青髪は負け確定?失恋の秋にぴったりな玉砕ヒロイン特集!!

きんぴらごぼう

秋といえば綺麗に染まった紅い葉が落ちるように、恋心も儚く散っていく季節。
様々なアニメ作品でも主人公に思いを寄せるものの、見事に玉砕していく不遇のヒロイン達が存在しており、特に青髪ヒロインの玉砕率の高さが最近は話題となっています。
今回はそんな主人公のハートは射止められなかったけれど、私たちのハートを射止めていく魅力的な青髪ヒロインを紹介していきたいと思います!

『凪のあすから』潮留 美海

出典元 Twitter.com

P.A.WORKS独特の透明感のある作画とまるで昼ドラのようなドロドロ恋愛を描いたことで話題となった『凪のあすから』。
登場するほとんどのメインキャラクターたちが結ばれる中、唯一売れ残ってしまったのが、この美海ちゃんです。
売れ残り=難あり、と思われそうですが、なぜ主人公の光とくっつかなかったのか!と今でも憤る気持ちが湧き上がるほど作中で一番、光のそばにいて支えていました。

特に光のことが好きという気持ちを捨てるために、「まなかさんのこと好きって言って!」と、自分の恋心を擦り潰そうとする姿はとにかく切なくて、誰でもいい、この子を幸せにしてください!という気持ちが募ってしまうほど一途な女の子です。

『魔法少女まどか☆マギカ』美樹 さやか

出典元 Twitter.com

幼馴染で恋心を抱いていた、上条恭介の腕を治すため魔法少女になったさやかちゃん。その時に「奇跡も、魔法も、あるんだよ」と恭介に告げた言葉は今でも多くの人の心に残っているのではないでしょうか?

明るく活発な性格のさやかちゃんですが、魔法少女になってから判明する事実と、さらに追い討ちをかけるように親友の仁美と恭介が付き合うことがきっかけで、絶望に染まり闇落ちしていく姿は、まさしく悲劇のヒロインの名にふさわしい少女です。
テレビ版は報われなさすぎて目をそらすしかないようなさやかちゃん。ですが、劇場版「叛逆の物語」では失恋を乗り越え、杏子と仲睦まじく過ごしている理想郷が観られるのでまだの方はぜひチェックして観てください!

『Re:ゼロから始める異世界生活』レム

出典元 re-zero-anime.jp

圧倒的ヒロイン力で主人公のスバルだけではなく、多くのリアルな殿方のハートを撃ち落としてきた人気キャラクターのレム。
最初はスバルに対しての不信感で冷たい態度のレムでしたが、ある事件をきっかけにスバルに信頼と愛する気持ちを抱き、そこからの包容力とデレのオンパレードが本当にすばらしいです!
さらにスバルが絶望し一緒に駆け落ちしようとレムにすがるシーンでは「未来のお話は笑いながらじゃなきゃダメなんですよ」、「今一緒に逃げてしまったら、レムが一番好きなスバル君を置き去りにしてしまう」とスバルの為を思い諭す姿に心奪われない人はいないのではないのでしょうか?

こんなに包容力があり、主人公に対して深い愛を持って接しているレムですが、本作のメインヒロインは「エミリア」であり、レムとハッピーエンドは望めなさそうで…そう思うと胸が苦しくなっていますね。

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』イチゴ

出典元 darli-fra.jp

こんなに負けに負けているヒロインを、いまだかつて見たことがあるだろうか!というくらいメインヒロイン「ゼロツー」に完敗したヒロイン、イチゴ。
「幼馴染」「名前をつけてもらう」「キスをする」といった全ての勝てそうな要素を、ゼロツーがそれ以上の要素で塗り替えてしまった可哀想なヒロインです。

性格は真面目な優等生タイプで第13都市部隊のリーダーとしてみんなを引っ張っていけるほどの有能さを持ちながらも、主人公のヒロに関係することになると暴走気味になってしまう面があります。
そのイチゴの暴走でヒロとゼロツーが会えなくなってしまう事件が起き、放送当時は賛否両論ですごく話題になったこともありました。
あまりにもヒロがゼロツーのことしか見えてないため可哀想すぎるイチゴですが、幼馴染でイチゴに思いを寄せていたゴローが最終的に引き取っていってくれたので、負けに負けたけれどしっかり幸せは掴んでくれたので一安心なキャラクターです。

負けてもやっぱり魅力的!

主人公に玉砕してしまうキャラクターが多い青髪のヒロイン達。どのヒロインも主人公に献身的で包容力が高く、自分を犠牲にしても主人公を支えていく姿はとても魅力的ですよね!
こんなに魅力的なのに主人公に振り向いてもらえないヒロイン達を次元の壁を超えて嫁にして行きたい!そんなことを考えながら一人寂しい秋を過ごすのもいいかもしれませんね。