【銀魂】やる時はやる男!坂田 銀時から学ぶモテる男

だらしないダメ男なのにいざという時にモテる男!「銀魂」坂田 銀時から「やる時はやる男」のモテテクニックを学びましょう!

実写化映画も大人気のジャンプ作品「銀魂」

出典元:週刊少年ジャンプ公式

「銀魂」は2004年から週刊少年ジャンプで連載開始されていました。アニメも2006年から2018年まで期を跨ぎながら長年放送される人気ぶり。また、人気俳優の小栗 旬さんが主演で2017年に実写化したことも大きな話題となりました。

そんな「銀魂」は笑いあり涙ありのコメディー&バトル漫画です。舞台は宇宙人に介入された江戸。主人公の坂田 銀時(さかた ぎんとき)、通称「銀さん」はなんでも屋「万事屋」を生業としています。

ストーリーは銀さんがツッコミ担当の眼鏡男子 志村 新八(しむら しんぱち)、ゲロインの代表格 神楽(かぐら)とともに依頼者からの依頼を受け、そして様々なトラブルに巻き込まれていく展開となっています。

「銀魂」の見どころは大まかに二つ。一つは他作品の追随を許さないパロディや下ネタ全開のギャグ。もう一つはさっきまでのギャグがまるで嘘のようなシリアスな内容や感動するストーリー。とにかく腹筋と涙腺が崩壊し続ける作品なのでオススメです。

坂田 銀時は甘党でパチンコ好きでダメ男?

出典元:銀魂 テレビ東京アニメ公式

銀さんのイメージは日常と戦闘シーンで正反対です。モテる男の御用達スキル「ギャップ」も兼ね備えています。そんな銀さんのプロフィールはこのような感じです。

容姿

銀髪に天然パーマ。「死んだ魚のような目」をしています。身長は177cmとまぁまぁ高身長。服装は黒い服に白い和服を羽織り、ブーツを履くなど奇抜なスタイル。普段は覇気のない顔で鼻をほじっています。

性格

やる気がなく、だらしない性格。ケチなくせにギャンブル好き。一見すると救いようのないダメ男のようですが、周りからはなんだかんだで信頼されています。というのも、彼にはいざという時に見せる漢気があるからです。彼の心の奥底には侍としての魂が根付いており、義理堅さがあります。

助けてほしい時に必ず現れる」、それが坂田 銀時です。一部のファンはダメさ加減に母性本能をくすぐられ、ここぞという時のカッコよさに虜にされるようです。

坂田 銀時の声優は杉田 智和さん

銀さんの声優は杉田 智和さんであり、TVアニメでは「ジョジョの奇妙な冒険」のジョセフ・ジョースター(第2部)、「鬼滅の刃」の悲鳴嶼 行冥、「ヲタクに恋は難しい」の樺倉 太郎などを担当されています。

また、杉田 智和さんは特撮にも関わっており、「仮面ライダーキバ」ではキバットバットⅢ世の声とナレーションを担当される等、幅広く活躍されています。

坂田 銀時に惚れるシーン

銀魂に登場する数々の人気キャラを押しのけて、見事一位を勝ち取った男、それが坂田 銀時です。

銀さんは「助けてほしい時に必ず現れ、救ってくれる」・「ぶっきらぼうな優しさ」が本当にカッコいいです。そんな銀さんに惚れるシーンを紹介したいと思います。

88話 合コンは始まるまでが一番楽しい

「…こうでもしねーと、さわれそーになかったんでな。無茶して損したぜ。なんてこたァねェ、ただの女のキレイな手だ」

この台詞は今まで男として育てられてきた女性剣士、柳生 九兵衛(やぎゅう きゅうべえ)に向けてのものです。東城からの依頼で九兵衛に女子として生きてもらうために合コンを開いた万事屋。しかし、銀魂らしく滅茶苦茶な展開に。

最終的には合コン会場だった空飛ぶ屋形船が暴走。九兵衛が外に落ちそうになりますが、銀さんは彼女を助けるべく九兵衛に手を差し出します。実は、九兵衛には男性に触れると反射的に投げ飛ばしてしまう体質が。手を握った瞬間、銀さんは投げられますが、自分が落ちる代わりに九兵衛を助けます。こうなることを知りつつも手を握った銀さんを救おうと九兵衛は銀さんの手を握り直します。はじめて男性の手を握れた瞬間、銀さんが言ったのがこの台詞。

女性として魅力的であることを九兵衛に伝えるイケメンっぷり、是非見習いたいものです。

196話 風ニモ負ケズ

「春雨だろうが秋雨だろうが血の雨だろうが濡れて参ってやるよ、だが、女の涙に濡れんのはもうごめんだ」

台詞に出てくる「女」とはお天気キャスターの結野(けつの)アナ。ちなみに、銀さんは彼女の大ファンです。最強の陰陽師であり彼女の兄でもある結野 清明(けつの せいめい)は妹のために無謀な決闘に単独で挑みに行きます。陰陽師の力を持たない銀さんも一緒に戦おうとしますが、制止されます。その時に銀さんが言ったのがこの台詞。死ぬかもしれない戦いに赴く理由がカッコよすぎます。

第179話 チャランポランな奴程怒ると恐い

「そのうす汚ねェ手でその女に触んじゃねェ」

このシーンは銀さんが激昂した時の台詞です。

吉原の治安を守る自警団「百華」の頭領である月詠(つくよ)。銀さんと親交のあるヒロインの一人です。彼女は先代の頭領であり、かつての師匠である地雷亜に捕縛されてしまいます。彼女を「作品」としか見ていない地雷亜は彼女の大切なものを奪おうとします。彼の行動は銀さんの師匠である吉田 松陽(よしだ しょうよう)とは正反対の在り方でした。師匠にあるまじき在り方、そして大切な人を傷つけられた怒りがこの台詞にはこもっています。

普段はぶっきらぼうな銀さんですが、月詠のことを大切に想っていることが伺えるシーン。ここぞという時のカッコよさは数あるアニメキャラの中でもトップクラスでしょう。

銀さんの魅力は他にもたくさん!

 

坂田 銀時から学ぶ「やる時はやる男」の3要素

出典元:銀魂-DVD情報- | アニプレックス – Aniplex

銀さんはハッキリ言ってダメな大人です。だらしなくてケチでパチンコ好き。結構救いようのないダメ男っぷりです。しかし、銀さんは複数の女性から好意を抱かれています。ただのダメ男ではないところに銀さんがモテる理由はあります。今回はダメ男でもモテる極意を3つ紹介します。

何度でも立ち上がる根性

銀さんはどんなことがあっても諦めません。敗北しても再び立ち向かったり、地球が滅亡しそうになっても最後まで戦ったり、根性が据わっています。

困難や嫌なことがあると、すぐに諦めてしまう男性はダサいです。何をやっても続かない人、周りにもいませんか?彼等が周りの目にどう映るかは皆さんもよくご存知でしょう。このご時世に「男だったら〜」という言葉は時代遅れ(セクハラ)かもしれませんが、しかし実際、女子は男性に頼りがい(根性)を求めています。失敗してもくじけずに何度も立ち上がる根性を見せることで頼りになる男をアピールできます。

もしも諦め癖がついている方がいたら、銀さんのように覚悟を決めて困難に再チャレンジしてみましょう。

自己保身に走らない漢気

銀さんは相手が国のトップであっても、信念を貫き通します。ギャグ回では自己保身に走ったり、お金の誘惑に負けますが、シリアス回のイケメン銀さんは決して自己保身に走りません。

相手が誰だろうと、仲間のために戦える人は信頼され、そしてモテます。逆に、自分の状況に応じて言っていることがコロコロ変わるような人は「結局、自分が一番大事なんでしょ?」と思われてしまいます。惚れた相手に振り向いてほしければ、信念を曲げない漢気を磨きましょう。

ちなみに、アニメ銀魂の初代ED曲、キャプテンストライダム「風船ガム」の歌詞に出てくる「百億円積まれても プライドは売れない」は銀さんの生き方を表現しているように感じられます。自己保身に走りそうになったら、このフレーズを思い出してみてはいかがでしょうか。

飾らない人間臭さ

銀さんはカッコつけることはしません。いつだって等身大で生きています。背伸びして高級レストランに行ったり、キザな告白をしたところで自分の身の丈に合っていなければ、いずれボロが出ます。モテる男は変に自分を飾らず、ありのままで女子と接します。小手先のカッコよさが無意味だということを知っているからです。

モテようと意識しすぎると空回りして自分らしさがなくなってしまうので気をつけましょう。自分らしさは残しつつ、少しずつステップアップしていくことが「脱・モテない男」への一番の近道です。

まとめ

出典元:銀魂 テレビ東京アニメ公式

いかがでしたか。ダメ人間でも生き方にカッコよさがあればモテるということを銀さんは証明しています。もちろん、ダメ人間でないに越したことはありません。リアルではしっかりした男性の方がモテる傾向にあります。しかし、「自分はダメ男だから恋愛はできない」と諦めるのはもったいないです。

銀さん流モテる男の極意である

・何度でも立ち上がる根性

・自己保身に走らない漢気

・飾らない人間臭さ

があれば、あなたに好意を寄せる女子はいつか必ず現れます。そんな女性を守ってあげられる男を目指しましょう!

 

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ