【元ChokiChokiキング・grico美容師】宮永えいとが公式キュレーターに登場!

Boy.公式

Eito’s profile

1990年生まれ。学生時代にモデルを経験し、2010年に CHOKiCHOKiにて、おしゃれキングに抜擢される。   119452.LINE   2011年から美容院gricoで働き始める。   なんと、今回宮永えいとさんにBoy.の公式キュレーターに就任して頂いた!ということで、彼のファッションやシゴトに対する思いや、「かっこいい」の追求についてインタビューして参りました!  

What is “fashion” for Eito?

—ファッションに興味をもったきっかけは?

ファッションに興味をもった時は中学生です! 中学で野球部の先輩と遊んだのがきっかけです。野球部はファッションなんて全然気にしてないと思っていたら、野球部の先輩が皆おしゃれだったんですよ。 小学生から上がりたての僕は、お母さんにほぼ選んでもらったTシャツを着て行って、先輩みんなに爆笑されましたね(笑)なめられてるな〜と思って、そこからおしゃれしようって始めました。  

—その時のファッションは何を参考にしてましたか

インターネットですね。 中学生の時にインターネットでワックス調べていたら、今で言うwearみたいな、”ピーコスレ”っていうファッション系の掲示板を見つけたんですよ。 自分でコーディネートを撮って、その写真をピーコスレにあげると、ピーコスレの住民から「ださい」「きもいだ」だの、めっちゃ言われました(笑)   119462.LINE   でも、そこのピーコスレの住民が、みんなおしゃれだったんですね。 で、そこの人たちに「靴下はこれを合わせた方がいいよ」とかアドバイスされていく内に、”ああ、これはこうした方がいいのかぁ”って、徐々にコツを掴みました。  

—CHOKiCHOKiのおしゃれキングになったきっかけは?

高校3年の時に、CHOKiCHOKiでスナップを撮って頂いたのがきっかけです。 それから、スナップ撮影があると誘われるようになりました。そして、CHOKiCHOKiに載るようになってたら、専門学生の時にCHOKiCHOKiキング決定戦にエントリーして頂いていました。 気が付いたら最終候補に残っていて、”あれ?”って思っている内に、電話がかかってきて、「来月のCHOKiCHOKiミーティング出れる?」って言われて。どういうこと?みたいな(笑)  

—︎好きなブランドの服の系統は?

モード系を一番よく着ます!   119457.LINE   専門学生時代は全身古着でロン毛だったんですけど、gricoに入ってからは、ズタボロな格好はしなくなりましたね。gricoの空気感がモードっぽいから、パキっとしたファッションになりました。  

—最近買ったアイテムは?

PRADAの靴を買いました。PRADAの靴は厚めの底なので、身長がちょっと盛れるんです(笑)!

What is “fashion” for Eito?(続き)

—服を買うことを気にしているポイントは?

  僕は背が高くないし、体の線が細いので、それこそレディースとかを着ます。メンズも一番小さいものをゆったり着たり、全てはバランスです! gricoでは、バランス悪いって毎日言われるんですけどね(笑)  

—最近、おしゃれだなと思う人は?

モデルのSara cummingsです!  

  女子なんですけど、めっちゃイケメンなんですよ! 僕は、完全にこの髪型ぱくってます(笑)  

︎What kind of job does Eito do?

—美容師さんの1日は?

普通にサロンワークをする日だったら、gricoで朝の11時から夜の21時まで営業していますね。そこから23時までアシスタントのレッスンをします。 その後は、近くのカフェに入って仕事をするか、家に帰って、音楽を聴くかパソコンいじるかしてから寝ます。   119508.LINE   ただ、僕が働いているgricoは、他の美容院と少し違って、サロンワーク以外の業務もしています。例えば、服を売ったり、イベントを企画したり、商品開発など。他にも芸能プロダクションにモデルを仲介したり、最近はウェディングの事業にも関わっています。 僕が働いているgricoでは、美容師の在り方をもっと変えようっていう考えがあるんです。美容師はお客様の髪を切る以外にも、お客様との鏡の前での対話から色んな価値をもっと生み出せる職業だと思ってます。  

—美容師のサロンワーク以外で好きな仕事はありますか?

僕自体がどの作業が好きというよりは、お客様が喜んでくれたら何でもいいかなと思います。 僕はgricoに育てられて、社長のエザキに育てられて、お客様に育てられました。その人たちを幸せにするのが僕の使命だと思っているんです!   119474.LINE   だから、僕は全てを統括できる立場に在りたいな、とは思います。 今のところ、世の中の認知としては“grico=エザキヨシタカ”が大多数です。僕はそのイメージをいつかは変えたいなと思っています。gricoといえばエザキだけでなくて、他のスタッフの名前も挙がる状態にしたいんです。

︎What kind of job does Eito do?(続き)

-︎美容師で大変なことはありますか?

綺麗ごとばっかりで気持ち悪いって思われるかも知れないですけど、お客様のことを本気で考えていたら辛いことは殆ど無いと思います。 そもそも、美容師の”アシスタント”って言葉が格好よすぎるのが問題だなと思っていて。 だって、”原宿美容師アシスタント”って聞くと、キラキラして格好良いじゃないですか。料理人の”見習い”は、もっとキリッとしてる。   119476.LINE   僕はそこらへんで座って、たばこ吸いながら、だらだらモデルハントをしている美容師アシスタントって、あんまりよくないなって思います。 お客様からしたら、アシスタントもスタイリストも一人のプロだし、関係ないと思うんです。アシスタントはスタイリストと同じレベルの意識と在り方をすべきだと思うんですよね。 美容師自身が大変どうのよりも、お客様のことですよね。  

—お客様のヘアスタイルを決める上で気をつけることは?

誰でも気をつけていることだとは思いますが、お客様が持ってきた髪型にプラスして、そのお客様の性格や顔を考えて、髪型を決めることです。 例えば、外国人のパーマを、そのまま顔のつくりの違う日本人の顔に当てはめてもしっくり来ないじゃないですか。だから、お客様の服装やタイプを考えた上で、似合わせて髪型を考えますね。   119508.LINE   僕は自分で、これ超能力じゃないかと思うんですけど、お客さんと10秒くらい話したら、そのお客様がどういうタイプで、どう考えているか分かるんですよね。お店以外のところでも”ああ、この人俺のこと嫌いだな”とか(笑)  

—最近、注目している髪型は?

センターパートです! gricoは結構前からセンターパート推してるんですよ!  

What is the turning point ?

—︎美容師の道に進もうと思ったきっかけは?

美容師の道を選んだ理由は、かなり漠然としていましたね。 クリエイティブな仕事をしたい意識はあったんですけど、美容学校2年生までかなりボヤボヤしてました。社長のエザキに会って、gricoのスタッフやお客様のおかげで引き締められたって感じですね。  

—今の美容師生活にあたってのターニングポイントとかありますか?

社長のエザキに会ったことです。   119443.LINE   僕はお客様と仕事に対しては、めちゃくちゃ熱い人間なんです。でも、gricoに入る前までは、わりと冷酷人間だったんです。 僕の実家では、僕の家族と、母方の祖父で住んでいたんですね。そこで、祖父と母の仲が物凄く仲が悪くて、家では両者とも一言も話さない。父親も勝手にすればって姿勢で干渉しない。 僕にとって、その冷酷な環境は普通だったし、だからその影響もあってか、この東京では自分のことを考えてれば大丈夫だな〜と思って生きてました。   119439.LINE   でも、名前を聞いてたまたま行ってみたgricoで、社長のエザキに髪を切ってもらって、一発で価値観が変わりましたね。 エザキの“自分のことよりも人のこと” っていう考えが自分にとっては衝撃的だったんです。 僕は今まで人を尊敬したことなかったんです。 けど、本当に尊敬できると思いました。社長のエザキは、お客様やスタッフを本当に大切にしていて、こういう環境が一番お客様を大切にできるんだろうなって思いました。 それから、gricoに入って、仕事やお客様に対して熱心に接するようになりました。  

What is “KAKKOII” for Eito?

—最後の質問です。宮永えいとさんにとっての「カッコイイ」とは?

僕は、自分よりも人のことを考えたり、人に対して一歩踏む込める人がかっこいいなと思います。

—自分が「カッコイイ」人であるために気をつけていることは?

社長の言葉を借りると、120%で人と関わることですね。 なんとなく人と接するのは楽だと思うんですよ。でも、自分から120%で接することで、相手も120%で接してくれるようになる。そういう関係が、お互い良い影響を与えていくようになるんだと思います。  

今後のご活躍にも期待しています!

いかがでしたか?   119464.LINE   Boy.の公式キュレーター宮永えいとさんとの、今後の企画もお楽しみに!