ラブサーチのママ活で稼げる?実際に使った人に稼ぐためのコツを聞きました!

boy-menber-02
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

ラブサーチというアプリを知っているでしょうか。

近年、パパ活やママ活が話題になっています。

ラブサーチはこれらが流行る前から運営され、18年以上の実績がある有料アプリです。

実はラブサーチは、ママ活に向いており、稼いでいる人が多数いるのです。

ラブサーチを使って、どのようにして稼いでいるのか、気になりますよね。

この記事では、なぜラブサーチで稼げるのかをアプリの特徴などから紹介。

プロフィール作成やチャットの仕方、実際にラブサーチのママ活で稼いでいる人が行っている工夫なども合わせて紹介します。

ママ活を検討している方は、是非参考にし、ラブサーチを使ってママ活を始めてみてください。

ラブサーチはママ活向き!なぜ向いているかアプリの特徴を踏まえて紹介!

ラブサーチ ママ活

ラブサーチはママ活に向いていると評判ですが、なぜ向いているのでしょうか。

アプリの特徴も踏まえて、複数の理由を紹介していきます。

ママ活に向いている理由は以下の通り。

  1. 1.多くの既婚者が登録している
  2. 2.若い男性登録者が少ない
  3. 3.ママ活希望かどうかがプロフィールでわかる

それぞれ解説していきましょう。

ラブサーチがママ活に向いている理由1:多くの既婚者が登録している

数多くあるマッチングアプリには、婚活用のアプリとして「独身」を条件に入れています。

しかし、例外的にラブサーチは既婚者も歓迎しているアプリ。

そのため、既婚者であり、夫の収入に余裕がある主婦や、夫と稼ぎが変わらないくらい稼ぎがある女性も登録しています。

つまり、ラブサーチには金銭的に余裕がある女性と出会えるアプリであるため、ママ活に向いているのです。

ラブサーチがママ活に向いている理由2:若い男性登録者が少ない

ラブサーチは、40~50代の中年男性の利用者が多く、若い利用者はあまり多くありません。

そのため、若い男性が連絡をするということ自体がアドバンテージになりやすい環境となっています。

多くの女性は、中年男性からのアプローチではなく、若い男性のアプローチを優先しているもの。

競合が少ないという点もママ活に向いている理由の1つです。

ラブサーチがママ活に向いている理由3:ママ活希望かどうかがプロフィールでわかる

大まかにではあるものの、女性がママ活を希望しているか否かはプロフィールで判断ができるという点も特徴。

ラブサーチを使っている方で、ママ活などを希望している方は、プロフィールにて「大人の関係希望」などという表記があります。

つまり、このような表記があるのか否かを確認することで、ママ活の対象となりうる女性なのかを判断できます。

ラブサーチでママ活をするときのコツは?プロフィール、メッセージの送り方を解説!

ラブサーチ ママ活 メッセージ

ラブサーチはママ活に向いているということをお伝えしてきました。

とはいえ、いざラブサーチでするとなると、上手くできるか不安だという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、プロフィールの設定やメッセージの送り方のコツなどを紹介していきます。

ラブサーチでママ活をするコツは以下の3つです。

  1. 1.相手の立場に立ってプロフィールを作成する
  2. 2.チャットは待たずに自ら送る
  3. 3.タメ口は使わず、敬語でやりとりをする

それぞれ見ていきましょう。

ラブサーチでママ活をするコツ1:相手の立場に立ってプロフィールを作成する

ママが何を求めているかを考えてプロフィールを作成しましょう。

ラブサーチに登録している女性は、30~40代の既婚者が多いです。

登録している理由は、日常では得られない癒しや楽しさを求めているから。

そして、この人を応援したい、支援したいと思うからママ活をして費用を出します。

つまり、若い女性に刺さりやすい、「身長が高い」「イケメン」などということは二の次。

もちろん顔や身長といった外見的要素が軽視されるという意味ではありません。

しかし、一番重要なことは、自身のスペックではなく、「将来どうなりたいのか」や「今努力していること」なのです。

何かに打ち込んでいることがある人だからこそ、応援や支援をしたくなります。

そのため、相手が求めていることやなぜママ活をしているのかを理解した上でプロフィールを作成しましょう。

ラブサーチでママ活をするコツ2:チャットは待たずに自ら送る

ラブサーチは、他のアプリとは異なり、マッチングしていない状態でチャットを送ることができます。

そのため、ママ活の相手と出会うまで、積極的にアプローチをしていきましょう。

その際、どのようなことを望んでいるのか、なぜその女性を選んでチャットを送ったのかをしっかり伝えましょう。

伝えることで相手に気に入ってもらいやすくなります。

また、チャットは時間をかけずになるべく早く返信すると、印象が良くなりやすいのでおすすめ。

自分のことや自分の気持ちを前面に出し過ぎると悪印象になり得るので、注意しましょう。

ラブサーチでママ活をするコツ2:タメ口は使わず、敬語でやり取りする

チャットでやり取りをする際、タメ口は使わないようにしましょう。

生意気という印象を与えてしまいます。

稀に、生意気くらいが可愛いという女性もいますが、ママ活では少数派。

基本的にママ活では、敬語をしっかりと使っていることが前提で、素直な若い男がモテます。

1人称も”俺”から”僕”へ変更し、敬語を使ってやり取りをするようにしましょう。

チャットの中で、わからないことがあったら素直にわからないと伝えることも重要。

ラブサーチでママ活をするときの流れを解説!プロフィール設定から初回のデートまでを解説!

ラブサーチ ママ活 デート

ラブサーチを利用してママ活をすることができると紹介してきました。

しかし、登録からどのように進めていけばいいのかわからないという方も多いでしょう。

ここからは、プロフィールの設定から初回のデートまでどのように進めるべきかを紹介していきます。

流れは以下の通りです。

step1.プロフィール設定

step2.検索機能を使う

step3.女性とやり取りをする

step4.初回のデートをする

ラブサーチでママ活をするときの流れ:step1.プロフィール設定

プロフィールでは、単なる出会い目的ではなく、ママ活目的で登録しているということを暗に示しておきましょう。

ラブサーチでは、「大人の関係希望」という記載をすることでママ活等の目的で登録していると示すことができます。

そのため、必ず自身のプロフィールにも記載するようにしましょう。

ラブサーチでママ活をするときの流れ:step2.検索機能を使う

ラブサーチには、検索機能というものがあります。

この機能を使うことで、自身の好みに合う女性と出会うことが可能。

また、ママ活以外の目的の方とやり取りをすることを防ぐことができます。

検索した際には、プロフィール欄に「大人の関係希望」という記載があるか否かを確認してからやり取りを始めることがおすすめです。

ラブサーチでママ活をするときの流れ:step3.女性とやり取りをする

ラブサーチでは、チャット機能を使って女性とやり取りをすることができます。

検索機能を使って自ら連絡を取るだけではなく、女性側からチャットが来る可能性も。

チャットを通じ、どのような方なのかなどを確認した上でデートの予定を組むようにしましょう。

会ってから揉めないように、しっかりとママ活目的であるということで合意を得ることがおすすめです。

ラブサーチでママ活をするときの流れ:step4.初回のデートをする

出会い、チャットをし、デートの予定を組んだら、デートを楽しみましょう。

ラブサーチでは、30~40代の女性が多く登録しています。

女性の年代で流行したことや、相手の好きそうなことに関する知識を入れていくと、女性を楽しませやすく。

デートで女性を楽しませることができれば、リピートにつながります。

相手を楽しませつつ、自分も楽しめるようにデートをしていきましょう。

お互いに楽しめるデートを送れたのであれば、「次は○○に行ってみたい」など、次の提案をしてみることも、リピートを獲得するコツの1つです。

実際にラブサーチでママ活をしている人に聞いてみました!メリット、デメリット、工夫を調査!

ラブサーチ ママ活 取材

ここまで、なぜラブサーチがママ活に向いているのか、そしてどのようにしてママ活を進めていくのかを紹介してきました。

とはいえ、メリットやデメリットは何かあるのか、どのような工夫をすべきか気になりますよね。

実際にママ活をしている方に質問してきたので、参考にしてみてください。

今回取材した方はこのような方です。

年齢

大学名

ママ活歴

ママ活人数

月の稼ぎ

22歳

私立大文系

2年

8人

30~40万円

顔はイケメンではないですが、清潔感のある髪型や服装をしていました。

22歳と若いですが、ママ活経験も豊富で稼ぎもいいそうです。

それでは、実際に質問してきた内容、そしてその解答を紹介していきます。

ラブサーチでママ活をするメリットは何?他のアプリよりもいいところは?

ラブサーチのメリットは、余裕のある女性が多く登録していること。

他のアプリでは、既婚者は登録できず独身の女性が多いため、最初はママ活からスタートしても、恋愛に発展させてくる方も。

また、金銭的に余裕があるわけではない方も多いため、リピートを獲得しにくかったりします。

しかし、ラブサーチは既婚者で金銭的にも余裕がある方が多く登録しています。

恋愛に発展させることやリピートが取りにくいということはありません。

割り切った関係でお互いに楽しみやすい相手と出会いやすいアプリです。

ラブサーチでママ活をしていて感じる悪いところは?デメリットを教えて!

先ほどもお伝えした通り、ラブサーチには既婚者が多く登録。

そのため、夫婦間の問題に巻き込まれないように気を付けるようにしています。

たとえば、相場とかけ離れたお小遣いを提案してくる方などは、避けるようにしています。

あまりに高い金額であると、女性個人のお金ではなく、家庭のお金を使っているかもしれないからです。

そのため、単に、お小遣いが高いということに釣られないようにする必要があるという点は、デメリットと言えるかもしれません。

ラブサーチでママ活をする上でしている工夫は?どうやってママをゲットしたの?

チャットの時点から、年上の女性に好かれるよう素直な性格を押し出すようにしています。

ママ活をする女性は、普段の生活では得られない癒しや楽しみを求めています。

そして、年下の男性をかわいがりたいという願望がある方も多数。

そのため、自分を前面に出すことはしません。

女性に対して感じた素敵さをしっかりと伝え、わからないことはわからないと素直に伝えるようにしています。

このようにすることで、可愛げのある年下の男という印象を持ってもらい、ママをゲットしてきました。

もちろん、チャットだけではなく、デートの時にもこの印象は壊さないようにすることが重要です。

ラブサーチでママ活をする上で、費用はかかる?どのくらいかかる?

そもそもラブサーチは月額制であるため、利用をするには費用がかかります。

月額制なので、どれだけ使っても、どれだけチャットでやり取りをしても料金は変わりません。

そのため、よくあるポイント制のアプリを使い、気が付いたら高額になっていたという方にはおすすめできます。

料金は1ヵ月で3980円と高めに思えるかもしれません。

しかし、基本的にママ活1回でプラスになりますし、出会う女性によっては、月額分を別で渡してくれることもあります。

なので、ママ活を目的にラブサーチを使い始めるのであれば、料金に関してはあまり気にしなくても大丈夫だと思います。

ラブサーチでのママ活は本当に稼げるの?いくらくらい稼げるの?

結論からお伝えすると、稼げます。

僕自身、毎月30~40万円程度稼げていて、他のアプリよりも稼げます。

ラブサーチは、他のアプリとは違い、金銭的に余裕のある女性が多いので、もらう額も一般的な相場よりも若干高い額。

1回数時間のデートで1万円以上。

1日丸々のデートであれば3万円程度もらえることが多々あるので、無理をしなくても月20万円程度は稼げます。

最初は、相手がいない状態からなので、安定しないかもしれませんが、リピートが増えることで収入は安定していきます。

ラブサーチでママ活を始めよう!

ラブサーチ ママ活 まとめ

今回は、ラブサーチでのママ活の方法を紹介してきました。

記事で紹介した通り、ラブサーチには若い男性の登録があまり多くないため、若いということ自体が価値になります。

また、既婚者も登録できるため、余裕のある女性が多く、しっかりと稼ぐことが可能なあぷりです。

マッチングしなくてもチャットを送れる点もうれしいポイント。

実際にラブサーチを使って稼いでいる人の話も紹介したので、この記事の情報を参考に、ラブサーチでママ活を始めてみてください!

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ