マスクしなければいけない世の中だから眉毛を整えよう!印象ががらりと変わってイケメン化!?

著者画像
りゅうじん

新型コロナウイルスの影響で、マスクを着けての外出が絶対になった世の中。顔の見える面積が減って眉毛はとても見られるようになった。

はじめに

眉毛を整える男性

Boy.ライターチームがお送りする、美容×モテテクニック企画。

眉毛が左右で繋がっていたり、整えないでゲジ眉になっていませんか?眉毛は顔の印象をきめる大事な要素になっています。

しかし眉毛を整えることにおいて、知識がないと失敗してしまいます。

なので今回はあなたに合った眉毛や正しい眉毛の整え方、もし失敗してしまったときの対処法などをご紹介していきたいと思います!

今、重要視される眉毛

マスクが必要不可欠になったコロナ渦で、眉毛に重きを置くおしゃれ男子が増えているのはご存じでしたか?

眉サロンというプロの美容師の方が眉毛を整えてくれて、美眉にしてくれるサロンまで増えてきました。

かと言っていきなり眉サロンに行くには敷居が高すぎますよね(笑)

まだ眉毛を整えたことがないという方や、自分に合った眉がわからないから適当にやっているという方は、この記事で自分でカッコいいモテる眉の作り方を学びましょう!

顔に合わせた眉毛が存在している!

カッコいい眉毛の形は、顔の形によって決まってきます。代表的な顔の形は、

①逆三角形

②ベース型

③ダイヤモンド型

④丸顔

⑤卵型

⑥面長

の6種類に分かれています。この中から自分の顔の形を見つけ出して、それに合った眉毛に整えましょう。

それでは顔の形別で、おすすめな眉毛の形をご紹介していきます。

逆三角形

耳の下から顎のラインがシャープな、すっきりとした印象のある逆三角形の輪郭の人は、「ゆるくカーブした眉毛」がおすすめです。

緩いカーブを描くことで、シャープな印象を取り除いて中和させてくれます。

ベース型

エアが張っているベース型の輪郭の人は、「少し長めのへの字型眉毛」がおすすめです。

への字型眉毛というのは、眉頭の位置を低くすることによって眉山の角度をつけ、眉尻を下向きにすることです。

眉毛を長めに残しておくことで、目立ちやすいエラの印象を抑えることができます。

ダイヤモンド型

頬骨が張った輪郭のダイヤモンド型は、「横に細長いアーチ型の眉毛」がおすすめです。

上記で説明した逆三角形型の眉毛と似ているのですが、こちらは横に長くすることで頬骨の張りをぼかすことができます。

丸顔

全体的にふっくらとした丸顔の人は、「シャープな眉山のアーチ型眉毛」がおすすめです。

シャープできりっとした眉山を作ることで、丸みのないすっきりとした印象になります。

たまご型

角がなく、丸顔と比べると縦に長いたまご型の輪郭の人は、「まっすぐ斜めに伸びた眉毛」がおすすめです。

ここでのポイントは角度をつけすぎないことです。目の形に添いながら斜めにすることでカッコいい眉毛にできます。

面長

顔が縦に長い面長の人は、「平行眉」がおすすめです。

平行に眉を作ることで面長の印象をぼかすことができます。

眉の黄金比を理解しよう!

まず眉毛をいじる前に、「黄金比」というものを理解しましょう。

黄金比というのは、眉毛・目・鼻の3つの比率をさして、綺麗な顔立ちを作るために大切な基本バランスです。

そしてこれが眉の黄金比です!

部位 位置
眉頭

目頭の真上

眉尻

小鼻と目尻を結んだ延長線上

眉山

眉毛のおおよそ2/3の位置

いざ実践!眉毛の整え方

眉の黄金比を理解したところで、眉毛の手入れに最低限必要なアイテムはこちらです!

①眉毛はさみ

②毛抜き

③眉毛カミソリ

④眉用コーム

この3つは100均やドラックストアにも売っているので簡単に手に入れることができます。

これを手に入れたら眉毛を整えていきましょう!

理想の眉毛の形をイメージし、長さを整える

上記で説明した眉の黄金比や、自分に合った眉の形をイメージしたら、眉用コームを眉に当てて毛を立たせます。そしてはみ出た部分をカットして、長さを調整します。

無駄な部分を処理する

理想の眉毛の形に添って眉用カミソリで眉毛を剃っていきましょう。ここでの注意点は一気に剃ると失敗する可能性があるので、少しずつ剃っていきましょう。

上手に剃れなかった部分は毛抜きを使って、バランスを整えましょう。

アイブロウがあれば失敗しても大丈夫!

アイブロウの絵

誰でも眉毛を整えるのに失敗したことはあるはず。

しかし眉毛をアイブロウで書くことでその失敗を隠すことができます。さらに、もともと眉毛が薄い人にもおすすめです。

一口にアイブロウと言っても種類が多くあり、使いやすさ、目立たなさ、発色など用途によって使い分けることができます。

アイブロウ「ペンシルタイプ」

きりっとした印象を持たせることができるペンシルタイプ。

発色がいいので、眉毛が薄い人もしっかりと眉の印象をよくすることができます。修正もしやすいので、初心者はまずこのペンシルタイプを選ぶのが無難だと思います。

描きやすさ ★★★★★
色持ちの良さ ★★★★☆
ナチュラル度 ★★★☆☆

アイブロウ「パウダータイプ」

パウダータイプの魅力はふんわりとした仕上がりになり、自然に見せることができることです。

パウダータイプのアイブロウは基本的3種類以上の色がパレットの入っているので、複数を混ぜて自分に合った眉の色にすることができます。髪色に合わせて眉の色を変えるのもいいかもしれんせんね。

描きやすさ ★★★☆☆
色持ちの良さ ★★★☆☆
ナチュラル度 ★★★★★

アイブロウ「マスカラタイプ」

マスカラタイプのよさは、自然なツヤとボリューム感を与えてくれます。

毛並みを整えながら、1本1本眉毛をコーティングしてくれるので、少しの汗や皮脂では落ちません。汗をかきやすい体質の人や、夏にオススメです。

描きやすさ ★★★☆☆
色持ちの良さ ★★★★★
ナチュラル度 ★★★★☆

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は眉毛の整え方をご紹介しました。

眉は顔の印象を決める大事な要素になっているので、形を変えることでいろんな表情を演出することができます。

はじめはうまくいかないと思いますが、何回も繰り返すことで上手になっていくので、イケメン眉を目指しましょう!

このほかにもBoy.では、誰でも手軽に外見をカッコよく見せる方法をご紹介していますので、気になった方はぜひご覧ください!

 

この記事を書いた人

福岡のくそ陰キャFラン大学生。女にも天空×字拳をくらわすことのできる真の男女平等主義者。趣味はカメムシを集めること。

記事一覧

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ