【クロップドパンツの季節!】足元から衣替えを始めよう

うちのたいよう

クロップドパンツで春らしい爽やかコーデに挑戦!

暖かい陽気と共に活躍の機会が増えるファッションアイテム、“クロップドパンツ”。 ふくらはぎからくるぶしの間くらいの丈でカットされたデザインが特徴で、爽やかなイメージが出せるため、春夏には欠かせないアイテムのひとつと言えます。 ただ、丈感やパンツの太さを少し間違えるとスタイルが悪く見えてしまう可能性もあるので、あまり得意ではない人もいるのではないでしょうか? そこで、今回は“クロップドパンツ”の上手な着こなし方を色んなスタイルに合わせて紹介していきます。 是非これからのシーズンの参考にしてみてください!

素足に合わせて、季節感のある足元に

出典元 WEAR クロップドパンツの王道の着こなし方は、やはり素足で肌見せが一番。 春らしい軽やかな雰囲気も感じられ、素肌に風が当たる感覚も気持ち良いスタイルです。 ラフな印象が出るので、合わせるアイテムはスラックスや革靴で中和すると◎ 出典元 WEAR 素足で合わせるのであれば、サンダルでもOK ただ、クロップドパンツは丈が長く綺麗目な印象を持つアイテムなので、スポーツサンダルやコンフォートサンダルなど露出する肌面積が多いサンダルとの組み合わせはオススメしません。 画像のモデルさんのようにしっかり足を覆ってくれるタイプのスポーツサンダルや、グルカサンダルなどがオススメです。

シューズとソックスの色合わせで鉄板コーデ

出典元 WEAR クロップドパンツコーデで失敗しないためのコツのひとつは、シューズとソックスの色を合わせること。 特にブラックは、引き締め効果のある色なので足首が細く見え、それに応じて脚全体も細身に見えます。 足元をオールブラックに揃えるなら、モデルさんのようにシンプルなモノトーンコーデとの相性が良いです。 出典元 WEAR オールブラックとは真逆のオールホワイトの組み合わせもオススメ。 今の季節に履きたくなる薄色ジーンズにも合わせやすいので、暖かくなるにつれても着こなしやすいスタイルです。

個性派はソックスで主張すべし!

出典元 WEAR 日々のコーディネートに個性を出したい人には、差し色を使ったソックスとクロップドパンツの組み合わせがオススメ。 ソックスを使った差し色だと“赤”をよく目にする印象がありますが、暖色なので今の季節にはちょっと暑苦しく見えかねません。 そこで、使うのが“青”などの寒色系カラー。足元から爽やかで涼しげな印象を作ってくれます。 出典元 WEAR 差し色でなくてもお気に入りの柄物ソックスで応用可能◯ せっかくなので通常の丈よりも短く、ロールアップで柄を多く見せるのも効果的な着こなし術のひとつです。

“クロップド×ブーツ”はパンツ選びがポイント


出典元 Pinterest
クロップドパンツはブーツとの組み合わせもアリです。 モデルさんのようにデニムなどのパンツをブーツの少し上くらいまでロールアップすることで、着こなしは簡単に完了。黒のスキニーデニムに合わせることで、全体的にロックやパンクの雰囲気を出す事ができます。 タイトなパンツなので、特に脚が細めの人にはスタイリングしやすいはずです。 出典元 WEAR ナチュラルな雰囲気を出したい方には、ゆったりとしたベイカーパンツやカーゴパンツがピッタリです。無造作にロールアップすることで、こなれた印象も感じさせます。 ゆったりとしたパンツのおかげで、脚の太さが気になる人でも挑戦しやすいコーデのはず。ナチュラルさを考えて、サイドゴアブーツなどあまりモードやフォーマルなイメージのないブーツを選びましょう。

ロールアップ幅で雰囲気の違った着こなしを

出典元 WEAR クロップドパンツは原則くるぶし丈でカッティングされたものを指しますが、手持ちのデニムやパンツをロールアップしても同じように楽しむ事ができます。 ここ最近のトレンドでは大手ファッションブランドを筆頭に、画像のようなかなり広いロールアップ幅で着こなしをする人が増えています。 既視感がない人には挑戦しにくいかもしれないですが、モード系が好みの人には是非挑戦してほしいスタイルです。 出典元 WEAR 逆にロールアップを狭くすると、男らしく、ワイルドな印象を与えます。 スマートな雰囲気を出すためにも、タイト目で大人っぽいダークカラーのパンツが良さそうです。

小物の使い方で着こなしは無限に楽しめる!

いかがでしたでしょうか。 クロップドパンツの着こなしには、ソックスやシューズを含め全体のバランスを見る事が重要なポイントになります。 逆に言えば、アイテムの組み合わせ次第で様々な印象のコーディネートを作ることもできるようになるわけです。 今年の春夏は今まで挑戦したことのないクロップドパンツコーデを是非実践してみてくださいね!