気分さわやかに♪梅雨時期に聴きたいオシャレなシティポップ特集

Boy.公式

通勤・通学が憂鬱になりがちな梅雨時期は、オシャレなシティポップを聴いて乗り切りましょう。シティポップとはポップミュージックの中でも都会的で洗練された音楽ジャンルのことで、最近はsuchmosやceroなどが有名ですよね!今回はカテゴリ別にオススメのシティポップをご紹介。全曲youtube付きなのでお気に入りの一曲を見つけてみてくださいね♪

シティポップのニューカマー

YogeeNewWaves

2013年活動開始で今年も全国各地の夏フェスに引っ張りだこなYogeeNewWaves。都会的でありながらどこか懐かしい歌声とサウンドが特徴です。2018年のシティポップを語るならまずはこのバンドから!

LUCKY TAPES

こちらも要チェックなシティポップバンド、LUCKY TAPES。YogeeNewWavesが懐かしさを前面に押し出していたのに対し、こちらのバンドはソウル風で洗練されたサウンドがポイントです。洋楽好きなあなたは要チェックですよ♪

ヒップホップ×シティポップ

tofubeats

大人気のトラックメイカーtofubeatsもヒップホップにシティポップの要素を組み込んでいるのがオシャレですよね。踊れるシティポップはドライブや街歩きのBGMにもぴったりです。

かせきさいだぁ

ヒップホップ×シティポップの先駆け。ミスターシティポップこと、かせきさいだぁ。90年代から活躍する彼ですが、最近ではアイドルグループでんぱ組.incへの楽曲提供などをきっかけに若い世代のファンも増えています。

人気ミュージシャン×シティポップ

くるり

人気バンドくるりもシティポップ風の一曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」をリリースしています。普段のバンドサウンドとはまた違ったラップと打ち込みサウンドが癖になる一曲ですね。

星野源

今や国民的ミュージシャンとなった星野源。そのルーツはソウルミュージックにあり、近年は懐かしくてダンサブルなシティポップ風の楽曲をたくさんリリースしています。シティポップの元祖、細野晴臣さんとの交流も深いようですよ。

懐かしくて新しいシティポップ

いかがでしたか?懐かしさと新しさを兼ね備えたシティポップは、ソウルミュージックやヒップホップとも縁が深く、意外と奥が深いんです!ジメジメの季節を乗り切るため、お気に入りの曲を集めて気分がアガるプレイリストを作ってみてはいかがでしょうか?