【インタビュー企画】「ワカモノの恋愛のリアル~今話題のあの人の恋愛観は?~」水琴えまさん

はじめに

モテたいけど、モテない。
そんな自分に嫌気がさすけど、モテるための一歩がどうしても踏み出せない。
そんな男子、結構多いんじゃないでしょうか?

草食系、絶食系と叫ばれて久しい現代日本の男子たちですが
一方で近年SNSや恋活アプリなど、ネット上での出会いを求める若者が急増していることも踏まえると
恋愛したい男女というのは現代でも意外にも存在しうるのではないかと思われます。

本企画「ワカモノの恋愛のリアル~今話題のあの人の恋愛観は?~」は、YouTubeやInstagram等で影響力のある方々の知られざる恋愛観を紐解くことを通じて、全国のモテない君たちがどうやったらモテるのか、ヒントを探ったり、モテない君たちの背中を押して頂くために、各インフルエンサーの方々にインタビューを行っていきます。

今回話を伺ったのは、メガスーパーカーモーターショー2019ミスコングランプリを受賞し、現在フォロワー2.2万人を誇る水琴えまさん。
自身のコスプレがLINE NEWSに載るなど今勢いのある彼女ですが、インタビューを進めると、恋人がいわゆる”オタク”でも大丈夫という意外な回答も。
今回のインタビューでは、”地味な俺に美人の彼女なんて”と尻込みしている全国のピュア男子たちに勇気を与えるお話を伺いました。

水琴 えまさんプロフィール

水琴 えまさんプロフィール

水琴 えま(みこと えま)
メガスーパーカーモーターショー2019ミスコングランプリ受賞。
エステティシャンとして働く傍ら、被写体活動を主に行っていたが、2019年からモデル業を本格的にスタート。
2019年12月にアイドルマスター(アイマス)シリーズの渋谷凛のコスプレがLINE NEWSに載り、一躍注目を集める。
ミスブライダルモデルグランプリ2020の全国大会に出場中。

水琴 えまさんSNS
Twitter:@mikoto_emma
Instagram:@emma_mikoto

“インキャ”でもOK!?

“インキャ”でもOK!?

私、あまり騒ぐタイプの男の人が苦手で。
むしろインキャというか、オタクっぽい人の方が好きなんです。

ー理由は?

私があまり自信がないっていうこともあると思います。
みなさん勘違いされがちなのですが、私みたいな被写体活動やってる子って自信があると思われるんですが実は逆で、全然自分に自信が無い子がすごく多いんです。
特に写真をレタッチ(写真を加工すること)している時とかは、自分の顔の好きじゃない部分を嫌でも直視しなければならなくて、そういう時に自信を失ってしまうことはよくあるんです。

ピュア男子の強み

ピュア男子の強み

ー私たちBoy.はモテない男子のためのメディアなのですが、そんなモテない男性のことってどう思われますか?

やっぱり自分自身オタク気質な方の方が好きな傾向があるので、私はモテない男性でも全然大丈夫です。
もちろん最低限の清潔感はあってほしいんですけど、そういういわゆるインキャな男性の方が落ち着くというか、温度感が一緒なので一緒にいて心地良いですね。

ーたしかに温度感が同じなのは重要ですね

ただネガティブな人はあんまり好みじゃないかもしれません。
例えば私が落ち込んでいる時に優しく、暖かく接してくれるような人がいいです。

「自信過剰でなくて良い、でもネガティブになっちゃうともったい無いよ」

「自信過剰でなくて良い、でもネガティブになっちゃうともったい無いよ」

よく”自信のある男はモテる”って言われていますが、私は自信過剰な人ってちょっと苦手で、むしろ一緒にいて落ち着くかどうかが鍵になるんですね。
でも一方でなんでも否定的に捉えちゃうようなネガティブな男性も私まで気持ちが暗くなっちゃうので、そんなに望ましくはないかもしれません。
それにネガティブな性格ってあんまり幸せじゃないし、そういう意味ではネガティブな性格もったいないと思います。
自信満々俺様モテるぜっていう、典型的な陽キャじゃくて、地味でも一緒にいて落ち着く、明るい気持ちになれる、そんな人がモテるんじゃないでしょうか。

YouTubeにも出演しています

今回インタビューさせて頂いた水琴えまさんですが、Boy.のYouTubeにも出演しております。





少しでも「面白いな」「参考になった」って思った方は、こちらをクリックしていただきチャンネル登録・高評価をお願いします。

BoyがYouTubeはじめました






『お知らせ』
今回インタビューお受けくださった水琴えまさんですが、現在ミスブライダルモデルグランプリ2020の全国大会に出場中です。
詳細はSNSをチェック↓

水琴 えまさんSNS
Twitter:@mikoto_emma
Instagram:@emma_mikoto

この記事を書いた人

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。