口の悪い男はNG!言葉遣いを直すにはどうすればいい?習慣づける方法

このっち

「ファッションを頑張っているのに何でモテないの」
「自分と楽しそうに話してくれない」
そういって悩みありませんか?

髪型やファッションを極めて、魅力をアップさせればモテるかと言えば、そうでないのが正直なところ。

言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結するため、見た目だけではリカバリー出来ません。

この記事を読んで、言葉遣いを直すためには何をすべきなのかを学んでいきましょう!

理想の言葉遣いを口に出して発声してみる

理想の言葉遣いを口に出して発声してみる

言葉遣いを矯正するのは意外と難しい事であり、数日で変わるようなものではありません。まずは、これを念頭に置いておきましょう。

理想の言葉遣いを、いざ人前で実践しようとしても到底できません。
そのため、いきなり人前で実践しようとせず、家などで口に出して練習してみましょう。
スポーツなどと一緒で、いきなり試合に出ても実力を発揮することはできません。
結果を出すためには、毎日コツコツと練習することが重要なのです。

また、この発声練習がとても効果的で、言葉遣いを頭に記憶しやすくなります。
小学生の頃、国語の授業なんかで教科書を声に出して読んだ人も多いのではないでしょうか。

声に出すことで、内容がすっと頭に入るだけでなく、脳の働きも活性化する効果もあります。
「面倒くさいから、黙読でいいや」
と思わずに、ぜひ声に出してみましょう

直したい言葉遣いを紙に書きだす

直したい言葉遣いを紙に書きだす

直したい言葉遣いを紙に書きだすことも効果的です。
書くことで、理解力を引き出し、よりよく記憶することができます。
また、自分が考えていることをしっかり把握することが出来るため、どんな言葉遣いを直すべきかが見えてきます。

紙に書くことをおすすめしましたが、そもそも「何を直したらいいか分からない」「何が正しいのか分からない」という方もいるかと思います。
せっかく紙に書きだしても、間違った言葉であれば意味がありませんよね。
そういった方は本やインターネットを使って、日本語を勉強してみるということも有効的です。勉強していくうちに、何が悪いのか、何を直したらいいのかを把握できてくるはずです。

それらをしっかりと把握したうえで、紙に書きだしていきましょう!

理想の言葉使いをしてる人の真似をする

理想の言葉使いをしてる人の真似をする

子供が親の言葉を真似するように、言葉遣いは周囲からの影響を受けます。

大学を卒業したばかりの社会人などもいい例です。
学生の頃は、仲がいい友人同士でだらけた言葉遣いを使用するのは当たり前です。
そのため、今まで受けた影響がなかなか抜けずに敬語を間違えてしまいがちになってしまいます。

言葉遣いは必ず影響を受けるんです。
言葉遣いが上手な方と一緒にいれば、自分も上手になるし、悪い人と一緒にいれば、自分も口が悪くなります。

どうせ影響を受けるなら、言葉遣いも良くなりたいですよね。
ですが、決して「友達を選べ」と言っているわけではありません。

もしあなたが、口が悪い友達ばかりと一緒にいるのなら、一度、言葉遣いが上手な人たちとも時間を共有して欲しいのです。
それが難しいのならば、YouTubeなどの動画などでも構いません。
そういった人たちと一定の時間過ごすことで、言葉遣いは伝染します。

また、言葉遣いが伝染すると言っても、受け身の状態では効率が悪くなってしまいます。そこで学んだ言葉遣いを意識して使ってみましょう。
最初は真似をするだけでも構いません。段々と、自分のものになっていくはずです。
意識しないよりも、意識して使う方が改善する事は確実です。

言葉遣いが上手な人たちと時間を共有して、ぜひとも、ありがたく言葉遣いを頂戴しましょう。

口の悪さが直れば男の価値はアップする!

「お前」や「あなた」で呼ばれるのと、名前で呼ばれるの、どちらがいいですか?
99%の方は、名前で呼ぶ方が嬉しいと思います。

「お前」や「あなた」は威圧的で、どうしても距離を感じてしまいますよね。
細かい事かもしれませんが、口が悪いことによって、嫌われたり、引かれてしまったりする可能性は十分にあります。
また、言葉遣いが遣いが悪いと、ボキャブラリーが欠如しているようにも思われて仕方ありません。

早々に口の悪さを直して、男として見てもらえるようになりましょう!

タグ一覧へ

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。