【まだまだ人気】サンダル×ソックスを今年っぽく履くには?

うちのたいよう

トレンドのサンダルとソックスを合わせてみよう!

数年前から人気の着こなしとして定着しつつある“サンダル×ソックス”。春や秋などの季節の変わり目の時期に温度調節がしやすいこともあり、多くの人が試したことのある組み合わせのはずです。 しかし、最初こそ新鮮な着こなしでしたが、数シーズン過ぎると何と無く飽きが来てしまうもの。 そこで、今回はトレンドのサンダルを使った“新しいサンダル×ソックス”の着こなしをご紹介。今年らしいサンダルと合わせれば、“サンダル×ソックス”はまだまだ楽しむことができるはずの組み合わせ。 定番のスポサン以外のサンダルで、ソックスとの相性が良いサンダルを提案していきます!サンダルごとに人気のブランドも紹介していくので、購入する際の参考にしてみてくださいね。

シャワーサンダル×ソックス

出典元 http://wear.jp

今年のトレンドNo.1は海水浴場でよく見られるような形の、シャワーサンダル。きっかけのひとつとして、ジャスティン・ビーバーが〈GUCCI〉のシャワーサンダルをソックスと一緒に履いていたことで、注目を集めました。 サンダルを履いたままシャワーを浴びた時に水はけが良いように、極限までシンプルにしたデザインが特徴です。日本だと“つっかけ”と呼ぶことも。 とにかく簡素なデザインなので、靴下の選択肢も多い組み合わせです。 デニムと合わせるなら、無難に白ソックスと合わせるのが◯。 シンプル過ぎると思う人は、モデルさんのようにポイントでストライプ柄などが入っていると、チラ見せできてオシャレです。

出典元 http://jp.puma.com

〈FENTY PUMA by Rihanna〉JELLY SLIDE 定価9,720円 さらに今年らしくしたいのなら、透け感のある素材のシャワーサンダルがオススメ。 ファッション界隈ではPVCと呼ばれる、塩化ビニル素材のアイテムがトレンドを席巻中。レディースを中心にバッグやシューズに最新素材を使ったアイテムが大手メゾンのコレクションに登場しています。 メンズでもいち早くこのトレンドに乗れたならオシャレ上級者認定は間違いありません。

ミュールサンダル×ソックス

〈GUCCI〉のプリンスタウンシリーズで人気に火がついた、ミュールサンダル。革靴のようにフォーマルでありながら、かかとを取り除いたデザインが絶妙な抜け感を表現してくれるアイテムです。 ミュールとは、細かく分けるとつま先部分が覆われていて、かかとにあるはずのストラップなどを排除したデザインのサンダル。元々は部屋履きとして使われていたため、ミュールは“外履き可能なスリッパ”と呼ばれることもあります。 シャワーサンダルと共に、つっかけタイプのサンダルのひとつとしてメンズでも人気が出始めています。

出典元 http://zozo.jp

〈alfredoBANNISTER〉ミュール 定価21,600円 牛革で作られたノームコアなデザインが特徴の〈alfredoBANNISTER〉のミュール。暖かくなってきた季節に活躍するセットアップとも相性の良いきれいめアイテムです。 通常のローファーとは違い、かかと部分が開いている分ソックスとのコントラストも表現しやすくなります。無難にシンプルな白ソックスと合わせれば、季節感のある春ファッションの完成です。

出典元 https://www.zara.com

〈ZARA〉ミュールスニーカー 定価5,990円 ミュールサンダルには2種類のタイプがあり、先ほど紹介したかかと部分が元々ないものと、こちらのように下に折り曲げるタイプとがあります。特にスニーカーのようにカジュアルなアイテムだと、派手な遊びのある靴下でも合わせやすそうです。

サボサンダル×ソックス

YuMaさん(@ycf_mr)がシェアした投稿

ミュール同様かかと部分が露出しているデザインが特徴的な、サボサンダル。別名クロッグサンダルとも呼ばれています。 最近ではゴム素材で作られたものがほとんどですが、元々は木をくりぬいて製作されていました。 ミュールとの違いは、つま先が少し上向きに反っていて、ラウンド型になっていること。少し野暮ったくも見えるようなボリューム感のあるつま先の形の違いで、見分けることができるはずです。 フォーマルにもカジュアルにも使えるアイテムなので、モデルさんのように青・黒で色を統一して柄物ソックスで遊んでみても◎

出典元 http://www.birkenstock.com

〈BIRKENSTOCK〉Boston マイクロファイバー 定価12,960円 サボサンダルの代名詞と言えば、〈BIRKENSTOCK〉のBostonシリーズ。日本でも大変人気のモデルです。 このサボの素材には“マイクロファイバー”が使われており、動物性素材は一切使われていないヴィーガン製品。見た目の重厚感に反して、表面に使われたフリース素材により通気性も確保された春夏シーズンにぴったりのアイテムです。

グルカサンダル×ソックス

出典元 http://wear.jp

全体をストラップで覆ったデザインが特徴のグルカサンダル。一見靴のようにも見えるように、足全体がサポートされているので長時間履いていても疲れにくいサンダルです。 サンダルというと比較的ラフに見えがちですが、グルカサンダルの場合はレザー製のものが多く、通気性を確保しながらも洗練された印象を与えることができます。スラックスなどのフォーマルアイテムとの相性も◎ 全体が覆われている分、ソックスはサンダルに使用されているレザーよりも明るい色味のものを選ぶことをオススメします。

出典元 http://zozo.jp

〈green label relaxing〉SC ELLA GLR レザーグルカサンダル 定価8,424円 甲からつま先にかけてレザーの編み込みが細かいデザインのグルカサンダル。かかともしっかりレザーで覆われているので、ブラックソックスで合わせればモードな雰囲気でも履くことができそうです。

下駄・草履×ソックス

出典元 http://wear.jp

“サンダル×ソックス”の組み合わせで他と差をつけたいのなら、下駄・草履で合わせればそうそう被ることはありません。挑戦するにはハードルが高い気もしますが、靴下の見える範囲が広い分、色んな靴下で組み合わせを楽しむこともできます。 ちなみに、親指が離れた“足袋ソックス”でなくても五本指ソックスで代用可能。 通気性に優れた着物ガウンや袴パンツとの相性はお墨付きなので、この季節にぴったりの着こなしです。

出典元 https://manaproject.shop-pro.jp

〈JOJO〉紺・赤・白 定価23,000円 〈JOJO〉のゴム草履は、ビーチサンダルを意識したデザインで鼻緒には水着で使用される伸縮性に優れた素材が使われています。アスファルトの上で歩いても疲れにくく、現代的に改良された新しい草履です。 カラーバリエーションも豊富で、鼻緒・前ツボ(指で挟む部分)・底面の3箇所で色の組み合わせを楽しむことができます。ソックスも草履で使われている3色から1色拾うようにすれば、簡単に色合わせすることができるはずです。

“サンダル×ソックス”もまだまだ楽しめる!

サンダルの形の違いでソックスの見え方も変わるため、組み合わせも無限に楽しむことができます。シンプルなデザインのサンダルがトレンドの今こそ、普段は挑戦しづらい派手な柄物ソックスにも手を出すことのできるチャンスかもしれません。 ミーハーな組み合わせで大量生産型だと思われないためにも、是非まだ持っていないサンダルを今年は手に入れてみてください。 マンネリ気味の“サンダル×ソックス”もトレンドのサンダルと合わせて、今年の春もまだまだ楽しめるはずです!