夏の臭い対策には香水よりもヘアトニックがおすすめ!頭の臭いに注意!

Boy.公式

夏も本番となり、友達や彼女と外に出かけていて気になるのはやはり臭いですよね。自分では気づいていなくても相手は気づいていることも。香水をつけていても香りが強すぎては逆効果。デキる男子として臭いのケアは重要ですね。
今回は、香水ではなくヘアトニックのご紹介です。しかしヘアトニックと聞いても温泉やプールの洗面台に置いてあるぐらいで意外と使ったことがない男子は多いはず。実はヘアトニックは頭皮の化粧水と呼ばれ、頭皮の保湿状態を維持し清潔な状態に保ってくれるんですよ。また頭皮に清涼感を与え、良い香りがするものも多いのでとくに夏に使わない手はない!ということで、オススメのヘアトニックをご紹介します!

柳屋 ヘアトニック 微香性シトラス

出典元 amazon.co.jp ほんのりさわやかなシトラスの香りが漂います。香りがキツくないから朝でも使いやすいです。超爽快タイプで清涼感が持続する成分を配合しているため、頭皮をさっぱり保ち、スッキリとした清涼感が長時間持続します。

クラシエ オトコ香る。トニック(レッドローズ)

出典元 amazon.co.jp 頭皮の匂いを抑えてくれる上、レッドローズの香りがほのかに続きます。普通のヘアトニックだと朝付けても昼前には香りが抜けてしまうものですが、驚くことにこれは夕方まで長続きします。またBODY用と合わせて使用することで全身からバラの香りが続き、余裕のある大人を演出してくれますよ。

WELEDA(ヴェレダ) オーガニック ヘアトニック

出典元 amazon.co.jp 自然なローズマリーのさわやかな香りです。付けた瞬間、頭皮に浸透していくような心地良さで頭皮に爽快感を与えます。 植物由来の成分を配合したオーガニック製品なので、刺激が少ないだけでなくさっぱりとした使用感。髪にもしなやかさとコシを与え、さらさらにしてくれますよ。

ヘアトニックの使い方

頭皮はデリケートで傷つきやすいので、爪が頭皮に触れないよう注意しましょう。ヘアトニックにはスプレータイプとドロップタイプの2種類があります。スプレータイプは頭皮から離して吹きかけるタイプ。ドロップタイプは直接容器から液体を頭皮にふりかけるタイプです。好みにあわせてチョイスしてみましょう。
ヘアトニックで効果を得るには成分を浸透させる必要があり、頭皮の皮脂や汚れを落とした洗髪後に使用するのがオススメです。朝使用するなら、整髪料をつける前がベストタイミングですね。頭皮が湿っていると雑菌が繁殖しやすいため、洗髪後に使用する場合はお風呂上りの髪をタオルドライしましょう。そのあとにヘアトニックを適量頭皮になじませて、軽くマッサージをすると効果的です。マッサージするときは、指の腹全体を使い頭全体を軽く叩くように刺激しましょう。

まとめ

いかかでしたか?これで気になる夏の頭皮の臭いからおさらばできますよ!現代人はスマホやパソコンなどの使用で頭皮が凝っており、疲れや臭いのもとになると言われています。今、ヘアトニックの愛用者が急増しているんですよ。今回ご紹介したもの以外にも、最近は無香料のものや刺激の少ないものなど種類も多いです。良い匂いがすれば気分も晴れます。この夏良い匂い男子になって出かけましょう!