【原宿・表参道】ファッションスナップ Part.2【美容師特集!】

うちのたいよう

今回も『美容師特集』!?

スナップ復活後、さっそく第二弾!
今回、スナップ撮影を敢行したのは「原宿・表参道エリア」。ラフォーレやキャットストリートなどがあり、ハイブランドも多く集まる日本屈指のシャレオツエリアです。

撮影日は7月2日、最高気温35℃の猛暑日…。
汗だくになりながら、お洒落さんのスナップを撮影して参りました。
今回は、”ある職業の方”が多いスナップに…?
これからの季節に向けて、迷えるBoy.男子たちにビビッとくるコーディネートが目白押し!

表参道で働く美容師 増井歩夢さん 20歳

映えある撮影隊一発目に声をかけさせていただいた、増井歩夢さん。
表参道にある美容室〈COCOON〉のアシスタント1年目。地元の仙台から今年の4月に上京して来たそう。
緊張高まる初の声かけにもこころよく応じていただきました。ほっ。

−−「今日のこだわりアイテムは?」

「この〈VANS〉のスニーカーですかね。あまりない形だったのでお気に入りです。」

ベルクロの〈VANS〉といえば“オールドスクール”が有名ですが、これはデザインもシンプルでカラーリングが絶妙なニュートラルカラー。色んなコーデに合わせやすそう。
ちなみに、増井さんの今日のコーディネートはほとんどが古着とのこと。シューズの優しい色合いが古着コーデとマッチしてまとまり感があります◎

まだ上京して3ヶ月、あまり東京の買い物エリアにも詳しくないと話してくれました。
それにしてはお洒落だし、年齢のわりにずっと落ち着いているし…。
自分が20歳の時は、服にも無頓着で落ち着きなかったなあ…。(東京生まれ東京育ち)

「心配しなくても大丈夫!素敵なスタイリストになってください!」と老婆心ながらそっと心の中で呟いたのでした。
増井歩夢さん、ご協力ありがとうございました!

○増井歩夢さん着用アイテム
Tシャツ(古着)/ パンツ(古着)/ ショルダーバッグ / スニーカー(VANS)
Instagramアカウントはこちら(@masui__ayumu)から

代官山で働く美容師 Katsuyaさんと杉村一侑さん

次は、表参道を歩いていたお洒落さんお二人を直撃しました。同じ美容室で働く、先輩後輩とのこと。
そしてなんと二人が務めている代官山の美容室は〈CHAUSSE-PIED EN LAITON(ショスピエ アン レトン)〉。Part.1で紹介させていただいたshunpeiさんと同僚の方々でした。この記事を執筆しながら気付くという失態…。

お休みの日だったけれど、一度お店に寄って来たそう。
仕事柄、汚れないように黒い服を自然と選んでしまうとのこと。まるで合わせて来たような黒のリンクコーデなので、相当仲良しなんだなと思っていました笑

−−「今日のこだわりアイテムは?」

杉村さんは休日のラフ着だったので「特にお気に入りアイテムはない」とのことでしたが、Katsuyaさんはこちらの〈CARVEN〉のレザーシューズを選んでくれました。
私の能力不足のお陰でかかと部分が撮影できていませんが、こちら実は後ろのストラップで留められるようになっています。

出典元 farfetch.com

多分こちらかな…?(探して来ました)

Katsuyaさんのこだわりは「ラフの中にかっちり」
まさにこのレザーシューズも後ろがストラップで抜け感アリ。コーディネートもかっちりアイテムのポロシャツに、カジュアルなショーツを合わせています。
こだわりをそのまま表現してくれているようなコーディネート、ありがとうございます!!解説しやすい…!

カメラ越しに見るとKatsuyaさんは、毛先に少し緑を入れています。さりげなさがお洒落だなあ。
美容師の方々は髪型も往々にして決まっているから、トータルコーディネートとしてファッションスナップにも人気があるのかもしれないですね。

今後の記事制作のため、アンケートにも長時間回答いただきました…!
Katsuyaさん、杉村一侑さん、ご協力ありがとうございました!

○Katsuyaさん着用アイテム
ポロシャツ(ラコステ)/ ショーツ(古着)/ レザーシューズ(CARVEN)
Instagramアカウントはこちら(@ushida_chaussepied)から

○杉村一侑さん着用アイテム
ベスト(古着)/ Tシャツ(ジョンローレンスサリバン)/ イージーパンツ(古着)/ トートバッグ(サロンオリジナル)/ プレートゥシューズ(コーチ)
Instagramアカウントはこちら(@jetcity961)から

【編集後記】図らずも『美容師特集』に…

気づかない内に、3人の美容師の方々を取り上げることになった今回。
やはり日本でも有数の美容室激戦区ということもあり、カットモデルを探して道端に立っている美容師さんを多く見かけます。

私たちのような撮影隊が声をかける方も、休憩中の美容師さんなどが多く、そして皆さん一様に優しい…
やっぱりキャッチの苦労を知っているからなのか、皆さんすぐに立ち止まってくださいます。感謝。謝謝。
炎天下の中、記事の材料集めに苦心している私たちではありますが、そのために立ち止まってくれるモデルの皆さんも暑い中撮影に応じてくださっているわけです。
「文句なんか言ってられんな!ありがとうの気持ちを忘れちゃいかんぜよ!」と、度々勇ましい気持ちになることができました。

それでも、暑いのは変わらないんですけどね…。コンビニで休憩しよ…。

Part.3はこちら!