化粧水・乳液を付けないなんてありえない!モテる男への近道は綺麗な肌だった!

著者画像
りゅうじん

Boy.ライターチームがお送りする、美容×モテテクニック企画。

この企画では、誰でも手軽に外見をカッコよく見せる方法を、段階的に男性読者の皆さんにお伝えする企画です。

自分の顔にコンプレックスを持っている人や、顔がカッコよくないからモテないと思っている人は、是非参考にしていただければと思います。

そして今回は、モテるための基礎である、スキンケアについてご紹介していきたいと思います!

肌がきれいな男性がモテるってホント?

肌が綺麗な男子はモテます!女性が男性に求める外観で重要になってくるのが、清潔感なのです。

人と直接会うとなると一番見られるのは顔ですよね。その顔が荒れた肌だと不潔に見えてしまい、日常生活においても荒れた生活をおくっているというイメージを持たれてしまいます。服装などの外見は一日もあれば清潔に変えることができますが、肌は普段の生活習慣が体に出ているため、重要視されることが多いのでしょう。

逆にきれいな肌をしていると清潔感があって、女性はそれに魅力を感じて、もっと近づいてみたいとか、もっと触れてみたいと思わせることができます。

どうしたらきれいな肌になるの?

髭剃りや日焼け、乾燥などで対策をしないと男性の肌はとても荒れやすいです。でもスキンケアなんて女々しいとか、ニキビなんか自然に治るなんて思っていないですか?そんな考えはもう古い!今の男性のほとんどは毎日のスキンケアを行っているのです。

確かにバランスの良い食生活や、睡眠時間が確保されていたりするとニキビはできにくく、治りやすいのですがスキンケアを行うことによってさらに肌をきれいにすることがでて、肌の張りを向上させることができます!。

肌をきれいにするために、洗顔はみんなやっていると思いますが、それだけで満足していてはいけません。そのあとの化粧水や乳液が大切になってくるのです!

そもそも化粧水と乳液って何?

化粧水は、化粧品メーカーやブランドによって違いは少々ありますが、肌に水分を与えてくれる化粧品です。成分は水が約80%、アルコール約10%、保湿成分や美容成分が数パーセントずつ配合されています。洗顔をすることによって汚れや皮脂を取り除いた肌はデリケートになっているので、化粧水で保湿して肌の乾燥を防ぐことができます。

乳液は、保湿の仕上げをおこなうためのアイテムです。乳液の多くは不透明で、粘り気のある質感を持っています。成分はオリーブ油などの油と、水を基材として、そのほかに乳化剤などが含まれています。

化粧水と乳液の重要性

化粧水と乳液を使うことによって肌を乾燥から守ってくれて、保湿することができます。

この保湿によっておこる肌の変化と、重要性を解説していこうと思います!

ターンオーバーを正常にする

人の肌は表面から数えて角質層→顆粒層→有棘層→基底層と言われる4つの層で構成されています。一番奥の層の基底層では細胞分裂がおこなわれ、新しい細胞が作られて、古くなった細胞は表面に徐々に押し上げられていきます。そして、2週間ほどで角質が自然に剥がれ落ちて、新しい角質に生まれ変わります。これがいわゆる、肌のターンオーバーと言われるものです。

ターンオーバーを正常にすることで、女性にいい印象を与えるような美肌にすることができます!

通常はターンオーバーの周期が約28日なのですが、肌が乾燥することによって、角質が固くなってしまい周期が乱れやすくなります。そうすると、肌細胞が十分に育たないまま肌表面に出てきてしまいます。その結果、ニキビや、肌のごわつき、毛穴、乾燥といったトラブルに繋がるのです。

肌を若々しく保つ

紫外線をたくさん浴びると、肌はメラニンを蓄えてしまい、くすみやシミの原因になってしまいます。くすみやシミができてしまうと、肌の見た目が自分の年齢より老けて見えてしまいます。なので、メラニンを蓄えないために角質層は、乾燥や紫外線などといった外部刺激から肌を守ってくれる、バリアのような役割を持っています。

しかし、肌の乾燥や加齢、ターンオーバーの乱れなどが原因となって、角質層にある保湿因子が減少すると、肌のバリアのような機能も低下するようになってきます。

なので、このバリア機能を低下させないようにしっかりスキンケアを行いましょう。

つけるタイミングや使用方法

肌をしっかり保湿するためにも、化粧水と乳液は使うタイミングや使用方法がとても大事になってきます。

化粧水を使用するのは主に朝と夜の2回です。乳液は、化粧水の後に使用します。朝使用する場合は、洗顔の後に使用します。洗顔することで、毛穴が開き、毛穴汚れなどが落ちるのでしっかり洗顔しましょう。その後、清潔なタオルで軽く水分をふき取って、すぐに肌の潤いが亡くなる前に化粧水で水分を補給しましょう。

使用方法としては、手やコットンに500円玉くらいの量をとり、肌になじませます。乳液も同じように使用します。最後に顔全体をハンドプレスして、しっとりと吸い付く感触になったらOKです。まだ乾燥しているようだったら乳液を重ねづけしてみましょう。

夜はお風呂上りに使用するのがベストタイミングです。入浴後は、肌が適度に暖まっているため化粧水や乳液が肌に馴染みやすくなっています。夜の時間がある時は、化粧水をコットンに湿らせ、肌に乗せてパックのように使うのもおすすめです!

注意点

化粧水・乳液は、肌の保湿をするのにとても効果的ですが、誤った方法で使用してしまうと逆に肌に負担をかけてしまいます。そこで使用上の注意点をご紹介していきます!

肌に刺激を与えすぎない

ハンドプレスやコットンを使ってスキンケアを行うときは、肌への刺激や負担を抑えることがとても大事になってきます。肌を強くこすったりしてしまうと、肌表面の角質がダメージを受けてしまいます。このダメージが蓄積することで、シミや毛穴の広がりなどの原因を作ってしまうことがあります。

なのでスキンケアを行う時は、なるべく肌に負担がかからないように優しくすることを心がけましょう。

パックなどは長時間使用しない

上記で紹介したコットンパックですが、長時間してしまうと、シートが乾燥して肌の水分まで持っていてしまい、逆に肌の乾燥を招いてしまいます。

10分~15分を目安に使用しましょう。何事もやりすぎはNGなのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、化粧水・乳液の重要性から使用方法などをご紹介しました。

肌をきれいにして整えるには、保湿が大事になりますが、化粧水・乳液の使用を毎日継続し続けるということが一番大事なことです!なので「女性にモテるようになるにはまず美肌から」を意識してスキンケアの習慣化を目指しましょう!

このほかにもBoy.では、誰でも手軽に外見をカッコよく見せる方法をご紹介していますので、気になった方はぜひご覧ください!

この記事を書いた人

福岡の大学生。文章を書くことが好きです。よろしくお願いします。

記事一覧

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ