを押さえる

出典元 http://wear.jp 今時な着こなしをするなら断然スポーツmix。 挑戦しやすいのはチェックパンツから。トップスにチェック柄を持ってくるのは少し難易度が上がりますが、チェックパンツなら簡単にトレンドのスポーツmixコーデを作ることができます。 パンツ選びのコツは、比較的地味なものを選ぶこと。色味もそうですが、チェック柄も控え目なパンツを選ぶと全体のバランスがまとまります。スポーツ系のアイテムはパキッとしたカラーリングが多いので、色同士が喧嘩しないように気をつけましょう。 出典元 http://wear.jp こちらは少々難易度の高いコーディネート。全体の色味を揃えることでチェックアイテムと、スウェット・スポーツソックスの組み合わせを上手くまとめています。 トップスのギンガムチェック柄ジャケットが細かい柄なので、ボトムスの大きな柄と喧嘩することもありません。“タッキースタイル”という柄もの同士を組み合わせたスタイルが一時期話題になりましたが、柄同士の細かさのバランスに注意すればそこまで難しくなく挑戦することができます。

チェック柄のセットアップに挑戦

出典元 http://wear.jp チェック柄アイテムで被りたくないことを第一に置くのならば、セットアップがオススメ。少しずつ暖かくなるにつれて街中に増えてくるセットアップコーデですが、案外チェックのセットアップを着ている人は少ない印象。 合わせるアイテムによってはスーツのように見えてしまうこともあるセットアップですが、チェック柄だと一気にカジュアルな雰囲気が増します。薄めの色味であれば、春に向けたコーディネートでも大活躍しそうです。 出典元 http://wear.jp 着こなしのコツとしては、ひとつ前に紹介したようにスポーツmixもオススメ。 もうひとつは、インナーに鮮やかな色を取り入れるコーディネート。セットアップを着れば、上下のコーディネートがほとんど決まってしまうのでスタイリングは簡単です。 チェック柄である分、インナーも無地で良いので全体のバランスを見ながら、鮮やかな春色にも挑戦してみてください。

チェック柄をバッグに取り入れる

出典元 http://wear.jp ちょっと他の人とは違うチェック使いをしたいのなら、バッグに取り入れるのもオススメ。セットアップ以上に持っている人が少ないアイテムなので、オシャレで一歩先に行きたい人に是非挑戦してほしいです。 写真のように、バッグの色使いに合わせたコーディネートをすると一気にオシャレ度もUP◎

J TAMさん(@mrtam4u)がシェアした投稿

ここ最近話題になっている、UNIQLOとJ.W.Andersonのコラボレーション。チェック柄のアイテムを多く扱っているので、今回紹介してきた着こなしでも応用可能です。 例に漏れず、コラボレーションではチェック柄のトートバッグを販売。一枚目同様、このコーディネートではスニーカーでバッグの色を拾っています。 インパクトのあるアイテムとして使えるチェック柄バッグですが、全体のバランスを取るために他のアイテムで色をきちんと拾うよう注意しましょう。

【難易度高?】柄on柄on柄on…

最後に紹介する着こなしは、かなりの高難易度。チェック柄の上に何重にもチェック柄アイテムを重ねた着こなしです。 この着こなしは、ストリート系ハイブランドのGosha RubchinskiyとBurberryのコラボレーションラインで紹介されたスタイル。チェック同士が同じ模様で、色が違うだけなのでそこまでごちゃごちゃした印象は受けません。 このようないわゆる“タッキースタイル”を作るときのコツを紹介します。 出典元 http://wear.jp このコーディネートでは3つの柄を重ねています。 ポイントはベルトで柄同士をセパレートすること。ここでは花柄とチェックですが、ベルトが入ることによって柄が喧嘩することなくコーディネートとして成立しています。 そして、足元はチェック同士の組み合わせ。全く異なる柄と色のチェックを重ねるには、チェックの種類を変えることがポイントです。特に、ここではチェックの一種であるアーガイル柄を使っており、柄と柄を重ねてもくどい印象を受けません。 難しい着こなしではありますが、大人っぽいコーディネートに挑戦する時のテクニックとして身につけておけると便利です。

チェック柄の楽しみ方は無限大!

普段のアイテムで挑戦できる簡単な着こなしから、トレンドを押さえた難易度の高いスタイルまで。スタンダードアイテムのチェック柄ですが、実はこんなに多くの着こなし方が楽しめます。 街中の人とは被ることのない、自分だけのコーディネートに挑戦してみてください。