検品バイトはなぜきつい?検品バイトについて徹底解説!!

boy-menber-03

検品バイトはきついのかどうか知りたい!
検品バイトではどんなことをするのか知りたい!

おそらくあなたは、今このようなことを考えてこの記事を読み始めたのではないでしょうか。

今回は、そんな検品バイトの仕事内容からお給料、勤務場所、おすすめの求人サイトまで徹底的に解説していきます!

ぜひ最後まで読んで、参考にしてみてくださいね!

検品バイトとは?

まずは、検品バイトについて詳しくご紹介していきます!

どのような仕事のことを検品というのか、しっかりと理解していきましょう!

検品の仕事は、大きく分けると以下のようになります。

  1. 製造系の検品作業
  2. 物流系の検品作業

それでは、それぞれどのような特徴があるのか、詳しく解説していきます!

製造系の検品作業は、簡単に言うと「工場で製品の品質をチェックする検品作業」です。

商品が本当に出荷しても良いのかを確認する作業なので、非常に大切な仕事ですよね。

一方の物流系の検品作業は、「送られてきた伝票と商品が一致しているのかを確認する検品作業」です。

注文した人のところに間違った製品が発送されないためにも、こちらも大事な仕事になります。

検品作業は肉体労働のようなイメージがありますが、実は女性でも活躍できるような体を酷使しない作業なので、誰でも安心して作業できるでしょう。

検品バイトのメリット!デメリット!

それでは、検品バイトのメリットとデメリットを、それぞれ詳しくご紹介していきます!

 

検品バイトのメリット!

検品バイトの主なメリットは以下の通りです。

  1. 給料が高くしっかり稼げる
  2. 自分の都合に合わせて働ける

それでは、この2種類のメリットについて詳しくご紹介していきます!

 

メリット1.  給料が高くしっかり稼げる

検品バイトの平均時給は1000円から1050円と、他のバイトに比べても比較的高いです。

そのため、週に5日40時間働いたとすると、大体月に12万から16万ほど稼ぐことができるのです。

仕事内容が自分に合っていると感じるのであれば、かなり良い条件のアルバイトでしょう。

 

メリット2.  自分の都合に合わせて働ける

検品バイトを募集しているところは、ほとんど週1日から受け付けています。

そのためダブルワークはもちろん、子育て中のママさんでも問題なく働くことができます。

期間も1ヶ月ほどの短期から1年以上の長期まで幅広く対応しているので、自分のライフスタイルに合わせて働けるでしょう。

 

検品バイトのデメリット!

続いて、検品バイトのデメリットは以下の通りです。

  1. 同じ姿勢を続けるので疲れる
  2. ミスすることができないピリピリした雰囲気がある

それでは、デメリットについてもそれぞれ詳しく解説いたします!

 

デメリット1.  同じ姿勢を続けるので疲れる

検品作業は、ずっと立っていたり目を凝らしっぱなしにしたりするので、非常に疲れます。

集中して業務を行うので時間が経つのは早く感じて良いのですが、終わった後の疲労感はかなり大きいです。

特に足がパンパンになったり、腰が痛くなったりするので、業務を行う際は注意するようにしましょう。

 

デメリット2.  ミスすることができないピリピリした雰囲気がある

検品作業は、商品が正しい状態であることや、正しい場所に発送されるかをチェックする仕事になりますのでミスは許されません。

そのため、仕事場はかなりピリピリした空気になっているので、仕事に集中はしやすいですが緊張感が大きいです。

メンタルが強い人には逆に向いている雰囲気になりますが、合わない人にはとことん合わない環境であることが多いので事前に注意しましょうね。

検品バイトのお給料!

次に、検品バイトのお給料について詳しくご紹介していきます!

先ほどもご紹介したように、検品バイトの時給の相場は大体1000円から1050円程度です。

これは他のアルバイトと比較すると高めであり、しっかりと稼ぐことができるでしょう。

検品バイトを経験した人の中には、月に15万から20万を稼いだ方もいるようなので、かなりの高給バイトですよね!

検品バイトの勤務場所・勤務時間帯!

次は、検品バイトの勤務場所や勤務時間帯についてご紹介していきます!

検品バイトは、製造系と物流系に種類が分かれており、それぞれ勤務場所が異なります。

製造系はメーカーの工場で働くことがほとんどで、物流系は倉庫で働くことが多くなります。

勤務時間に関しては、製造系でも物流系でも24時間自分の好きな時に働くことができるので、相談するようにしましょう。

 

 

 

検品バイトの種類と仕事内容!

次は、検品バイトの種類と仕事内容についてを詳しくご紹介していきます!

 

製造系の検品業務

製造系の検品業務には、様々な仕事内容があります。

不良品を選別する「良品・不良品検品」、商品を動かして動作を見る「作動検品」、箱を開封して個数や数を確認する「開梱検品」、異物が入っていないかチェックする「混入検品」、重さを測って目に見えない欠陥を調べる「軽量検品」が主な仕事内容です。

どの作業も集中して隅々まで商品をチェックする必要があるので、集中力と継続力が強く求められます。

しかし、未経験でも始められる仕事ではあるので、誰にでもチャンスがあっておすすめですよ!

 

物流系の検品業務

物流系の検品業務は、主に2つの作業が中心となります。

入ってきた荷物の数量や製品が伝票と一致しているかを調べる「入荷検品」、ピッキングを行って出荷までに再度製品と伝票を確認する「出荷検品」です。

基本的に確認作業になりますが、注文した人の手元に届く前の最後のチェックになりますので責任はかなり大きいです。

失敗したらお客様からクレームが入ることもあるので、集中して業務に取り組むようにしましょう。

 

検品バイトを探せる求人サイト!

それでは最後に、検品バイトの求人を探すことができるおすすめの求人サイトを2つご紹介いたします!

 

タウンワーク

出典:タウンワーク公式ホームページ

タウンワークは、アルバイトを中心に多くの求人情報を掲載している日本の大手求人サイトです。

松本人志さんなどの有名人が多くCMキャラクターに採用されていたので、全国的な認知度も高くおすすめです。

そんなタウンワークでは、全国のほぼ全ての地域の検品バイトの求人があるので、きっと自分にあった仕事を見つけることができるでしょう!

タウンワークで求人を探す

 

求人ボックス.com

出典:サッポロビール

求人ボックスは日本でも最大手と呼ばれる求人サイトで、非常に信頼性が高くおすすめです。

たくさんの業種の仕事を扱っており、アルバイトから契約社員、正社員まで非常に多くの求人を紹介しています。

検品バイトの求人も首都圏はもちろん地方でも幅広取り扱っているので、きっと自分の地域でも求人を見つけることができるでしょう。

ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

求人ボックスで求人を探す

 

検品バイトまとめ!

以上、検品バイトの仕事内容から給料、おすすめの求人サイトまでご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

参考になったと感じてくれたなら、大変嬉しく思います!

この記事を最後まで読んだあなたは、きっと自分に合った検品業務に巡り合えるでしょう。

ぜひ色々な求人サイトをチェックして、どんな募集があるのか見てみてくださいね!

他の記事でも、色々なアルバイトについて紹介しているので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ