春の新歓。サークルに入ってきた大学1年の女の子をゲットしよう

Boy.公式

春といえば新学期。大学の新学期といえばサークルの『新歓』が始まる時期。 サークルに新入生の女子が入部する季節の到来です!笑 あなたならどんなテクニックで落としますか?今回は、新しくサークルに入ってきたピチピチ新入生とどう距離を縮めるかご紹介します!

ノリの良さで存在感をアピール

新歓といえば、歓迎会という名の飲み会ですね! 居酒屋でバイト経験のある人ならわかると思いますが、基本的に楽しそうにしているのは20歳を超えている人だけ。大学1年生は基本的には緊張してたり、お酒も飲めないし楽しめないですよね。 挙句の果てには後輩をほったらかして飲みすぎでつぶれている先輩も…。 飲みニケーションが上手な人は、空気を壊さない程度に同期たちのテンションに合わせつつ1年生の女子たちとおしゃべりをするのです。 新歓だけに限らず大勢での食事の場で中心的に盛り上げている人たちに混じっているようで混じらずに女子と楽しくしている男っていませんか? 実はそのポジションにいる男が一番モテているんですよね。 新歓での飲み会は、ある程度のノリの良さは見せつつ1年生の女子と交流を深めることを意識しましょう!

悩み相談を言い訳に連絡先交換しちゃう

サークルで何度か顔を合わせるようになるころには大学にも慣れてきて、少しずつ大学での不安や悩み事が明確になってくる時期です。 そんな時は先輩のあなたが相談相手になるチャンス! 顔なじみの相手であれば女子も隠すことなく素直に相談することができるのできっと頼りにされること間違いなし。 仮に何も悩み事がなさそうでも「何かあった時のために連絡先教えて!」といえば簡単に連絡先をゲットすることができますよね。 連絡先を簡単に入手するためにも、入学して間もない間に気を許せる先輩としての立ち位置をとれるようにしっかりコミュニケーションを取っておくことをオススメします。

距離を縮めてデートに誘おう!

連絡先を聞いてLINEがスムーズに続くようになってきたら、次はデートに誘うタイミングです。 同じサークルに入っているなら共通の趣味があるはず。まずは趣味関連でのデートを提案してみては? サークルで使うグッズの買い物や、サークル関係の知識を深めるためのデートとか。 人間関係の距離を縮めるために最も有効なのが共通点を探すことなので、「同じサークル」という共通点を生かしましょう。 一回のデートからサークル以外の共通点をお互いに探してどんどん親密な関係を作っていくのがベストです。 何をするにもリードしてあげて年上の魅力を最大限に伝えるようにしてくださいね!

恋に落ちやすい今だからこそ。

大学生活に緊張感を持っている入学したばかりの1年生はしばらくの間はドキドキした状態が続いているので恋に落ちやすい時期ともいえます! その間に相手の心にサッと入ってしまえば意外と簡単になびいてくれるはず。 あまり長い間先輩後輩の関係でいてしまうと「お兄ちゃん的存在」になってしまって恋愛感情を持ってもらえなくなる可能性があるので彼女にするまでの期間はあまり長くならないように注意してください。 勢いでそのまま彼女にできるのであれば1ヶ月以内、遅くとも2~3ヶ月以内には告白まで辿りつきたいところです。 恋愛は長く温めれば実るというわけではないので、ある程度のスピード感を持って距離を縮めていきましょう!