登録制バイトのメリット・デメリットについて徹底解説!

boy-menber-03
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

「大事なイベントが控えてるのにお金が足りない…」
「時間を自由に使いたいから好きなときに働きたい」
と、思っている人は多いのではないでしょうか。

本記事では、そんな方におすすめの登録制バイトについてご紹介します。

自分の好きなタイミングで働けて、お給料も日払い・週払いですぐに受け取ることができます。

メリットやデメリットについてもご紹介しますので、自分に合った働き方かどうか参考にしてみてください。

登録制バイトとは?登録制バイトの特徴・意味!

「登録制バイト」とは、1日のみ・短期間のお仕事が多いアルバイトです。

週に3日などの契約を結ぶ通常のアルバイトと比べて、好きなタイミングで働けるのが魅力です。

日払い・週払いが多いので、急にお金が必要になったときだけ働きたい人も利用しています。

「登録制バイト」と呼ばれる理由は、派遣会社に登録してからお仕事をするからです。

登録すると、その派遣会社が持っている求人の中から好きなお仕事に応募できますよ。

登録制バイトの始め方!

次に、登録バイトの始め方についてご紹介します。

下記のいずれかの条件に当てはまる人のみ、働くことができます。

登録に進む前に確認してみましょう!

 

⑴60歳以上であること

⑵昼間の学生(高校卒業以上、雇用保険の適用を受けない)であること

⑶主たる業務の収入額が500万円以上で、単発で副業を希望であること

⑷世帯合計年収が500万円以上であり、自身の年間収入の額がその半分未満である、主たる生計者でないこと

 

 

①登録する派遣会社を決める

まずは、登録する派遣会社を決めます。

派遣会社によって取り扱っている仕事が違います。

イベントスタッフや倉庫での軽作業、事務系などがあります。

自分がやりたいと思う仕事の求人がある派遣会社を選びましょう。

給与の受け取りでオフィスに行くこともあるので、自宅とオフィスの距離は近い方が良いですね。

気になる派遣会社が見つかったら、ホームページから応募するか電話で登録説明会の予約をしましょう。

 

②登録説明会に参加する

登録制バイトでは、一般的なアルバイトとは違い「登録説明会」に参加することで採用となります。

登録説明会では、お仕事をする時の流れや個人情報の記入などトータル1時間くらいの内容です。

採用の可否とは別に、自分がどんなお仕事をしたいか担当者と軽く面談することもあります。

 

③仕事に応募する

登録ができたら、派遣会社の求人から自分のしたい仕事に応募します。

求人は派遣会社からの電話やメール、派遣会社のシステムから探していきます。

応募して採用されると、お仕事内容の詳細が送られてきて、当日現地に向かいます。

人数制限などの関係で採用されない可能性もあるので注意です。

登録制バイトのメリット!

登録制バイトのメリットについて3つご紹介します。

主に、「自分の働きたいときに働ける」、「すぐにお金を受け取れる」などのメリットがあります。

ひとつずつご説明しますね。

 

自分の働きたいときに働ける

登録制バイトは一般的なアルバイトのようにシフトが組まれておらず、自分の好きなタイミングで働けます。

「夏休みにガッツリ稼ぎたい!」、「学業に専念したいから時間に縛りのないアルバイトが良い」と、思っている人におすすめです。

通常のアルバイトがない日に、お小遣いの足しに働いている人もいますよ。

 

すぐにお金を受け取れる

お給料は、日払い・週払いが多いです。

派遣会社によっては、前払いのシステムを利用できる会社もあります。

急なイベントなどですぐにお金が必要な人には便利なサービスですね。

一部、そのサービスを行っていない派遣会社もあるので注意です。

急を要する場合は、念のため派遣会社に確認してみましょう。

 

簡単な軽作業が多い

業務内容は未経験でもできるものがほとんどです。

コンサートなどのイベントスタッフ、倉庫での軽作業のお仕事などがあります。

派遣先に行くとスタッフの人がお仕事の説明をしてくれるので、それに従って業務をこなしていきます。

例えばコンサートのイベントスタッフは、グッズ販売やお客さんの誘導をします。

登録制バイトのデメリット!

今度は、登録制バイトのデメリットについて3つご紹介します。

自分で好きなときに働けてすぐにお金を受け取れる登録制バイトですが、デメリットもあります。

デメリットに引っかかってしまうと、実際勤務してみて働きづらいなと感じてしまうので注意しましょう。

 

勤務日は決められた時間に連絡をいれなければいけない

お給料を払う派遣会社が、出勤時間や退勤時間、お昼休憩を把握するために勤務時は連絡をこまめに入れなければなりません。

これが意外に手間に感じる人が多いようです。

派遣会社の人が現場にいて、確認を取る場合もあります。

 

スケジュールが合わないと働けない

登録制バイトでの収入をメインに働きたい人には、自分のスケジュールに合ったお仕事がないと収入が減ってしまいます。

なるべく、案件の多い派遣会社に絞って応募するのがおすすめです。

また、複数の派遣会社に登録してうまく組み合わせてみるのもいいでしょう。

 

キャリアアップが見込めない

誰でも簡単にできる作業が多い登録制バイトでは、専門的なスキルが身につかないので、キャリアアップは見込めないでしょう。

ですが、何度か同じ派遣先に行くと、そのお仕事の採用率は上がる可能性があります。

ひとつのお仕事を極めていけば、その分野に関してのスキルアップは期待できます。

登録制バイトを探せる求人サイト!

派遣会社によって取り扱っているお仕事の特徴が違います。

自分が無理せず働けるお仕事が多い派遣会社を見つけてみましょう。

ここでは、それぞれ違う求人が集まる2社をご紹介します。

 

フルキャスト

フルキャストは、倉庫や工場での軽作業を多く取り扱っている派遣会社です。

登録している人は、学生やフリーターが多いです。

また、オフィスへ足を運ばなくてもWebで登録が完了するところも人気です。

最短で登録した当日の夕方から勤務した人もいます!

「給料前払いサービス」を利用すると、最短で勤務日翌日にお給料を受け取ることができますよ。

フルキャストのホームページはこちら

 

アシストジャパン

アシストジャパンは、イベントスタッフの求人に特化した派遣会社です。

イベントはファッションショーやゲームイベント、コンサートなど大規模なイベントが多いです。

また、案件の種類が豊富なので、「この日に働きたいけど求人がない…」という事態を避けられます。

全国各地にオフィスを構えているので、自分の自宅から近い登録会場が見つかるはずです。

スタッフさんの対応も丁寧だと評判ですよ。

アシストジャパンのホームページはこちら

登録制バイトまとめ!

登録制バイトについて、登録方法からメリット・デメリットについてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

メリット・デメリットを比較してみて、自分に合った働き方だと思う人は、ぜひ登録会に参加してみてください。

登録制バイトは、派遣会社に登録するところから始まります。

ご紹介した2社以外にも、いろいろなお仕事を取り扱う派遣会社がたくさんあります。

自分が働きたいと思う求人の多い派遣会社を探して、応募してみましょう!

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ