【2018SSはこの色!】注目のカラーアウターまとめ

うちのたいよう

今春のトレンドカラーは『イエロー』『ピンク』!

いよいよ気温も暖かくなり、やっと春を感じる陽気になってきましたね。桜も一気に色付いて、春ファッションが楽しめる季節になりました。 昨年発表されたビッグブランドの2018SSコレクションを見てみると、多くのブランドで「イエロー」と「ピンク」の色が目立ちます。 ピンクは昨年に引き続きブームが続いていますが、今年はイエローもピンクに並び大注目されているカラーのひとつです。 過ごしやすくお出かけの機会も増えるこの季節、せっかくだから春カラーのアイテムを着て気分も上げていきたいですよね。 そこで、今回はトレンドカラーを中心とした春のライトアウターを大特集。モノトーンファッションばかりのあなたにもきっと興味を持ってもらえるような、イエロー・ピンクの魅力を存分に紹介していきます!

新・王道春物アウターは、トラックジャケット

出典元 http://wear.jp

注目アウターとして最近人気なのが、トラックジャケット。トラックジャケットとは陸上のトラックが由来で、スポーツ選手が着用するトレーニングウェアを指します。簡単に言えば、ジャージのこと。 スポーツmixがトレンド真っ只中のストリートファッションを中心に、昨年頃からカジュアルウェアとして着用する人が増えています。 軽めのアウターなので、春先には一枚羽織るのが丁度いいオススメのアウターです。

出典元 https://www.zara.com

ファッションブランドの〈ZARA〉だと画像のようなトラックジャケットが、定価13990円で販売されています。 桜の木をイメージしたようなピンクとグリーンのバイカラーデザインが素敵ですよね。 〈ZARA〉のECサイトでは、この他にもピンクを使ったスポーティーなアウターが春夏シーズンに合わせて発売されているので是非ともチェックしてみて下さい。

ワントーンのコーチジャケットは意外と使いやすい!

出典元 http://wear.jp

コーチジェケットもストリートには欠かせないアウターのひとつ。90年代のアメカジファッションを代表するアイテムとしてレトロな雰囲気も相まって、最近また人気が出ています。 コーチジャケットはナイロンを素材にできているものが多く、軽い着心地がこの季節のアウターとしてとても優秀◎ 白シャツをインナーとして合わせるだけで、爽やかな春ファッションが出来上がります。水色などのブルー系のカラーとも相性がいいので、画像のモデルさんのようにレイヤードして楽しむのもアリです。

出典元 http://zozo.jp

〈WHO’S WHO gallery〉のコーチジャケットは、定価11664円。Tシャツやシャツとのレイヤードが前提なので、サイズはフリーサイズで少し大きめの作り。 せっかくのカラーアウターなので、このぐらい鮮やかなイエローに是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

爽やかメンズはショップコートがオススメ◎

出典元 http://wear.jp

ステンカラーコートを気持ち軽めにしたデザインのショップコートは、呼び名の通りアメリカのショップ店員さんが着ていたことが名称の由来。 店頭で着用するためのものなので、綺麗めな印象がありながらもカジュアルにも着られる汎用性の高いアウターです。 ショップコートは基本太ももから膝ぐらいの丈のものが多いので、風になびく感じが淡目のピンクと相まって春らしく爽やかな印象を与えます。 ロング丈なので、中にサコッシュをかけたりしてもOK。一気にトレンドを感じさせるコーデになります。

出典元 http://www.dot-st.com

〈niko and …〉のピンク色ショップコートは、定価7452円。ピンクはネイビーとの相性も良いので、ネイビーのロンTとのレイヤードもオススメ。 軽い印象のアウターには、画像のモデルさんのようにエアリーな髪型がよく似合います。春物ショッピングと一緒に、新しい髪型に挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

まだまだ肌寒い日のためのマウンテンパーカー

出典元 http://wear.jp

春といっても日によってはまだまだ肌寒く感じることも。そんな時には防寒に優れたマウンテンパーカーがオススメです。 元々、登山用のアウトドアウェアとして作られているので寒さは勿論のこと、急な雨にも対応する防水性に優れています。春先から梅雨の季節にかけて使っていけそうですね。 また、登山者が遭難した際に救助から見つけやすいよう、鮮やかなビビットカラーのバリエーションが多いことも特徴のひとつ。その中でも特に黄色は人気の高いカラーなので、派手ではありますがマウンテンパーカーなら悪目立ちせず、気軽に着ることができるはずです。

出典元 http://zozo.jp

アウトドアブランドだと高価なマウンテンパーカーですが、〈Rocky Monroe〉では定価5994円で購入可能。タスラン加工という特殊な加工がされているので、低価格ながらも強度があり長く着用できます。 肌寒い時は前を閉めて、暖かい時はジッパーを開けた状態で羽織れば、スリーシーズンに渡って活躍してくれるアウターです。

デニムジャケットはパーカーとレイヤードしよう

出典元 http://wear.jp

デニムジャケットも春になると活躍の場が増えるアイテム。意外と多くのブランドでピンクカラーが展開されています。 白Tとのシンプルなレイヤードも良いですが、淡いピンクと白だと少しメリハリのない印象にも見えかねません。そこで画像のコーデを参考に、黒パーカーなどをトラジションカラーで持ってくると、全体が引き締まります。 レイヤードを前提に考えて、ワンサイズ大きめのものを選んでも良いかもしれないですね。

出典元 http://wear.jp

〈CASPER JOHN AIVER〉のデニムジャケットは、定価9720円。 最近のトレンド通り、今年のデニムジャケットはオーバーサイズが主流。モデルさんのように一番上のボタンを閉じて、白Tとのレイヤードを見せる着こなし術もオーバーサイズならでは。他のアイテムを白と黒に抑えれば、ピンク色のジャケットも難なく着こなせるはずです。

イエローパーカーはネオンカラーが今っぽい!

出典元 http://wear.jp

イエローのスウェットパーカーも今年らしいのは、目がチカチカするような蛍光ネオンカラー。 実は、最新の18-19AWミラノファッションウィークでもネオンカラーを身にまとう人が来場者を中心に多かったそう。せっかくなら最新トレンドに合わせて、ネオンカラーを先取りするのが◎ かなり主張が強いアイテムなので、その他はワントーンでまとめておくのが無難です。

出典元 http://zozo.jp

〈SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH〉の蛍光パーカーは、定価5292円。 春先には一枚で、上にジャケットを羽織れば秋冬にも活躍してくれるアイテムです。

色の強弱でカラフルな色も使いやすくなる!

トレンドカラーのイエロー・ピンクを使った、ライトアウターを紹介してきましたがいかがでしたか? 普段使わない色に挑戦するのは勇気がいりますが、淡い色を選んでみたり、トレンドに身を任せておけば何も怖いことはありません!コーディネートもイエロー・ピンクを主役においてスタンダードなアイテムを組めば大丈夫。 今年は鮮やかな春のトレンドカラーを身にまとって、花見などで賑わう行楽シーズンを楽しみましょう!