春コーデは“マニッシュ女子”をお手本にしよう!

うちのたいよう

マニッシュ女子からオシャレ技を盗む!

ノージェンダーやジェンダーレスというジャンルがトレンドになったことで、近年のファッションアイテムやコーディネートには性別関係なく楽しめるものが増えてきています。しかし、多くの男性にとってはまだまだ挑戦しづらいトレンドであることも確かです。 例えば、女性誌では“おじコーデ”なる「おじさんが着ていそうな服を取り入れたコーディネート」が取り上げられることもあり、女性の間ではジェンダーをクロスオーバーした着こなしも普通になりました。 そこで今回Boy.男子の皆さんに注目して欲しいのは、マニッシュ=“男らしさ”を意識した女子達のファッション。元々、マニッシュコーデとは女性らしさを強調するために、逆に男性らしいアイテムをコーディネートに取り入れたものを指します。(スイカに塩を掛けるのと同じイメージですかね) 男性からレディースファッションへのクロスオーバーは難しいもの。そこで、マニッシュ女子達のコーディネートを元に、さりげなく女性らしさも感じられる着こなし術を盗んでみましょう! 男性がフェミニンなアイテムを上手く使えば、より男らしい色気のあるスタイルができるかも…?

ジャケットのインナーはVネックが◎

出典元 http://wear.jp

マニッシュコーデの基本アイテムとも言える“テーラードジャケット”。しかし、ここでの注目ポイントは、インナーに着ているVネックニットにあります。 ジャケットとワイドパンツは男性的な印象のあるアイテムで、Vネックニットは胸元の肌見せにより女性らしさを演出しています。

出典元 http://store.united-arrows.co.jp

メンズファッションだと意外と登場頻度の少ない、Vネックアイテム。コーディネートするにしても、Vネックニットの中に白シャツを着込むのがスタンダードではないでしょうか。 程度な胸元の肌見せはメンズでも好印象で、春らしい軽快さと清潔感も感じさせることができる着こなし術。やりすぎは禁物ですが、“素肌にVネックニット”は是非とも挑戦して欲しいスタイルのひとつです。

さらに、胸元にチラリと見える鎖骨は女子がセクシーだと感じる体のパーツのひとつ。出会いの多い春に向けて、色気やセクシーさが欲しい男性にもオススメです!

今期注目のアイテム“ミュール”がキテる!

出典元 http://wear.jp

革靴のかかと部分を取り去ったスリッパのようなデザインのシューズ、“ミュール”。 レディース向けアイテムとして2000年頃から人気がありましたが、最近ではメンズ向けのサイズも展開されておりかなり注目が集まっています。 画像のモデルを参考にしてみると、定番のテーラードジャケットにパーカーとスウェットパンツでかなりメンズライクなコーディネートですが、足元のミュールとそれに付いているファーでフェミニンな印象をプラス。絶妙な塩梅のスタイルになっています。

出典元 http://wear.jp

メンズ向けだとファーが付かなくても珍しいアイテムなので、抜け感のあるアイテムとして案外色んな場面で使うことができます。 日本発のシューズブランド〈Hender Scheme(エンダースキーマ)〉では、上のモデルさんが履いているcheak(チーク)とpaek(ピーク)という二種類のミュールが販売されているので、是非チェックしてみて下さいね。

トレンドど真ん中の“ウエストマーク”にトライ!

出典元 http://wear.jp

レディースファッションのトレンドで完全に定着した、ウエストマークスタイル。サッシュベルトやコルセットなどをアウターやオーバーサイズシャツの上から締めることで作るメリハリスタイルが特徴です。 ウエストがキュッと締まっているので、女性らしいフェミニンなスタイルになりますが着こなしによっては男らしくも演出できます。 画像のモデルさんを参照すると、見た目にも「カッコいい…」と口に出してしまいそうな着こなし。ベルトを穴あきレザーの男臭いアイテムにし、スラックスもスタンダードなものをチョイスする事でウエストマークの女性らしさを中和することに成功しています。

出典元 http://wear.jp

男性がベルトを締めてみるとこんな感じになります。 コートやアウターの丈も重要で、短すぎず長すぎない膝丈くらいが中性的なジェンダーレスな雰囲気を出すことができそう。 ベルトはあまり目立たせるとレディースファッションのイメージが強くなってしまうので、細めでアウターと同系色のものが無難です。

セットアップをハンサムに着こなす

出典元 http://wear.jp

この時期になると着たくなるセットアップも、マニッシュな着こなしがメンズにとってかなり参考になるはずです。 実は結構着こなしが難しいアイテムのひとつ、セットアップ。特に最近だとワイドパンツやオーバーサイズなフォルムがトレンドなので、小柄な人にとってはサイズ選びが難しいアイテムと言えます。

そこで、今回のモデルさんを参考にしてみると身長は159cmとかなり小柄ですが、スタイルが良く見える上に男性以上にハンサムな雰囲気のあるマニッシュコーデが作れています。 着こなしのコツは沢山詰め込まれていますが、一つ目は「クロップド丈の細身パンツを選んでいること」。ワイドパンツは着こなしによっては短足に見えてしまうアイテムなので、スタイルアップには細身でくるぶしが見えるくらいのクロップド丈パンツにシャツインするスタイルがオススメです。 二つ目は「ジャケットのサイズ感」。オーバーサイズのジャケットの“着られている感”を無くすためには、肩幅が重要になってきます。モデルの方をみてみると着丈は、オーバー気味ですが肩幅はジャストサイズより少し広いくらいに見えます。さらに、袖をまくって腕を通さず羽織るだけにしているのもハンサムなスタイルに見える工夫ですね。 是非是非参考にしてみてください。

レディースで人気再燃〈C.E〉の新しい着こなし

出典元 http://wear.jp

長らくメンズのストリートシーンの人気を集めているブランド〈C.E(シーイー)〉。ここ最近ではスケーターブランドとして女子たちからも多くの支持を集めています。 女性誌ではitブランドとして紹介されたり、昨年末にはコラボレーションデザインのロンTが発売されたりしました。 女性が着れば着こなしも様々で、今回紹介するスタイルはパンクな雰囲気のもの。メンズでは、ダボダボのロンTにワイドなパンツが定番のスケーターファッションですが、スキニーにライダースとマーチンを合わせればパンクな装いを作ることができます。 あえてモノトーンにまとめることでさらに、ジェンダーレスな着こなしができそうです。

最新トレンドは女子が握る!

多くの有名デザイナーがまずレディースラインから始めるように、ファッションのトレンドは女性誌やレディースのコレクションから発信されるものが多くあります。 特に、ジェンダーレスやノージェンダーな着こなしがトレンドとされる今だからこそレディースファッションの動向を追うこともオシャレなメンズとしては必要なことかも知れませんね。