【定番は聴き飽きた】秋をおしゃれに彩る!洋楽ポップ10選

Boy.公式

新しい季節に、新しい音楽を

出典元 shutterstock.com Boy.読者のみなさん、こんにちは! 「最近iPodがマンネリ化している…」そんな悩み、ありませんか?   「定番のアガる曲もいいけれど、たまには冒険してみたい。」 そこで、涼しい風が吹くこの季節にぴったりな秋の特別企画。   「周りと差をつけたい」「いつもと違う音楽を聴きたい」 好奇心旺盛なイケてる男子のためにおすすめ10曲をご用意!   テラスハウスで流れる曲や、人気のEDM・R&Bの情報は自然と入ってきます。 今回は定番曲のことは一回忘れ、「癒しの」音楽を手に入れましょう。   秋のイメージによく合うように、涼しげで心地よく聴けるものに限定して集めてみました。    

「爽やかに心地よく」おしゃれ女性ボーカル

女性ボーカルの魅力はなんといっても「爽やか」なところ。 過ごしやすい季節を空間ごとおしゃれに彩ってくれるはずだ。  

Missy Higgins – Steer

  On a Clear Night (2007) 収録 _朝の爽やかな時間、涼しい日の午後に   <おしゃれポイント解説> イントロのギターが空間を押し広げてくれます。 なめらかな声はシンプルながら意外と力強いんですね。 <おすすめアーティスト診断> 優しい声質が好きなあなた。John Mayerにハマるかもしれません。  

Natalie Imbruglia – Torn 

–   Left of the Middle (1997)収録 _午後のティータイム、よく晴れた日に   <おしゃれポイント解説> 少しかすれた声が深みのある味を引き出します。 息遣いが曲全体をシャープにしていますね。 <おすすめアーティスト診断> シャープな歌声が好みのあなた。Sheryl Crowが好きかもしれません。  

Pretty Dress – Rosie Thomas 

  If Songs Could Be Held (2005)収録 _夕方に近いとき、ぼーっとしているときに   <おしゃれポイント解説> 弾き語りとバンド2つのパターンの織り交ぜ方が絶妙。 そっとささやくような声が女性らしい作品に仕上がっています。 <おすすめアーティスト診断> 柔らかい曲調と声がお好きなあなた。the Corrsに魅力を感じるかもしれません。  

Seattle – Kari Kimmel 

  A Life in the Day (2006)収録 _秋の夜長に、じっくり浸りたいときに   <おしゃれポイント解説> 美しい旋律を奏でていますね。 音程の推移がもの寂しさをよく描き出しています。 <おすすめアーティスト診断> ピアノ×女性ボーカルとすると、Vanessa Carltonが有名どころです。  

A Case of You – Gabrielle Aplin 

  Light Up the Dark (2015)収録 _外出中に、広々とした自然の中で   <おしゃれポイント解説> 天使のような歌声ですが、なぜか意地悪な感じが魅力的。 いつもの日常とちょっと違うような緩やかな時の流れ。 <おすすめアーティスト診断> Sixpence None The Richerが非日常的な安らぎをくれるでしょう。    

「切なく暖かく」おしゃれ男性ボーカル

暖かみのある雰囲気づくりは男性ボーカルならでは。 どこか切ない印象の曲は、センチメンタルな秋にぴったりだ。  

Ben Jelen – Come On 

  Give It All Away (2003)収録 _帰り道に、夕日が沈む頃   <おしゃれポイント解説> ピアノを弾きながら力強く訴えるところがポイント。 甘めの歌声をピアノがしっかりと包み込んでくれています。 <おすすめアーティスト診断> スローよりミドルがお好きですか?Lady Antebellumが応えてくれますよ。  

Ryan Cabrera – True 

  Take It All Away (2004)収録 _夕方の帰り道、リラックスしたいときに <おしゃれポイント解説> ギターの弾き語りはその人の色が出ますが、 色気というかツヤというか、奥ゆかしさを不思議と感じますね。 <おすすめアーティスト診断> 弾き語りもやっている男性ボーカル、やはりJohn Mayerが強い。  

Keep On – Tyler Hilton 

  Ladies and Gentlemen (2010)収録 _朝焼けを見ながら、部屋の中で   <おしゃれポイント解説> 無理のないコード進行が安らぎを与えてくれます。 シンプルなのに飽きがこない飾らなさがむしろおしゃれ。 <おすすめアーティスト診断> ちょっと寄せている?John Mayerに似ている。  

Christopher Jak – Old Scars 

  Applause of the Rain (2003)収録 _夜、お酒を飲みながらでも   <おしゃれポイント解説> おちついた曲調は心地よさの必須要件。 古傷もいつか癒えそうな気がしてきます。 <おすすめアーティスト診断> 癒しを求めるなら、air supplyが適任でしょう。  

Hard To Let A Good Love Go – Ernie Halter 

  Franklin & Vermont (2014)収録 _朝のコーヒータイムに、眠たいときに   <おしゃれポイント解説> 声の優しさに呼応して、ギターの音色も優しくなります。 <おすすめアーティスト診断> 案外Lionel Richieが響いてくるかもしれません。    

この秋はおしゃれな洋楽で上質な時間を

いかがでしたか? たまにはちょっと大人っぽく背伸びして、おしゃれな洋楽に身を任せてみましょう。   新しい季節。いつもはない出会いが待っている季節。 音楽も例外ではありません。   「ヒットチャートは押さえないと」 そう思っていると、なかなか新規開拓に手が回りません。 たまには寄り道してみませんか? 新しい音楽との出会いが、あなたの生活を彩ってくれることを願って。 では、またの機会にお会いしましょう。